« エスマとモスタル・セヴダ ヤドランカさん | トップページ | ヤドランカさんの歌声 »

2021年7月14日 (水)

「ロマ音楽の帝王」の歌声 巴里祭

現物が残ってないので、シャバン・バイラモヴィチのこの盤のコンセプトはよく分かりませんが、「古いシャンソン」のような、で思い出しました。今日は巴里祭ですので、2本目に入れておきます。オリジナルのリス・ゴーティの歌唱です。85年に活動再開した頃のPhewがよくライブで歌っていました。当時何度もライブで見ました。二重に懐かしい曲です。フランスではパリ祭ではなく、カトーズ・ジュイエ(7月14日)としか言わないと大分前にも書いた気がします。(以下放送原稿を再度)

インドの故ネルー首相、インディラ・ガンジーの父娘に「ロマ音楽の帝王」と賞されたというセルビアの伝説的男性歌手シャバン・バイラモヴィチを捜し当て共演したモスタル・セヴダ・リユニオンの2作目もありました。生産中止になっていて現物も残ってないのですが、ストリーミングにありましたので、こちらから1曲おかけしておきます。タイトルは「伝説のバルカン・キング」となっている2008年の盤ですが、同じ音源かも知れません。古いシャンソンかジャンゴのマヌーシュ・スイングを聞くような1曲目「Shtar Luludja」と言う曲です。

<1 Mostar Sevdah Reunion presents Saban Bajramovic / Shtar Luludja 3分24秒>

LYS GAUTY - A PARIS,DANS CHAQUE FAUBOURG

|

« エスマとモスタル・セヴダ ヤドランカさん | トップページ | ヤドランカさんの歌声 »

シャンソン」カテゴリの記事

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エスマとモスタル・セヴダ ヤドランカさん | トップページ | ヤドランカさんの歌声 »