« 「サラエボのバラード」の2,4,5曲目 | トップページ | Klapa CambiのLipa Moja »

2021年7月30日 (金)

Vjerujem 信じているの

「サラエボのバラード」のラストを飾っている「信じているの」Vjerujemは、1987年のこの映像の盤では最初に入っていて、私は初めて聞いたヤドランカさんの歌でした。曲調はセヴダと言うより、70年代のフォークを思わせる美しい歌です。平和を願う歌で、ユーゴ内戦の頃からヤドランカさんがとても大切にしていた歌だそうですが、曲が書かれたのは内戦前の84年か85年だそうです。
訳詞にある「私は信じる 愛は決して死に絶えない 私たちの戦争も 誰かが 永遠の結婚に作り替えてくれるだろう」「私は信じる 涙は必ず通り過ぎる 永遠への長いみちのり そこで涙は黄金に変わるだろう」と言う歌詞が、何と予言的に響いたことでしょうか。日本語歌唱の「限りある命、いつか別れる」の辺りも忘れられない一節です。
やっぱり彼女の歌でシュトテネーマと双璧かな、と思ったところで、ヤドランカさんの歌巡りを終えます。来週はクロアチア沿岸部のダルマチアの音楽ですが、ここはまたヤドランカさんが祖母の元で幼少時代を過ごした場所でした。2本目は、今年行われたヤドランカ メモリアル in 東京の映像です。日本で繋がりのあった音楽家等が次々登場します。

Jadranka Stojakovic - Vjerujem 信じているの

2021 JADRANKA MEMORIAL IN TOKYO-ヤドランカ メモリアル in 東京-

|

« 「サラエボのバラード」の2,4,5曲目 | トップページ | Klapa CambiのLipa Moja »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「サラエボのバラード」の2,4,5曲目 | トップページ | Klapa CambiのLipa Moja »