« チョカリアとボチェッツ | トップページ | カヴァルの踊り グノシェンヌ »

2021年12月16日 (木)

イニマとアニマ 魂に聞く

イニマと聞いて、すぐさま思い出すのは、松山のルーマニア料理店「ろまにあ」で頂いたルーマニア料理の一品「イニマ・ドラキュラ(ドラキュラの心臓)」です。同時にイニマと言うのは、ラテン語ルーツのアニマ(魂)と同義ではと常々思っていましたが、ルーマニア語のグーグル翻訳ではイニマの訳は心臓のみで、魂は別にsufletと言う単語がありました。放送でかけたMult ma-ntreaba inimaの訳は「魂に聞く」になっていますので、魂の訳もあるのでしょう。この曲は原曲と思われる歌の映像もありました。2本目によるとTiberiu Brediceanu (1877-1968)が作った曲のようです。3本目は同じ曲名ですが節違いです。(以下放送原稿を再度)

ElectrecordのLP(国内発売はビクター)A面5曲目の「魂に聞く」と邦題が付いているMult ma-ntreaba inimaと言う曲が、うちのカフェの常連の方のお気に入りでしたので、次におかけします。小泉文夫さんの解説には以下のようにありました。「一部に激しい気分の部分を含むが、一体に平和な祈りの溢れた曲。拍子のない自由リズムで、ドイナの技巧に特有のポルタメントや、ザンフィルの名人芸によって活かされた曲。」

<5 Gheorghe Zamfir / The Sound of the Pan-pipe ~Mult ma-ntreaba inima 2分55秒>
Gheorghe Zamfir Mult Ma Ntreaba Inima Often My Heart Interrogates

Ruben Muresan "Mult ma-ntreaba inima"

Alexandra Bleaje - Mult ma-ntreaba inima (Official Video) NOU

|

« チョカリアとボチェッツ | トップページ | カヴァルの踊り グノシェンヌ »

ルーマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョカリアとボチェッツ | トップページ | カヴァルの踊り グノシェンヌ »