« ベラ・ハルモーシュの葬儀と追悼コンサート | トップページ | テーカ1989 »

2023年4月10日 (月)

テーカとメータ

ゼアミdeワールド354回目の放送、日曜夜10時にありました。12日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。番組はFMラヂオバリバリのホームページ、http://www.baribari789.com/から、どこででもお聞き頂けます。

ハンガリー音楽の34回目になります。そして、現代ハンガリー・トラッドの11回目になります。今回は、ダンスハウス運動の初期から活動している老舗グループ2つの音源をご紹介したいと思います。テーカが1976年、メータが1983年に活動開始しています。
テーカは結成された1976年の翌年からバルトーク舞踊団専属の楽団として活動し、ハンガリー農村音楽を追及してきましたが、縦に構える伴奏ヴィオラの特徴的な演奏風景をジャケットに持ってきたŐskelet (Ancient East)には、ルーマニア北西部に位置しハンガリーと接するアラド県とビハール県のルーマニア民俗音楽と言う曲が入っていて、曲名通りハンガリー系音楽ではないのだとしたら、彼らとしては稀な曲だと思います。様々な楽器をトップに据えたスピード感溢れる5曲で組曲のようになっていますので、5曲続けておかけします。

<Arad és bihar megyei román népzene (Cimpoi) 3分6秒>

<Arad és bihar megyei román népzene (Roata) 2分37秒>

<Arad és bihar megyei román népzene (Poarga) 1分25秒>

<Arad és bihar megyei román népzene (Ardeleana) 2分13秒>

<Arad és bihar megyei román népzene (Minintalu) 3分16秒>

次にテーカと似た名前にも思えるメータの音源ですが、ハンガリー盤のライセンスリリースかも知れないイギリスARCの2枚が手元にありますので、Traditional Hungaryと言う盤から、エルデーイの中でも古いハンガリー音楽が色濃く残るカロタセグの曲でFekete Gyász, Fehér Ürömと言う曲をおかけします。曲名は「黒い嘆きと白い苦味」と訳せるようです。

<8 Fekete Gyász, Fehér Üröm 7分36秒>

では最後に、メータのもう一枚Gypsy Music from Hugaryから、Lajos Kossuth Wanted You To Know...と言う、ハンガリーの国民的英雄になっている独立運動の指導者コッシュートをテーマにした曲を時間まで聞きながら今回はお別れです。この盤はツィンバロムの名手カールマン・バログとの共演盤で、彼のツィンバロムをフィーチャーしています。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<6 Lajos Kossuth Wanted You To Know 5分8秒>

|

« ベラ・ハルモーシュの葬儀と追悼コンサート | トップページ | テーカ1989 »

ハンガリー」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベラ・ハルモーシュの葬儀と追悼コンサート | トップページ | テーカ1989 »