« ヴェルブンコシュ風のサトゥマール民謡 | トップページ | ダンスハウスのフラッシュモブ »

2023年1月12日 (木)

三つの跳躍の踊り(Háromugrós)

更にもう一曲「エチェル村の結婚式」に出てきた曲がありますが、その曲名Üröm, Üröm, Fehér ÜrömでYouTube検索しても、他の旋律が出てくるだけでした。Ürömと言うのは「よもぎ」のようです。Fehérは「白い」です。番組でかけた曲は「三つの跳躍の踊り」の原曲ではないかと思われますが、聞いて頂いた方はうなずいて頂けるのではと思います。全音階降下曲と訳せそうな、diatonic descending tunesのグループに入っていて、これも納得がいくメロディラインです。その見つからない音源は、1957年トルナ県での女性重唱でした。こういう「かしまし娘」(笑)のような賑やかな女性重唱は、現代ハンガリーのトラッドでも結構耳にするように思います。
今日の動画は「三つの跳躍の踊り(Háromugrós)」のみで、1本目は「エチェル村の結婚式」の音源です。谷本一之氏のLPの解説には「ここで歌われている民謡はいずれも新しいタイプの歌で、ドナウ川以東の平原地帯、特に民謡の宝庫と言われる南部のカローチャ(Kalocsa)やデッチ(Decs)等の村々で歌われる有名な民謡です。」とありました。

Mézeskalács Néptáncegyüttes - Háromugrós

Three jumper ones, Háromugrós.

|

« ヴェルブンコシュ風のサトゥマール民謡 | トップページ | ダンスハウスのフラッシュモブ »

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴェルブンコシュ風のサトゥマール民謡 | トップページ | ダンスハウスのフラッシュモブ »