« タラフ・ドゥ・ハイドゥークスの器楽曲 | トップページ | カロリーナ »

2022年2月 9日 (水)

ルステム

カリウの速弾きが光るルステムは、98年リリースのDumbala Dumbaに入っていましたが、初来日前に出たヴァップからのDVDにもありました。「ツィンバロムの空打ちから始まるこの曲は、東欧1と言われるルーマニア音楽のスピード感を実感できる曲で、速い3拍子が4つ続くようなビートは8/12でしょうか?」と、放送では解説しましたが、やはり3拍子でしょうか。あるいは、4かけ3の12拍子でしょうか? 3拍子なのにつんのめるような感じがあって、変拍子のようにも聞こえる不思議なビート感です。この曲もタラフ・ドゥ・カリウでも演奏していました。カリウらしからぬメロウな前奏が付いています。2本目はタラフ・ドゥ・ハイドゥークス時代の演奏です。

Taraf de Caliu - Rustem

Taraf De Haidouks - Rustem si suite

|

« タラフ・ドゥ・ハイドゥークスの器楽曲 | トップページ | カロリーナ »

ルーマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タラフ・ドゥ・ハイドゥークスの器楽曲 | トップページ | カロリーナ »