« コソヴォの音楽 | トップページ | ズルナとダウルのコソヴォの2曲とハサピコ »

2021年6月 2日 (水)

コソヴォのスーフィー歌謡? Lulzoj Fusha Lulzoj Mali

月曜にシェマリ・ブリシャ&スカロス楽団の演奏でかけたLulzoj Fusha Lulzoj Mali (Les champs et les montagnes s'épanouissent)と言う曲ですが、スーフィー儀礼的な演奏風景の映像がありました。民謡でここまで熱く語るだろうかと言う歌い方です。隣のボスニアには似た感じのスーフィー音楽があります。タンブール系の弦楽器は、コソヴォではサズと言うのかタンブールと言うのか不明です。小さい方は、ギリシアのバグラマスにそっくりです。この曲はコソヴォの歌で「野原と山々に花が咲く」(移住の歌)と、アリオン盤に解説がありました。

Mleqani - Lulzoj fusha lulzoj mali

Ali Krasniqi,Is Llapqeva, Halil Bytyqi - Lulzoj fusha lulzoj Mali

南アルバニアのフリーリズムの3声の叙事詩的なポリフォニー、Mora Rrugen Per Janine (J'ai pris la route pour Janine)「私はジャニネへ向かう」も、色々映像がありました。IRINI QIRJAKOは、アルバニアのエスマのような歌手と拝察しました。見事な歌声です。

IRINI QIRJAKO - "Mora rrugen per Janine" - 100 VJET MUZIKE

|

« コソヴォの音楽 | トップページ | ズルナとダウルのコソヴォの2曲とハサピコ »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コソヴォの音楽 | トップページ | ズルナとダウルのコソヴォの2曲とハサピコ »