« Hora Lunga(ホラ・ルンガ)について | トップページ | エチェル村の結婚式 »

2022年7月22日 (金)

カッコウは胡桃の上で鳴く

Ocoraの「トランシルヴァニアの真の伝統(La Vraie Tradition de Transylvanie)」から、番組ではかけなかった2曲を入れておきますが、その前に、先日色々検索していて偶然見つけたSofia Vicoveanca - „Cântă cucu-n vârf de nuc (Blestem morţii)”と言う映像のインパクトが余りに大きかったので、こちらを一本目に入れました。Cântă cucu-n vârf de nucを訳せば、今日のタイトルになると思います。この女性歌手Sofia Vicoveancaの出で立ちと鬼気迫るような歌唱を聞いて、さすがドラキュラ伝説の国と思いました。これもドイナの一種だと思いますが、こんな恐い歌唱は初めて聞きました。2本目は打って変わって明るめの曲ですが、余りの歌の上手さにまた驚きました。
3,4本目がLa Vraie Tradition de Transylvanieの10、11曲目です。Sava Negreanの歌は淡々としていて、西ヨーロッパの歌と聞き紛うような独唱です。

Sofia Vicoveanca - „Cântă cucu-n vârf de nuc (Blestem morţii)”

Sofia Vicoveanca - Cand eram la mama fata

Roumanie La Vraie Tradition de Transylvanie

Roumanie La Vraie Tradition de Transylvanie

|

« Hora Lunga(ホラ・ルンガ)について | トップページ | エチェル村の結婚式 »

ルーマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Hora Lunga(ホラ・ルンガ)について | トップページ | エチェル村の結婚式 »