« スラヴォニアの民謡 | トップページ | イストリアとドブロヴニクの音源 »

2021年8月25日 (水)

Lakson ラコダルマシュ

アルバトロスの「ユーゴスラヴィアの音楽」で冒頭を飾っているLaksonと言う曲は、とてもハンガリー的、と言うかハンガリー音楽そのものと言う感じで、この盤を手にした人は、クロアチアの音楽はみんなこんな感じなのかと勘違いしてしまうかもと思いました。ラクソンと言うのはハンガリー語の「結婚式で」の意味のラコダルモンから来ているという事で、個人的に思い出したのは1977年に来日公演もあった「エチェル村の結婚式」です。当時TV放映もされ、77年にビクターから国内発売されていたLPには、谷本一之さんの素晴らしい解説が付いていました。この辺りから民族音楽へ本格的に目が向いたので、とても思い出深い言葉です。「エチェル村の結婚式」は、ハンガリー語で Ecseri lakodalmas(エチェリ・ラコダルマシュ)です。またハンガリーに回ってきたら(来年の前半には)取り上げる予定ですが、一本上げておきます。今回初めて見る1952年の貴重映像です。(以下放送原稿を再度)

このアルバトロス盤の1曲目は「ラクソン:結婚式の音楽 Lakson」と言うハンガリー風の曲です。個人的に哀調を帯びたハンガリー音楽は大好きなもので、つい選んでしまいます(笑) ヴァイオリンをヘゲデと呼んだり、4弦の木の棒ではじくベースをガルドンと呼んだりするところは、いかにもハンガリー式ですが、演奏者はクロアチア人らしいです。もう一つの楽器は小型のツィンバロムです。曲名のラクソンも、ハンガリー語の「結婚式で」の意味のラコダルモンが訛ったものとのことです。モルヴェと言うハンガリー国境に近い町での録音で、この盤のジャケットにもなっています。

<1 ラクソン:結婚式の音楽 Lakson 1分19秒>

Ecseri lakodalmas (1952) - Állami Népi Együttes

|

« スラヴォニアの民謡 | トップページ | イストリアとドブロヴニクの音源 »

ハンガリー」カテゴリの記事

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スラヴォニアの民謡 | トップページ | イストリアとドブロヴニクの音源 »