« ポマナとパドゥラ・ソラ・パドゥラ | トップページ | Sveti Savaのスヴァトヴァツとヴラスケ・イグレ »

2021年11月22日 (月)

「楽園の蝋燭」の前半

ゼアミdeワールド286回目の放送、日曜夜10時にありました。24日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。動画は一週間前に上げた「楽園の蝋燭」丸々の一本ですから、後半は先週の「死」の部分です。個別の曲の捜索とARC盤は、また後日。

セルビアの音楽の8回目です。前回は「楽園の蝋燭」と言う盤の「生と死」の「死」の方をご紹介しましたが、今回は「生」の方です。この盤は東セルビアのラテン系少数民族、ヴラフ人の音楽を記録した盤で、ユーゴ崩壊前の70~78年の貴重な現地録音です。アルバムタイトルの「楽園の蝋燭」とは、夜明け前に灯される数十の蝋燭のことで、原題はSerbie Orientale Les Bougies Du Paradisです。
「生」の部分は、ダンス、牧畜生活、結婚式の音楽の3つのパートに分かれています。バルカン文化の肝の一つである「吸血鬼を追い払う曲」を含む「死」の部分のインパクトが余りにも凄すぎて陰に隠れがちなように思いますが、今回の「生」の部分からこの盤は始まります。

Various ‎– Yougoslavie 1 (Serbie Orientale) - Les Bougies Du Paradis

ヴラフ人に伝わるダンス音楽は非常に豊富で、編成もフィドル、フルーラ、バグパイプ、ブラスバンドなどのいずれかがフィーチャーされた演奏が多いようです。まずは前回オープニングに少しだけ流したフィドルのUngureancaからおかけします。独特なしゃがれたような音色には、トランシルヴァニアのフィドルに近い印象を持ちます。

<1 Ungureanca 2分35秒>

続いて縦笛フルーラによるコロが入っています。「吸血鬼を追い払う曲」もこの笛による演奏でした。葬儀の音楽でも出てきた太鼓がバックに聞こえます。

<2 Razvedeno Kolo 1分24秒>

バグパイプの演奏はHora da patruと言うホラですが、ブルガリア辺りで聞いた始まりの特徴的な音の並びが、ヴラフの演奏でも聞こえます。

<3 Hora da patru 1分36秒>

ブラスバンドの演奏もダンス音楽として入っています。前回の埋葬の音楽は意外にも明るい調子でしたが、今回はダンス曲と言うことで更に弾むように演奏されています。

<4 Miletovo Kolo 2分58秒>

牧畜生活の部では、フルーラの独奏とバグパイプが入っていますが、フリーリズムで装飾豊かに演奏されるフルーラ独奏の方をおかけします。「吸血鬼を追い払う曲」と並べてじっくり装飾技巧を聞き比べてみたい演奏です。

<7 Dor, Doritule 1分56秒>

結婚式の音楽の部は、ブラスバンドが2曲、フルーラと太鼓が1曲の計3曲入っていますが、最初のCintec Alu Nasu Lunitaをおかけしておきます。演奏されるのは式の最初の方でしょうか、厳かな中でトランペットがバルカン的な旋律美を聞かせます。

<9 Cintec Alu Nasu Lunita 3分36秒>

セルビアの音源は、他に英ARCから2枚、スイスのVDE-Galloから1枚、Auvidis Ethnicから1枚などがありますが、いずれも手元に残ってないので、ストリーミングから次回1、2曲おかけすると、前回予告していましたので、英ARCの「セルビアの伝統音楽  Sveti Sava」から2曲おかけします。1978年に結成されたセルビア民謡グループ、スヴェティ・サヴァによるセルビア各地の伝統音楽演奏ですが、曲名を見て気になったのがSvatovacとVlaske Igreです。
スヴァトヴァツと言えば東部クロアチアのスラヴォニア地方の古いタイプの婚礼の合唱曲Svatovacを思い出しました。スラヴォニアとセルビア北西部はすぐ近くで関係有かとも思いますが、セルビアのこの演奏では器楽で、解説が参照できないので婚礼の音楽かどうかは不明です。
Vlaske Igreは、283回目の放送で「ブランコ・クルスマノヴィッチ・グループ/セルビア&モンテネグロの音楽」からかけた曲で、「ヴラフ人の演奏」のような意味でした。ルーマニア寄りの音楽である点で、この2つの演奏は似ていると思います。2曲続けておかけします。

<3 Sveti Sava / Serbia: Traditional Music ~Svatovac 3分57秒>
<11 Sveti Sava / Serbia: Traditional Music ~Vlaske Igre 3分24秒>

では最後にオコラの「楽園の蝋燭」に戻りまして、ダンスの部分のSochitを時間まで聞きながら今回はお別れです。1曲目のUngureancaと同じく、ルーマニア西北部トランシルヴァニアのハンガリー系フィドルにそっくりです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<6 Sochit 1分23秒>

|

« ポマナとパドゥラ・ソラ・パドゥラ | トップページ | Sveti Savaのスヴァトヴァツとヴラスケ・イグレ »

バルカン」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポマナとパドゥラ・ソラ・パドゥラ | トップページ | Sveti Savaのスヴァトヴァツとヴラスケ・イグレ »