« 3人の歌姫ボグナール・シルヴィア、ヘルツク・アーグネシュ、サローキ・アーギ | トップページ | Cipity Lőrincのライブ映像 »

2023年2月22日 (水)

中庭には胡桃の木

サローキ・アーギ(Szalóki Ági)の特集をするに当たって、久々にソロ・アルバム数枚を聞き返しました。ハルガトーの中では最も「哀歌」らしく聞こえたこの曲が一番刺さりました。「中庭には胡桃の木」と言う曲名も良いですね。歌詞内容をよく吟味してみたくなります。余談ですが、この人はエルデーイ(トランシルヴァニア)のロマの血も引いているそうです。(以下放送原稿を再度)

彼女はハンガリーを代表するコンテンポラリー派トラッド・バンド『マカーム』や、ハンガリーのロマのツィンバロム奏者バログ・カールマーンとの共演などをはじめ、バルカン・トラッド・バンド『ベシュ・オ・ドロム』のヴォーカリストとしても活躍した美貌の女性歌手です。本当に綺麗な人で、若い頃はポール・デルヴォーの絵から抜け出てきたような雰囲気もありました。2005年前後からのソロ活動では、ジャズやチルドレン・ソング、30年代のバラードとの融合を試みた作品を幾つか出しています。

まずは2005年にFolkEurópaから出たHallgató / Lamentの中からKinek Van, Kinek Nincs…(中庭には胡桃の木)と言う曲をおかけします。アルバムタイトル通り、伝統的な「嘆き歌」を洗練されたジャズの伴奏で歌っています。この盤の原曲はモルドヴァやジメシュの曲のようです。

<Kinek Van, Kinek Nincs… 6分1秒>

|

« 3人の歌姫ボグナール・シルヴィア、ヘルツク・アーグネシュ、サローキ・アーギ | トップページ | Cipity Lőrincのライブ映像 »

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3人の歌姫ボグナール・シルヴィア、ヘルツク・アーグネシュ、サローキ・アーギ | トップページ | Cipity Lőrincのライブ映像 »