« トニ・イオルダッケのホラ・スタッカート | トップページ | 70、80年代のイオン・ドラゴイ »

2022年3月 3日 (木)

音楽の広場1980

1980年頃に黒柳徹子さんと芥川也寸志さんが司会をしていたNHKの音楽番組がありましたが、この映像で「音楽の広場」だったと思い出しました。当時よく見ていましたが、ツィンバロム奏者ではイオン・カリストラッケと言う人が出ていて、黒柳さんが言い難そうに発音していたのをよく覚えています(笑) 一方今日の映像は、トニ・イオルダッケとイオニカ・ミヌネ他です。当時はまだ社会主義国の時代にもかかわらず、ルーマニアの楽師が何人も来ていて、テレビに出ていたことにも驚きです。
1980年の他の番組では、音楽評論家・大木正興さんの解説でルーマニアの女流ヴァイオリニスト、シルヴィア・マルコヴィッチが出演し、ポルムベスクのバラーダも演奏していました。実はこの番組をカセットに録音していて、私の放送でかけることも可能ですが、著作権問題に抵触しそうなので、話を出すだけにする予定です。バラーダは、90年代に日本のヴァイオリニスト、天満敦子さんの演奏で一躍有名になった「望郷のバラード」のことです。83年だったと思いますが、シルヴィア・マルコヴィッチが来日し、新宿文化センターのコンサートに行きました。グラズノフのヴァイオリン協奏曲のLPが出て間もない時期でした。
7分35秒辺りからコマネチが70年代に床運動で使っていた曲カルシュル、8分42秒辺りから「ひばり」です。映像、音共に悪いですが、まだ家庭用ビデオも普及してなかった時代ですから貴重な映像です。

Toni Iordache - Ionica Minune - George Carabulea in Japonia 1980 ... clip de colectie


|

« トニ・イオルダッケのホラ・スタッカート | トップページ | 70、80年代のイオン・ドラゴイ »

ルーマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トニ・イオルダッケのホラ・スタッカート | トップページ | 70、80年代のイオン・ドラゴイ »