« Erdélyi népzeneのチャンゴーから | トップページ | Hora Lunga(ホラ・ルンガ)について »

2022年7月20日 (水)

タラゴト(民族クラリネット)独奏とアナ・ホッスの歌声

このアナ・ホッスの楽団のタラゴトの音は、温かく素朴かつエキゾチックで凄く好きな音色です。クレズマー・クラリネットにも当然似ていますが、どこかが違っていて、それが気になります。2本目は少しサニエ・ク・ズルガライに似て聞こえるのが不思議です。音階は全く違うのに、歌詞の韻律とホラのリズム、装飾を含め音型が似ているように思います。この盤も廉価盤が出ていたので、映像に出ているのは、そのジャケットです。(以下放送原稿を再度)

ARCの「Ana Hossu & Friends / トランシルヴァニアの歌と踊り」からは2曲選んでみました。マラムレシュのベリンツァのタラゴトの独奏と「バイウトの丘」と言うアナ・ホッスと楽団の演奏です。

<3 Joc de-nceput din Berinta (Dance from Berinta) 1分31秒>

<22 Dealu' de la Baiut (The hills of Baiut) 2分>

|

« Erdélyi népzeneのチャンゴーから | トップページ | Hora Lunga(ホラ・ルンガ)について »

ルーマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Erdélyi népzeneのチャンゴーから | トップページ | Hora Lunga(ホラ・ルンガ)について »