« 80年前の葬送歌ボチェッツ | トップページ | ダブルトーンのブルウ、オルトのドイナ、「葬儀:雄鶏」 »

2022年5月26日 (木)

トランシルヴァニアの結婚式の儀礼歌

トランシルヴァニアの戦前の録音は、まだ人々の日常に伝統歌が脈々と生きていた頃の息遣いが感じられます。昨日は葬儀、今日は結婚式の儀礼歌です。決まった詩節を歌った後に出てくるように思われる、北アフリカのユーユーに少し似た裏声の掛け声を聞くと、古い譬えですが、大屋政子さんの声を思い出します(笑) 
アグネス・ヘルツクなど現代ハンガリーのトラッド界の女性歌手が、類似の歌唱を披露していたと思いましたので、探してみました。5本目は左からHerczku Ágnes, Bognár Szilvia, Szalóki Ágiです。そう言えばこの映像の2008年頃、この3人のハンガリーの歌姫のコラボ作が連発していました。これが結婚式用の歌唱かどうかは不明ですが、唱法としてはそっくりです。70年代からのハンガリーのタンツハーズ(ダンスハウス)運動で復興したハンガリーのヴィレッジ音楽は、エルデーイ(トランシルヴァニア)のハンガリー音楽を重要なルーツにしていますから、当然と言えば当然でしょう。

<22 Ritual de nunta. Joc: "Pe drum" 53秒>

<23 Ritual de nunta. Cintec: Cintecul miresei 1分18秒>

<24 Ritual de nunta. Joc: "Cind pleaca mireasa la cununie" 35秒>

<25 Ritual de nunta: Strigaturi 31秒>

"Háljunk ketten az éjjel"

|

« 80年前の葬送歌ボチェッツ | トップページ | ダブルトーンのブルウ、オルトのドイナ、「葬儀:雄鶏」 »

ルーマニア」カテゴリの記事

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 80年前の葬送歌ボチェッツ | トップページ | ダブルトーンのブルウ、オルトのドイナ、「葬儀:雄鶏」 »