« ハンガリー狂詩曲の話 | トップページ | オペレッタとミュージカル »

2022年9月19日 (月)

チャールダーシュの女王 1962

ゼアミdeワールド327回目の放送、日曜夜10時にありました。21日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。今日は1962年のフンガロトン音源の2曲で、2曲目は当時のライヴ映像がありました。

ハンガリー音楽の8回目になります。今回はチャールダーシュ名曲集のクラシック編の2回目です。
まずは、エメリッヒ・カールマンが20世紀初頭に作曲したオペレッタ「チャールダーシュの女王」から冒頭の2曲をおかけします。ウィンナ・ワルツと19世紀にウィーンで大流行したハンガリーのチャールダーシュを組み合わせた音楽ですが、第一次大戦中の1915年に初演されたこともあり、ハプスブルク帝国の終焉の頃の退廃的な雰囲気が見え隠れする点で、同時代のレハールの甘美な音楽とも共通した響きがあると思います。

<Németh Marika, Gyenes Magda, Baksay Árpád & Operettszínház Zenekara / Csárdáskirálynő - Előjáték az I. felvonásból 2分33秒>

<Németh Marika, Gyenes Magda, Baksay Árpád, Operettszínház Zenekara, Bródy Tamás, Honthy Hanna, Rátonyi Róbert, Homm Pál & Feleky Kamill / Csárdáskirálynő - Szilvia belépője 2分39秒>

次に、ヨハン・シュトラウス2世のオペラ『騎士パズマン』から チャールダーシュをおかけします。このオペラは冗長で余り上演される機会がないそうですが、第3幕で演奏されるチャールダーシュは傑作と評価され、オペラとは別の作品番号が付されています。音楽の印象は、ハンガリーと言うより少しロシア的な部分も感じられるように思いました。

<クリスティアン・ティーレマン & ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 / Ritter Pásmán, Op. 441: Csárdás 4分23秒>

チャールダーシュは、ハンガリー語で「酒場」という意味のチャールダ csárdaに由来しますが、この言葉は直接にはハンガリー音楽に大きな貢献をしたユダヤ系作曲家ロージャヴェルジ・マールクの作った楽曲の名前から広まったという事ですので、この人の英語のウィキペディアに載っていたフンガロトンの音源Rózsavölgyi: Ballroom Dances (17 dances and dance -sequences)を当たって見ました。チャールダーシュと言う曲名では見当たりませんでしたが、2曲目のStinning Tune, for stringsが他のサイトにはSerkento (Stimulating Csardas)と出ていて、どうやらチャールダーシュに当たるようです。この曲を含むハンガリー的な曲調が感じられるヴェルブンコシュ他4曲を続けておかけします。

<First Hungarian Round Dance - Halljuk! - Hear! Hear! 2分36秒>
<Serkento (Stimulating Csardas) 2分32秒>
<First Hungarian Round Dance - III. Toborzó - Verbunkos 1分15秒>
<Sound of Hope from the East - III. Toborzó - Verbunkos 2分4秒>

では最後に「チャールダーシュの女王」のもう一つの演奏、アンネリーゼ・ローテンベルガー, オリヴェラ・ミリャコヴィチ, ニコライ・ゲッダ, ウィリー・マッテス指揮グラウンケ交響楽団&バイエルン国立歌劇場合唱団の演奏から、最初にかけた曲を再度聞きながら今回はお別れです。先ほどのハンガリー盤程には泥臭くなく、すっきりしたウィーン的な演奏のように思います。時間が余りましたら、ハンガリー盤から他の一曲Csárdáskirálynő - Az asszony összetörをおかけします。
気になるのは、エメリッヒ・カールマンとロージャヴェルジ・マールクは、二人ともユダヤ系の作曲家と言う点です。チャールダーシュにも特徴的なジプシー音楽由来のエキゾチックな増二度音程は東欧系ユダヤの音楽に頻繁に出て来ますので、その関係性をまた探れそうならゼアミブログで取り上げてみたいと思っています。次回はイェネー・フバイとダヴィッド・ポッパーの音楽を取り上げる予定です。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<Die Csárdásfürstin · Operette in 3 Akten (Highlights): Heia, heia, in den Bergen ist mein Heimatland (Sylva & Chor - Boni - Feri, 1.Akt) 3分17秒>
<Csárdáskirálynő - Az asszony összetör 5分11秒>

|

« ハンガリー狂詩曲の話 | トップページ | オペレッタとミュージカル »

ハンガリー」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンガリー狂詩曲の話 | トップページ | オペレッタとミュージカル »