« モスタル・セヴダ・リユニオンのシュトテネーマ | トップページ | エミーナとモスタルの橋 »

2021年7月19日 (月)

シュトテネーマ あなたはどこに

ゼアミdeワールド268回目の放送、日曜夜10時にありました。21日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。今日はシュトテネーマのみです。動画は没後5周年記念盤(原盤は2007年のドイツ盤)と同じ音源です。喜多直毅さんのヴァイオリン伴奏も最高。

ボスニア・ヘルツェゴビナの音楽の5回目です。ボスニアのラストは、前回の終わりにかけたヤドランカさんの歌を中心に聞いて行きたいと思います。(プロフィールについては前回の繰り返しになりますが)2011年まで日本を拠点にしていたサラエヴォ出身のヤドランカ・ストヤコヴィッチ(Jadranka Stojaković 1950-2016)は、1984年のサラエボ・オリンピックのメインテーマ曲を作詞、作曲、自らそのテーマ曲を歌い、一躍ユーゴスラビアの国民的歌手になった女性歌手で、祖国ボスニアの内戦が酷くなり、1988年以降は2011年まで日本を活動の拠点にしていました。2011年4月には、NHK『みんなのうた』において母国ボスニアの民族楽器名をタイトルに冠した「誰かがサズを弾いていた」がオンエアされました。2011年3月にクロアチアでの仕事のため帰国していた際、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断され、そのまま日本には戻られることなく、2016年に故郷ボスニアで65歳の若さで亡くなっています。
2021年5月3日にボスニア大使館にて行われる追悼イベントに合わせて発売された没後5周年記念の「シュトテネーマ~あの歌が聞こえる~」を手に入れまして、その解説を参照しています。前回89年の「信じているの」と言う盤から「あなたはどこに」と言う曲を、とても印象的なユーゴ風な歌と言うことでかけましたが、この歌が正にサラエヴォ・オリンピックのテーマ曲でした。原題はシュトテネーマです。ボスニア・ヘルツェゴヴィナの有名な文学者アレクサ・シャンティッチの詩にヤドランカが曲を付け歌っています。帯に書いてある「天空の声 大地の祈り 人々の心に寄り添う流浪の歌姫ヤドランカ」と言うコメントに強く共感します。冒頭の美しいヴァイオリン・ソロは喜多直毅です。

<2 シュトテネーマ~あの歌が聞こえる~  あなたはどこに 5分30秒>
ヤドランカ / ŠTO TE NEMA あなたはどこに

7曲目のエミーナという曲も、原詩はアレクサ・シャンティッチが1902年に発表した有名な愛の詩で、モスタルの町の実在したイスラム教徒の娘エミーナに、セルビア人のアレクサが思いを寄せるも、民族の違いで結ばれることはなかったが、民族を越えた彼の愛は歌になり、語り継がれることになりました。セヴダらしい切ない愛の歌です。

<7 シュトテネーマ~あの歌が聞こえる~  エミーナ 3分51秒>

11曲目にはュトテネーマ~あの歌が聴こえる~のボーナス・トラック|デモ音源が入っていて、これがまた歌唱が非常に素晴らしいので、おかけしておきます。ヤドランカさん自身がメロディに合う日本語の歌にして欲しいと依頼し2007年に制作された音源です。彼女自身がリリースされることを強く望んでいた音源だそうです。

<11 シュトテネーマ~あの歌が聴こえる~(ボーナス・トラック|デモ音源) 4分27秒>

ヤドランカさんの歌のラストに、この盤の最初の「宿命」と言う曲をおかけします。NHKスペシャル「ローマ帝国」の挿入歌です。人が作った国家は、人によって滅びてゆく、その哀しい宿命と人間の不条理を見つめる「祈り」の曲であると、作曲者の渡辺俊幸氏のコメントがありました。

<1 シュトテネーマ~あの歌が聴こえる~  宿命 4分51秒>

ボスニアの音源は他に、同じくセヴダの女性歌手アミーラの盤や、VDE-Galloの「サラエヴォのスーフィー音楽」などがありますが、いずれも現物が手元に残ってなくて、ストリーミングにも見当たらないので、代わりにボスニア紛争の最中の94年に仏l'empreinte digitaleから出たSarajevo Suite(サラエヴォ組曲)から、ルイス・スクラヴィス他の演奏で、Ceux qui veillent la nuit(夜を見ている人)を時間まで聞きながら今回はお別れです。Un Drame Musical InstantaneやWillem Breukerなど、ヨーロッパのフリー系ジャズミュージシャンや、当時話題を集めていたバラネスクSQなどが集まったユニークなコンピレーションでした。Louis Sclavisのクラリネット演奏は、廃墟と化したサラエヴォの悲しみを表現した曲として私には一番リアルに感じられました。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<14 Sarajevo Suite ~Ceux qui veillent la nuit 6分26秒>

|

« モスタル・セヴダ・リユニオンのシュトテネーマ | トップページ | エミーナとモスタルの橋 »

バルカン」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モスタル・セヴダ・リユニオンのシュトテネーマ | トップページ | エミーナとモスタルの橋 »