« ドブロジャのカドネアスカ | トップページ | レスポール、エディット・ピアフ、ヴァイア・コン・ディオス、イスラエル・ゾハル »

2022年3月21日 (月)

コマネチの床運動の2曲 Sanie Cu ZurgălăiとCălușul

ゼアミdeワールド301回目の本放送、日曜夜22時にありました。23日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。今日はマリア・ラタレツのサニエ・ク・ズルガライだけにしておきますが、何種類も別テイクのYouTubeがあって迷いました。

ルーマニアの音楽の14回目になります。今回は何度かこの番組やゼアミブログで曲名が出てきた、コマネチの床運動の2曲を特集したいと思います。この2曲を知ったのは、1977年頃のアメリカで制作された体操選手ナディア・コマネチのドキュメンタリーで、日本語吹き替えされてNHKで放映されまして、テレビから録音したカセットをずっと保存してありました。その番組自体を流すことも可能ですが、1980年のシルヴィア・マルコヴィッチによるポルムベスクのバラーダ同様、著作権問題に抵触するようですので、控えておきます。

その2曲とは、前にトニ・イオルダッケの演奏でかけた、コミカルな味わいもあるルーマニアン・ダンスの典型のようなイメージのカルシュルとサニエ・ク・ズルガライですが、特にサニエ・ク・ズルガライ(Sanie cu zurgălăi 鐘のあるそり)は、45年以上ずっと耳に残っていた美しい短調の名旋律でした。ルーマニア民謡と書かれていることもありますが、1936年にルーマニアのユダヤ系作曲家Richard Steinによって名歌手MariaTănaseのために作曲され、ルーマニア語の歌詞はLiviu Deleanuによって書かれた当時の流行り歌と見ていいように思います。MariaTănaseはこの曲を低俗と判断したのか歌わず、1937年にSilvian FlorinとPetre Alexandruによって録音されたそうです。
最もよく知られているこの曲のオーソドックスな歌唱は、1949年に出た民謡歌手のMaria Lătărețuの歌唱ですので、まずはその音源からおかけします。

<Maria Lataretu / Sanie Cu Zurgălăi 2分18秒>
Maria Lataretu - Sanie cu zurgalai ( 1937 )

曲名で検索すると20種類近くの音源が見つかりましたが、その中からより民謡的な味わいの歌唱をもう一曲おかけします。

<Anne Nicolas / Sanie Cu Zurgalai (feat. Paul Toscano et son orchestre) 2分8秒>

この曲は、英訳でJohnnie is the boy for meとも呼ばれますが、これはエレキギターのレス・ポールを開発したレス・ポールとメアリー・フォード夫妻の1953年のカヴァーバージョンのタイトルで、歌詞内容はすっかりオリジナルとは変わっていますが、先ほどのマリア・ラタレツの歌唱を元にしているようです。このレスポール版を聞いたシャンソンの大歌手エディット・ピアフがカヴァーし、80年代にはピアフの録音を聞いたヴァイア・コン・ディオスもカヴァーしています。
この歌は、盗作疑惑で作曲者のスタインとレスポールの間で法廷闘争になりましたが、スタインが最終的に勝ったそうです。これが音楽の盗作についての最初の訴訟の1つとされています。その3つの音源を続けておかけします。

<Les Paul & Mary Ford / Johnny is the Boy for Me 2分3秒>
<Édith Piaf / Johnny tu n'es pas un ange 2分11秒>
<Vaya Con Dios / Johnny 2分19秒>

私はルーマニア音楽の音源より先に、イスラエル・ゾハルのクレズマー・クラリネットの演奏で90年頃に偶然聞いた曲でした。タイトルはレスポール版と同じでした。その音源を次におかけします。

<6 Israel Zohar / Nigunim of Gold ~Johnny is the Boy for Me 1分39秒>

フランスのジプシー~クレズマー音楽グループ、レ・ズュー・ノワール(黒い瞳)がサニエ・ク・ズルガライとカルシュルを演奏していますので、続けておかけします。

<Les Yeux Noirs / Sanie cu Zurgalai 7分30から4分>
<Les Yeux Noirs / Calusul 3分>

最近YouTubeで確認しましたが、サニエ・ク・ズルガライはコマネチのチームメイトだったテオドラ・ウングレアヌの床運動に使われている映像がありましたが、カルシュルの方はどちらも見つからずでした。1976年のモントリオール五輪でコマネチが使っていたのはアメリカのチャールストンでしたが、カルシュルも五輪後に確かにあったように思います。
Ro-Maniaと言うグループのポップなカルシュルを時間まで聞きながら今回はお別れです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<Ro-Mania / Călușul 3分46秒>

|

« ドブロジャのカドネアスカ | トップページ | レスポール、エディット・ピアフ、ヴァイア・コン・ディオス、イスラエル・ゾハル »

ルーマニア」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドブロジャのカドネアスカ | トップページ | レスポール、エディット・ピアフ、ヴァイア・コン・ディオス、イスラエル・ゾハル »