« ヴラフの装飾技巧 ウングレアンカ他 | トップページ | セルビアの9回目とルーマニアの1回目 »

2021年11月26日 (金)

ヴラフ人のバグパイプ

結婚式のブラスバンド、Cintec Alu Nasu Lunitaを探していましたが、「ヴラフのバグパイプ」と言う興味深い映像がありましたので、こちらを1本目に入れておきます。Cintec Alu Nasu Lunitaは、何故かこの曲だけ「楽園の蝋燭」の単独ファイルがありましたので、2本目に。
ヴラフ人ですが、広義に取ればルーマニア人もアルーマニア人も入れるようです。アルーマニア人はギリシアやアルバニアにも多いことが地図で分かります。現代のルーマニア人を古代のダキアのルーマニア人と言う意味でダコ=ルーマニア人と呼び、その他にアルーマニア人、モルラク人(Morlachs)、メグレノ=ルーマニア人(Megleno-Romanians)、イストロ=ルーマニア人(Istro-Romanians)などが含まれ、ヴラフ人とは自民族の国としてルーマニアを持つルーマニア人を除いた人々を指すことが多い、とされています。イストロ=ルーマニア人(Istro-Romanians)と言うのが、前にクロアチアで出てきたイタリアの近くのイストリア半島のルーマニア人のことです。話者はわずか1000人ほどだそうです。

Vlach bagpipe ballads (Timoc and Epir regions)

Radujevac ( Wallachs of eastern serbia ) - Cintec Alu Nasu Lunita

|

« ヴラフの装飾技巧 ウングレアンカ他 | トップページ | セルビアの9回目とルーマニアの1回目 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴラフの装飾技巧 ウングレアンカ他 | トップページ | セルビアの9回目とルーマニアの1回目 »