« タラフのBrîu(ブルウ)=オルテニア地方の踊り | トップページ | Splet igara iz Srbije »

2021年12月 2日 (木)

オルテニア組曲とコマネチ カクリカの歌声

今日のゲオルゲ・ザンフィルの1本には、昨日のブルウとは別のルーマニア南部ワラキアのオルテニア地方の舞曲が色々出てきます。7分30秒頃から出てくる曲は、1977年頃ナディア・コマネチが床運動に使っていた曲です。当時TVから録音したカセットが残っているので、間違いありません(笑) 1976年のモントリオール五輪で10点満点を連発した時は別な曲で、これは20年以上経ってクレズマーのレパートリーに見つかりました。この辺りはタラフ・ドゥ・ハイドゥークスで聞いた記憶が余りありませんが、また探してみます。オルテニアはタラフを聞く前からワラキア音楽の中心のイメージがあります。

Suita Oltenesca

カクリカのライブ映像がありました。この曲も来日の際に何度か聞いた覚えがあります。ステージが懐かしいです。(以下放送原稿を再度)

セルビア東部のヴラフ人の葬儀の音源に、Padura, Sora Paduraと言うバラードがありまして、2回前にかけましたが、この曲は「森、姉妹の森」のような意味でした。埋葬後に故人の家で歌われるということでしたが、そっくりなタイトルの曲がタラフ・ドゥ・ハイドゥークスにもありまして、こちらはラヴソングと言う解説になっています。曲名はPadure Verde, Padureで、やはり「緑の森、森」のような意味です。タラフ・ドゥ・ハイドゥークスの2000年頃の来日の際は、長老の一人だったカクリカがツィンバロム弾き語りでエモーショナルな歌声を聞かせています。彼は88年にオコラから出ていた「ワラキアのジプシー音楽」でニコラエ・ネアクシュやイオン・マノレと一緒に名を連ねています。3人とも故人になってしまいました。

Taraf de Haidouks Clejani Roata - Cacurică( "Pădure verde,pădure")

|

« タラフのBrîu(ブルウ)=オルテニア地方の踊り | トップページ | Splet igara iz Srbije »

ルーマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タラフのBrîu(ブルウ)=オルテニア地方の踊り | トップページ | Splet igara iz Srbije »