« イスラエル・ゾハル、テオドラ・ウングレアヌの床、Anne Nicolas | トップページ | Реве та стогне Дніпр широкий »

2022年3月25日 (金)

Les Yeux Noirsの演奏で

1992年に結成されたフランスのジプシー~クレズマー音楽グループ、レ・ズュー・ノワール(「黒い瞳」の意)の音源は、英ARC辺りのコンピレーションに入っていたでしょうか。発音の難しいフランス語のグループ名のためか、日本ではあまり知られてないようにも思いますが、凄腕のグループだと思います。日本にも来ているようです。二人のヴァイオリニスト兄弟のSlabiakと言う名前はフランス人のように見えず、どこか東方系の音に聞こえます。彼らの叔父がジャズ畑にいたとのことで、ジャンゴなどのマヌーシュ・スイングが盛んな頃に北フランスで活躍した人ではと推測しました。彼らがサニエ・ク・ズルガライとカルシュルも演奏していたのは、今回初めて知りました。どういう経緯でこの2曲を知ったのかが気になるところです。最初2本がライヴ映像、3,4本目は番組でかけたのと同じですが、もしかしたら同じ音源でしょうか。

Les Yeux Noirs - Sanie Cu Zurgalai (Live in Sydney) | Moshcam

Les Yeux Noirs - Calusul (Live in Sydney) | Moshcam

<Les Yeux Noirs / Sanie cu Zurgalai 7分30から4分>

<Les Yeux Noirs / Calusul 3分>

|

« イスラエル・ゾハル、テオドラ・ウングレアヌの床、Anne Nicolas | トップページ | Реве та стогне Дніпр широкий »

ルーマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イスラエル・ゾハル、テオドラ・ウングレアヌの床、Anne Nicolas | トップページ | Реве та стогне Дніпр широкий »