« イニマとアニマ 魂に聞く | トップページ | 東方の三博士 ルーマニアのクリスマス・キャロル »

2021年12月17日 (金)

カヴァルの踊り グノシェンヌ

放送でかけた後数曲の全部は触れられないので、グノシェンヌを思い出してしまう「カヴァルの踊り」と「森林警備隊のバラード」を入れておきます。リズムが違っても似て聞こえるのは、この独特な音階ゆえでしょう。(以下放送原稿を再度)

メロディラインの独特な4曲目のHora ca la cavalを次におかけします。縦笛カヴァルの奏法を模した踊りの曲です。陰鬱なような少しユーモラスなような独特な雰囲気ですが、エリック・サティのピアノ曲グノシェンヌを思い出させる曲です。サティは1889年のパリ万博で聞いたルーマニア音楽からインスピレーションを受けてグノシェンヌを書いたと言われています。

<4 Gheorghe Zamfir / The Sound of the Pan-pipe ~Hora ca la caval 2分1秒>

8曲目のBalada lui Costea Pacurarulは、LPでは「森林警備隊のバラード」と言う邦題が付いていました。ドイナのスタイルで25管の特大型のナイの性能が最も発揮された曲で、農民の間にあったバラードを取り上げてパンパイプ(ナイ)の曲にしていると解説にあります。

<8 Gheorghe Zamfir / The Sound of the Pan-pipe ~Balada lui Costea Pacurarul 3分22秒>

|

« イニマとアニマ 魂に聞く | トップページ | 東方の三博士 ルーマニアのクリスマス・キャロル »

ルーマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イニマとアニマ 魂に聞く | トップページ | 東方の三博士 ルーマニアのクリスマス・キャロル »