« マラムレシュの結婚式、木造聖堂群、陽気な墓 | トップページ | マラムレシュのクリスマス »

2022年5月12日 (木)

マラムレシュと白川郷

Musiques De Mariage De MaramureșでYouTube検索すると出てきますが、オコラやBudaだけでなくArionからも出ていました。ジャケットを見て思い出しました。3つともフランスのレーベルです。一方、「マラムレシュ」でYouTube検索すると、何故か日本の白川郷の映像が混じっています。マラムレシュと飛騨高山の白川郷、確かにそれぞれの古い民俗文化が残っているという点では似ていると思います。
今日は1本目にアリオン盤の映像、2本目にNHKのドキュメンタリー映像を上げておきました。アリオン盤では共鳴胴の代わりにラッパが付いたシュトロー・ヴァイオリンと思しき音色が聞こえますが、極めて激しく急速な曲が演奏されています。NHKの方は、私が見た90年代のものではないと思いますが、少し似ているようにも思いました。NHKの番組が海外で放送された際のUNESCOの映像のようで、日本語字幕が入っています。

Musique des Maramures IV

マラムレシュの木造教会(ユネスコ/ NHK)

|

« マラムレシュの結婚式、木造聖堂群、陽気な墓 | トップページ | マラムレシュのクリスマス »

ルーマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マラムレシュの結婚式、木造聖堂群、陽気な墓 | トップページ | マラムレシュのクリスマス »