« ゲオルゲ・ザンフィルのパンパイプ(Electrecord) | トップページ | イニマとアニマ 魂に聞く »

2021年12月15日 (水)

チョカリアとボチェッツ

ゲオルゲ・ザンフィルの70年代前半以前の映像があれば良いのですが、大体は「ロンリーシェパード」以降のイージーリスニングにも進出して以降のものがほとんどのようです。先日のホラ・スタッカートのようなモノクロ映像は稀なようです。今日のチョカリア(ひばり)は最近の映像でしょう。ボチェッツはエレクトレコード音源と同じかと思いましたが、アリオンから出た録音は細部が違っていて別テイクに聞こえます。(以下放送原稿を再度)

LPの頃にB面のラストに入っていたのが、余りにも有名な「ひばり」です。ルーマニア・ロマのパンフルート名人アンゲルシュ・ディニクが19世紀に作ったとされる曲で、彼の孫グリゴラシュ・ディニクもヴァイオリンの名人芸(ワン・ボウ・スタッカート)で有名なホラ・スタッカートを作っています。

<12 Gheorghe Zamfir / The Sound of the Pan-pipe ~Ciocarlia 2分51秒>
Gheorghe Zamfir - Ciocârlia -Tel Aviv.

特に注目の曲を先にご紹介したいと思いますが、B面の終わりの方に入っていたのが、セルビア東部ヴラフ人の葬儀の音楽とイメージが重なるBocet(ボチェッツ)と言う曲です。会葬者の慟哭の声まで生々しく描写した音楽です。

<11 Gheorghe Zamfir / The Sound of the Pan-pipe ~Bocet 3分9秒>
Bocet

|

« ゲオルゲ・ザンフィルのパンパイプ(Electrecord) | トップページ | イニマとアニマ 魂に聞く »

ルーマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲオルゲ・ザンフィルのパンパイプ(Electrecord) | トップページ | イニマとアニマ 魂に聞く »