« ハーリ・ヤーノシュの間奏曲 | トップページ | ラースロー・ベルキのチャールダーシュ »

2022年9月 5日 (月)

チャールダーシュ名曲集(「暗い日曜日」含む)

ゼアミdeワールド325回目の放送、日曜夜10時にありました。7日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。今日の動画は1曲目のみです。

ハンガリー音楽の6回目になります。今回はチャールダーシュ名曲集にしたいと思います。ブダペストのレストランでの実況録音などのチャールダーシュの手持ち音源はLPがほとんどで、いずれもメドレーで数曲を演奏している長い録音が多く、番組でかけるには不向きのため、アップルミュージックでCsardasと原文を入れて検索したら、出てきたのは見事に「モンティのチャールダーシュ」のみでした(笑) この傾向は日本で特に顕著なようで、音楽好きの数人に聞いてみたところ、ほぼ100%の確率で、チャルダッシュは「モンティのチャルダッシュ」の固有名詞と思っていたようです。繰り返しますが、チャールダーシュはハンガリーの舞曲の名前です。

アップルミュージックでたまたま見つけたCsardasklänge - Zigeunermusikと言う音源ですが、メドレーではなく色々いい曲が個別に入っていましたので、こちらを中心におかけします。

まずは前回の最後にかけて途中までになっていた曲から始めます。ビハリの作ったチャールダーシュ「無一文になって」として前々回かけた曲の後半と同じ曲が、Janos Szalay mit seiner Zigeuner-Kapelleの演奏に、A-Dur-Csardas(イ長調のチャールダーシュ)と言うタイトルで入っていますので、こちらを再度おかけします。この明朗で美しい旋律は、耳について離れない名調子です。

<5 A-Dur-Csardas 3分4秒>

次はCsardasklänge - Zigeunermusikではなく、私が1977年頃に録ったFM番組の音源です。ハンガリー音楽の専門家だった谷本一之さんが担当された「世界の民族音楽」の時間にかかったチャールダーシュで、演奏者等詳細は不明ですが、私の中では前にかけた「エチェル村の結婚式」の作者不詳のチャールダーシュハ短調と並んで、典型的なタイプとして記憶していた曲です。

<谷本一之氏のFM番組の音源 1分30秒>

Csardasklänge - Zigeunermusikに戻りまして、Hirtenlied (Bercsenyi dal es csardas)と言う曲の後半は、先ほど出てきた「エチェル村の結婚式」のチャールダーシュハ短調の旋律が登場します。こちらもJanos Szalay mit seiner Zigeuner-Kapelleの演奏です。

<Hirtenlied (Bercsenyi dal es csardas) 3分32秒>

次は1933年にシェレシュ・レジェーが書いたハンガリーの歌「暗い日曜日」(ハンガリー語: Szomorú vasárnap ソモルー・ヴァシャールナプ, 英語: Gloomy Sunday, フランス語: Sombre Dimanche)も入っていますので、Janos Szalayの楽団の演奏と、オリジナルのSebo Miklosのハンガリー語歌唱、日本の淡谷のり子の歌唱の3曲を続けます。チャールダーシュのジプシー楽団もよく取り上げていた曲です。「自殺者の出る曲」と言う都市伝説があることで有名で、1936年にフランスのダミアがカヴァーしてから、シャンソンの作品と誤解されることが多かった曲です。おそらく1936年のオリジナルと思われる淡谷のり子の録音には、他にもシャンソン、タンゴ、ラテンなどの名唱が多いので、またそれぞれの機会に取り上げるかも知れません。

<Trauriger Sonntag (Szomoru vasarnap) 2分23秒>
<Sebo Miklos / Szomorú Vasárnap 3分14秒>
<淡谷のり子 / 暗い日曜日 3分>

「暗い日曜日」の陰鬱なムードを一掃するために、Csardasklänge - Zigeunermusikから、明るいチャールダーシュ3曲を続けます。3曲目だけOriginal ungarische Zigeunerkappel Kalman Lendvayで、他の2曲は前と同じでJanos Szalayの楽団の演奏です。曲名の、Über die Theissが「ティサ川を越えて」、Die Stadt ist voll von Akazienblütenは「街はアカシアの花でいっぱい」、Gelbes Amselnestは「黄色いクロウタドリの巣」と訳せると思います。2曲目などは、オーストリア風な印象が強いように思いました。これらを聞きながら今回はお別れです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<Über die Theiss (Tiszan innen dunan tui) 2分40秒>
<Die Stadt ist voll von Akazienblüten (Tele van a varos akacfa viragal) 1分12秒>
<Gelbes Amselnest (Sarga Rigo Feszek) 2分55秒>

|

« ハーリ・ヤーノシュの間奏曲 | トップページ | ラースロー・ベルキのチャールダーシュ »

ハンガリー」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハーリ・ヤーノシュの間奏曲 | トップページ | ラースロー・ベルキのチャールダーシュ »