« ユーゴスラヴィアの1950年代初頭のアナログ音源 | トップページ | セルビアの1950年代の音楽 »

2021年9月 8日 (水)

Moj Dilbere

先日の放送でSongs and Dances of Yugoslaviaからかけた1950年代の録音のMoj Dilbereは、モスタル・セヴダ・リユニオンとエスマの歌唱で前にかけたことを、後で思い出しました。「セファルディ風にも聞こえるモイ・ディルベレと言うボスニアの美しい愛の歌で、おそらくセヴダになるのでは」どころか、セヴダリンカど真ん中の曲でした。歌手名はGirl with accordion accompanimentとあるだけで不明です。セヴダの名歌手ナダ・マムラの歌唱も上げておきます。1950年代のこのLPの解説には、セヴダやセヴダリンカの言葉はなかったです。当たり前のことなので、書かなかったのでしょうか。

<1 Moj Dilbere 2分59秒>

Moj Dilbere

Nada Mamula - Moj dilbere♫

|

« ユーゴスラヴィアの1950年代初頭のアナログ音源 | トップページ | セルビアの1950年代の音楽 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユーゴスラヴィアの1950年代初頭のアナログ音源 | トップページ | セルビアの1950年代の音楽 »