« 小さなつぼみ Mugur, mugurel | トップページ | 仮面舞踏会とレズギンカ »

2022年2月16日 (水)

タラフのバルトーク / ルーマニア民族舞曲

タラフの仮面舞踏会から、まずはルーマニア民族舞曲です。この名曲をタラフで聞けるとは、2007年当時大喜びした音源でした。この曲は色々な編曲がありますが、2本目はムジカーシュとDanubia Orchestraの共演映像。(以下放送原稿を再度)

2007年の仮面舞踏会に移りますが、まずはハンガリーの大作曲家バルトークのルーマニア民族舞曲です。原曲はピアノ独奏曲の「ルーマニアの6つの民族舞曲」ですが、1977年に初めてこの曲をフランスのピアニスト、ミシェル・ベロフのLPで聞いたことがルーマニア音楽や民族音楽全般に目が向くきっかけになったので、個人的に非常に思い入れの深い曲です。またピアノ曲の方も何回か先でかけたいと思います。この名曲をタラフ・ドゥ・ハイドゥークスがどう料理しているかが聞きものです。

<7 Maškaradă ~Romanian Folk Dances 7分34秒>
Taraf de Haidouks at Flagey

Muzsikás: Bartók: Romanian Folk Dances / with Danubia Orchestra

|

« 小さなつぼみ Mugur, mugurel | トップページ | 仮面舞踏会とレズギンカ »

ルーマニア」カテゴリの記事

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さなつぼみ Mugur, mugurel | トップページ | 仮面舞踏会とレズギンカ »