« Vasilija Radojčić - Zlatna ploča | トップページ | Melodie pour chasser les Vampires »

2021年11月15日 (月)

吸血鬼を追い払う曲 他(ヴラフの葬送音楽)

ゼアミdeワールド285回目の放送、日曜夜10時にありました。17日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。曲ごとのYouTubeはないようですので、今日の動画には「死」だけでなく来週の予定の「生」の部分から全て入っています。

セルビアの音楽の7回目です。セルビアの音源は、他に英ARCから2枚、スイスのVDE-Galloから1枚、Auvidis Ethnicから1枚などがありますが、いずれも手元に残ってないので、これからおかけするオコラのヴラフ人(あるいはワラキア人)の「楽園の蝋燭」と言う盤との関連で、ストリーミングから次回1、2曲おかけしようかと思います。
放送とゼアミブログの両方で何度か予告のように言って来ましたが、このオコラのヴラフ人の音源は人生の「生と死」の両面から東セルビアのラテン系少数民族、ヴラフ人の音楽を捉えた盤で、終わりの方に「吸血鬼を追い払う曲」と言う極めて珍しい音源が入っています。スラヴ系のセルビア人の音楽ではありませんが、個人的にはセルビアの音源で真っ先に思い浮かべる盤です。今回はその後半の「死」の方からご紹介します。ユーゴ崩壊前の1970~78年の貴重な現地録音で、キリスト教以前からの民間信仰の息づく記録です。アルバムタイトルの「楽園の蝋燭」とは、夜明け前に灯される数十の蝋燭のことです。

Various ‎– Yougoslavie 1 (Serbie Orientale) - Les Bougies Du Paradis

まずはこの盤の12曲目の「ワラキアの女性の嘆き」からどうぞ。

<12 Serbie Orientale Les Bougies Du Paradis ~Complainte D'une Femme Valaque 2分4秒>

次のゾリレと言う曲は「朝の歌」の一種で、太陽が昇る時にバグパイプで演奏されます。曲が10回か30回繰り返されている間、死者のそばの3人の女性は東に向かわなければならないという決まりがあるそうです。 はっきりと聞こえる倍音で演奏を装飾する技法は、ヨーロッパでは珍しいとのことです。

<13 Serbie Orientale Les Bougies Du Paradis ~Zorile 2分46秒>

棺の台が墓地に運ばれている間、「路上」を意味するナ・ドラムル(セルビア語:Putnjacki)が演奏されます。

<14 Serbie Orientale Les Bougies Du Paradis ~Na Drumul 2分20秒>

最も重要な儀式は、1週間、1か月、7か月、1年、そしてその人の死後7年ごとに行われるポマナです。ポマナは施し、慈善を意味し、会葬者が提供されるものを食べたり飲んだりする葬儀の食事でもあります。これは日本の七回忌の精進落としにそっくりです。後半のリズミカルになる部分「鏡を付けた歓びのラウンド」は、お盆ではないですが死者が参加するダンスに当たるようです。

<15 Serbie Orientale Les Bougies Du Paradis ~Une Pomana A Jabukovac 6分56秒>

次の埋葬の旋律はロマのブラスが演奏していて、棺桶が墓に降ろされている間、このメロディーが演奏されます。バルカン・ブラスの響きが故人の最後を華やかに彩っているように思います。

<16 Serbie Orientale Les Bougies Du Paradis ~Melodie Funeraire 2分1秒>

「吸血鬼(ヴァンパイア)を追い払う曲」は、歌か笛で演奏されるそうですが、この盤に入っている笛の独奏を次におかけします。先入観なしで聞けば、縦笛フルーラの飄々とした曲に聞こえるだけだと思います。
死んだ人が戻って村人を苦しめたり、作物を燃やしたり、牛を不妊にしたりすることのないようにと言うことですが、先のとがったものを埋葬前の遺体の心臓に刺し込むのかと思うと、ぞっとします。この残酷な方法を家族が反対する場合に、とげで覆われた硬い木の長い棒が墓の棺に刺し込まれる際に「吸血鬼を追い払う曲」が演奏されるそうです。
吸血鬼は映画のドラキュラ伯爵とはほとんど共通点はなく、肉も骨も持たない幽霊であり、自由にハエや黒い犬などに変身することが出来ると民間伝承では考えられています。

<18 Serbie Orientale Les Bougies Du Paradis ~Melodie Pour Chasser Les Vampires 1分12秒>

最後に入っている最愛の故人との奇妙な会話を含むセルビア女性の嘆きは、憑依を伴っているようにも聞こえ、最初のワラキア女性のルーマニア風な嘆き歌と明らかに違っています。

<19 Serbie Orientale Les Bougies Du Paradis ~Complaintes De Femmes Derbes 3分38秒>

では最後に、長いので飛ばしていた17曲目のBallad; Padura, Sora Paduraを時間まで聞きながら今回はお別れです。パドゥラ、ソラパドゥラとは「森、姉妹の森」の意味で、先ほどのゾリーレのように、太陽、月、森に関するバラードと言うことです。通常、埋葬後に故人の家で歌われるそうですから、故人を偲ぶ歌の一種と見ていいでしょうか。この録音にはないようですが、遺族による精霊流しもあるそうです。
次回は同じ「楽園の蝋燭」から、前半の「生」の部分に当たるダンスと結婚式の方を取り上げる予定です。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<17 Serbie Orientale Les Bougies Du Paradis ~Ballad; Padura, Sora Padura 6分35秒>

|

« Vasilija Radojčić - Zlatna ploča | トップページ | Melodie pour chasser les Vampires »

バルカン」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Vasilija Radojčić - Zlatna ploča | トップページ | Melodie pour chasser les Vampires »