« Fono Zenekar / Mixtvra Cvltivalis | トップページ | In Memoriam Bohumil Hrabal »

2023年2月 8日 (水)

A Titkos Szerelem 秘密の愛

フォノー・ゼネカルのMixtvra Cvltivalisの冒頭を飾っていたEj, a titkos szerelem(秘密の愛)について調べてみましたら、ハンガリー北部で今はスロヴァキア領になっているMagyarbőd(スロヴァキア語ではBidovce)の民謡と分かりました。資料は主にMixtvra Cvltivalisのライナーノーツにありました。この辺りは独特なポリフォニーが残っていて、その代表的な歌のようです。今日の2本目の少女の二重唱(1分20秒辺りからがこの曲)が素晴らしく、フォノー・ゼネカルの歌唱では男女が歌っているためポリフォニーが際立たずユニゾンの部分が目立つようにも聞こえましたが、この映像では同じ音域の女性の声だから細かい音の動きがよく聞き取れます。1本目はフォノー・ゼネカルの20周年の映像のようですが、女性歌手がヘルツク・アーグネシュではなく、Navratil Andreaに変わっています。ニコラ・パロフとの活動に重心が置かれて、外れたのでしょうか。これが残念ですが、演奏はGombai Tamásのヴァイオリン・ソロを初め大変に素晴らしいです。

A Fonó Zenekar 20 éves - Ej, a titkos szerelem

"Ej, a titkos szerelem titkosan kezdődik"

|

« Fono Zenekar / Mixtvra Cvltivalis | トップページ | In Memoriam Bohumil Hrabal »

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Fono Zenekar / Mixtvra Cvltivalis | トップページ | In Memoriam Bohumil Hrabal »