« ポタンツとラビンスキ・タナツ、「ゲオルギオスの日」の女声合唱、スラヴォニアのベチャラツ | トップページ | ユーゴスラヴィアの1950年代初頭のアナログ音源 »

2021年9月 3日 (金)

ダルマチアのOjkanje singingとクラパ

キイェヴォやリカなどのダルマチア後背地の音源をYouTubeで探しましたが、どうやら前にも上げたユネスコの1本目だけかも知れません。Ojkanjeは2声の動きがクルクともクラパとも繋がるように思います。不協和音の目立つクルクと、イタリア風で和声的なクラパ両方に繋がりが見えて、興味深い限りです。大きく声を揺らすのが特徴で、それは1本目でも聞けます。キイェヴォとリカ共にオコラのクロアチアには入っていて、放送でかけました。最後にかけたクラパの2曲、Svet Ivane 6 Moga TrogiraとCivit Mi Je U Goriはありました。資料不足で全くの想像ですが、クルクの音と繋がるような土着的な歌唱のOjkanjeの流れも汲み、クラパのルーツのカトリック教会歌の和声と洗練が加わって、クラパが生まれたのでしょうか?
 

Ojkanje singing

Švet Ivane o moga Trogira - Vinko Coce i klapa Trogir I Poljud 2006

Cvit Mi Je U Gori

|

« ポタンツとラビンスキ・タナツ、「ゲオルギオスの日」の女声合唱、スラヴォニアのベチャラツ | トップページ | ユーゴスラヴィアの1950年代初頭のアナログ音源 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポタンツとラビンスキ・タナツ、「ゲオルギオスの日」の女声合唱、スラヴォニアのベチャラツ | トップページ | ユーゴスラヴィアの1950年代初頭のアナログ音源 »