« 94年のタラフ イオン・マノレとニコラエ・ネアクシュ | トップページ | タラフ・ドゥ・カリウの「クレジャニの愛の歌」 »

2022年2月 3日 (木)

追悼コスティカ

2000年の初来日以来、カリウと並んでタラフ・ドゥ・ハイドゥークスのヴァイオリンのツートップだったコスティカが去年亡くなっていたことを、今日知りました。最近度々彼らの英文のプロフィールを確認していますが、今日見たらConstantin Lăutaru ("Costică Boieru"): violin, voice; born 26.09.1956; died 07.12.2021 (age 65)と出ていて、ショックを受けました。まだ65歳。カリウとは異なる切れ味のヴァイオリンに何度も唸らされました。弾き語りの歌も素晴らしかった。もう聞けないかと思うと残念な限りです。1本目はパシャラン翁との定番曲。確か来日公演でも聞けました。2本目はイオン・マノレの息子のゲオルゲ・マノレとの演奏で、映像の最初に出てくるのがコスティカです。曲は2015年の"Of Lovers, Gamblers & Parachute Skirts" から。

Taraf de Haïdouks à Fiesta Sète "Cîntec de Dragoste sin joc"

Taraf de Haidouks - Nici nu ninge, nici nu plouă

|

« 94年のタラフ イオン・マノレとニコラエ・ネアクシュ | トップページ | タラフ・ドゥ・カリウの「クレジャニの愛の歌」 »

ルーマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 94年のタラフ イオン・マノレとニコラエ・ネアクシュ | トップページ | タラフ・ドゥ・カリウの「クレジャニの愛の歌」 »