« セルビアの1950年代の音楽 | トップページ | スロヴェニアの音楽 »

2021年9月10日 (金)

Vasilija Radocicの歌声とセルビアのコロ

今日はSongs and Dances of Yugoslaviaから、先日の放送でかけた残りの曲を上げておきます。コロが多いです。その前に昨日の曲、Anica ovce cuvalaを歌っているVasilija Radocicの映像を上げておきました。同じ歌手だと思います。この曲、ルーマニアで言うならドイナに当たるでしょうか。フリーリズム主体のゆったりとしたエレジーと言う印象で、バルカン・ブラスの演奏もありました。それを2本目に。(以下放送原稿を再度)

Vasilija Radocic Anica ovce cuvala

Anica ovce cuvala

9曲目にセルビアのコロが入っています。笛とタンブリッツァの入った弦楽合奏による演奏です。

<9 Tri Putari Kolo 2分28秒>

10曲目のセルビアのコロは弦楽オーケストラによる演奏ですが、ルーマニアのホラに似た感じに聞こえる曲です。ヴァイオリンの独奏が高い音で弾く辺りがルーマニアの「ひばり」にそっくりです。

<10 Kolo 2分7秒>

11曲目のSumadija Koloもバルカンらしいコロで、アコーディオンによる演奏です。クレズマー音楽との繋がりも見えて来るような音楽です。

<11 Sumadija Kolo 2分52秒>

4曲目に戻って男性のタンブリッツァ弾き語りは、ボスニアの曲です。この盤にはもう一曲ボスニアの曲と、マケドニアが2曲、スロヴェニアとモンテネグロの曲もありますが、今回は割愛します。

<4 Sastali Se Capljinski Tatari 1分27秒>

|

« セルビアの1950年代の音楽 | トップページ | スロヴェニアの音楽 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セルビアの1950年代の音楽 | トップページ | スロヴェニアの音楽 »