« Ami Flammerのヴァイオリン | トップページ | 更にエネスコのヴァイオリン・ソナタ第3番 »

2022年5月23日 (月)

VDE-Gallo「ルーマニアの農村音楽」トランシルヴァニア編

ゼアミdeワールド310回目の放送、日曜夜10時にありました。25日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。今日のYouTubeは4曲目まで入れました。

ルーマニアの音楽の22回目になります。今回はスイスのVDE-Galloから出ている名盤「ルーマニアの農村音楽」の3枚組の、トランシルヴァニア編からご紹介します。他にモルダヴィア編とワラキア西部のオルテニア編がありまして、90年代にはLPサイズのケースに入って英仏の豪華解説が付いていました。国内では、この3枚からの抜粋盤がクラウンから出ていました。
ルーマニアの民謡研究の先駆者であるハンガリーのバルトークを受け継いだ、ルーマニアの作曲家で民族音楽学者のコンスタンティン・ブライロイウの貴重な記録で、現在は消滅してしまった伝承歌も多いと言われています。録音は1933~1943年の間にされています。
VDE-Galloは、ブライロイウが1944 年にジュネーヴに設立したフィールド・レコーディング音源のアーカイブ機関=AIMP(Les Archives internationales de musique populaire)が所有する音源を中心にリリースしてきたレーベルですが、最近の新録も登場していました。
ブライロイウは1893生まれ、1958年にスイスのジュネーヴで亡くなっていますので、生没年はバルトークのほぼ10年ずつ後ですから、相当昔の人です。録音は蝋管録音になるでしょうか、各1~3分の曲がほとんどです。

曲名の最初にクンテク(歌)と付いている7曲の内、4曲目までを続けておかけします。2曲目の笛の演奏は、南トランシルヴァニアの1曲目の歌の変奏です。3曲目はトランシルヴァニア南部のオルト地方起源でトランシルヴァニア中に広まったという民謡です。4曲目もオルトの古い民謡で、ドイナ風のフリーリズムの歌です。大きなヴィブラートのかかった声が特徴的です。

<1 Cintec: "Nino, bade, serile" 1分9秒>

<2 Cintec 1分19秒>

<3 Cintec: "Du-te, dor, cu dorurile" 1分45秒>

<4 Cintec: "Ian asculta cum mai cinta" 1分50秒>

8曲目はルーマニアに入ってからタラフなどの演奏で度々出てきたブルウですが、縦笛を吹きながら声も入るダブルトーン奏法です。8曲目から11曲目まではジョク(舞踊曲)が続きますが、いかにもトランシルヴァニアのハンガリー系音楽らしい伴奏ヴァイオリンが3弦の10曲目までの3曲をおかけします。

<8 Joc: Briul 1分3秒>
<9 Joc: Invirtia 1分16秒>
<10 Joc: Ardeleana cu strigaturi 3分12秒>

20曲目にドイナが入っていますが、この歌はワラキア西部のオルテニアのスタイルのドイナで、このタイプはトランシルヴァニアのオルト地方では珍しいようです。おそらくカルパチア山脈を越えて移牧してきた羊飼いが伝えたのだろうと推測されています。

<20 Doina: "In padure duce-m-oi" 1分29秒>

12曲目と32曲目に入っているボチェッツも、ルーマニア初回のゲオルゲ・ザンフィルの時以来これまで何度か出て来ました。ザンフィルの演奏では「セルビア東部ヴラフ人の葬儀の音楽とイメージが重なるBocet(ボチェッツ)は、会葬者の慟哭の声まで生々しく描写した音楽」と言うことでしたが、ここでは意外に淡々と歌われています。2曲続けておかけします。

<12 Bocet: "La sot" (I) 1分35秒>
<32 Bocet: "La sot" (II) 1分13秒>

31曲目のRitual funebru: Cocosdaiulは「葬儀:雄鶏」と訳せるようで、これは数回前にムジカーシュでかけたSzól A Kakas Márを思い出させます。厳粛な雰囲気が女声合唱から伝わってきます。

<31 Ritual funebru: Cocosdaiul 1分51秒>

22~25曲目は結婚式の音楽で、24曲目と25曲目辺りの女性のコーラスと管楽器の演奏は、裏声を巧みに使った結婚式の儀礼歌です。アグネス・ヘルツクなど現代ハンガリーのトラッド界の女性歌手が、類似の歌唱を披露していたと思います。

<22 Ritual de nunta. Joc: "Pe drum" 53秒>
<23 Ritual de nunta. Cintec: Cintecul miresei 1分18秒>
<24 Ritual de nunta. Joc: "Cind pleaca mireasa la cununie" 35秒>
<25 Ritual de nunta: Strigaturi 31秒>

13、14曲目にはコリンドとありますので、クリスマス関連の歌になります。カウベルらしき音も入ったほのぼのとした14曲目を聞きながら今回はお別れです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<14 Ritual de Craciun. Colinde si urari 3分38秒>

|

« Ami Flammerのヴァイオリン | トップページ | 更にエネスコのヴァイオリン・ソナタ第3番 »

ルーマニア」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ami Flammerのヴァイオリン | トップページ | 更にエネスコのヴァイオリン・ソナタ第3番 »