« Emina Zečajの歌唱 | トップページ | 「モスタルの町の悲しみ」の新旧 »

2021年7月 5日 (月)

モスタル・セヴダ・リユニオン「秘密の扉」

ゼアミdeワールド266回目の放送、日曜夜10時にありました。7日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。今日は「秘密の扉」から。

ボスニア・ヘルツェゴビナの音楽の3回目です。今回は92~95年のユーゴ内戦のさなかに活動を始め、戦火のボスニアをくぐり抜け98年に再結成したモスタル・セヴダ・リユニオンの2003年の2作目「秘密の扉」と1999年のMostar Sevdah Reunionからご紹介したいと思います。オスマン時代以来のボスニアの民謡=フォークロアのセヴダを演奏するグループで、2003年の時点で48年の活動歴を持つと言う歌手イリヤ・デリッチを中心に、哀愁のバルカン的歌唱を聞かせるグループです。モスタルと言うのは、ヘルツェゴヴィナの首都の名前で、リーダーのイリヤ・デリッチの出身地です。古いシャンソンを聞くような趣もありますが、セヴダやセヴダリンカにはオスマン・トルコ時代以来の中東のムスリム文化を中心に、スペイン系ユダヤ人のセファルディ、ヨーロッパの要素が入り混じっていて、正に多宗教、多言語、多文化が共存する都市だったサラエヴォの縮図のような音楽です。ボスニア人の魂の歌と言われます。

モスタル・セヴダ・リユニオンの「秘密の扉」から、イタリア風にも聞こえるような旋律でしっとりと歌われるオープニングの「この胸の痛み」と、バルカン風なリズムと旋律の6曲目「モスタルの町の悲しみ」、恋愛叙事詩「ムヨとニザマ」のムヨが歌詞に登場する、珍しく女性の歌唱の7曲目「ムヨは白い馬を引く」の3曲を続けておかけします。女性歌手はAmira Medunjaninです。

<1 モスタル・セヴダ・リユニオン/秘密の扉 ~この胸の痛み 4分11秒>
Mostar Sevdah Reunion - Sto Li Mi Se Radobolja Muti

<6 モスタル・セヴダ・リユニオン/秘密の扉 ~モスタルの町の悲しみ 4分52秒>
Mostar Sevdah Reunion - Cudna Jada Od Mostara Grada

<7 モスタル・セヴダ・リユニオン/秘密の扉 ~ムヨは白い馬を引く 4分32秒>
Mostar Sevdah Reunion feat. Amira Medunjanin - Mujo Djogu Po Mejdanu Voda

セヴダについてゼアミブログの方で書いた解説を繰り返しておきます。セヴダはトルコ語のsevdaに由来し、元はアラビア語のsawda(黒い胆汁)に由来します。オスマン語では、トルコ語のsevdaは単に黒い胆汁を意味するのではなく、恋愛の状態を指し、恋の病と片思いの孤独な憧れを指します。「メランコリック」と「夢中」の両方を意味するペルシア語(سودازده)に関連しています。セヴダリンカの歌詞のメインテーマである、喜びと痛みの両方を意味します。
ボスニアの人々は、この音楽の名前として「セヴダリンカ」と「セヴダ」という言葉を同じ意味で使用していますが、セヴダという言葉は他の意味でも使用できます。ポルトガルのファドやブラジル音楽の中心的な用語であるサウダージは同じ起源であり、アル・アンダルース(レコンキスタ以前のイスラム教の影響下にあった中世スペイン)とオスマン帝国の両方で何世紀にもわたって使用されてきたアラビア語の医学的言説から生まれました。 メランコリーという用語は同様の起源であり、ギリシャ語で黒胆汁を表す元の医学用語であるメランコリーに由来しています。

再結成後の99年に出たMostar Sevdah Reunionからは、2曲目のMujo Kuje Konja Po Mjesecu (Mujo Shoes Horses In the Moonlight)と4曲目のU Stambolu Na Bosforu (In Istanbul On the Bosphorous)を続けておかけします。2曲目は前回出てきた恋愛叙事詩「ムヨとニザマ」のムヨの名前がタイトルに見えますので、その関連のセヴダかと思います。こちらは現物が売り切れでないため詳細不明ですが、英訳のMujo Shoes Horses In the Moonlightと言うのが気になります。アップテンポでワラキアのロマ音楽に似た感じもあります。4曲目の英訳はIn Istanbul On the Bosphorousとなっていて、これも気になります。この曲は東欧系ユダヤのイディッシュ語の歌「ドナ・ドナ」に少し似て聞こえました。4曲目を時間まで聞きながら今回はお別れです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<2 Mujo Kuje Konja Po Mjesecu (Mujo Shoes Horses In the Moonlight) 6分15秒>
<4 U Stambolu Na Bosforu (In Istanbul On the Bosphorous) 3分27秒>

|

« Emina Zečajの歌唱 | トップページ | 「モスタルの町の悲しみ」の新旧 »

バルカン」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Emina Zečajの歌唱 | トップページ | 「モスタルの町の悲しみ」の新旧 »