« Kapelyeでのマイケル・アルパート | トップページ | ヘンリー・サポズニクのバンジョー弾き語り »

2023年11月 9日 (木)

Old-Time Jewish-American RadioからAbi Gezint

カペリエの1995年リリースの3枚目のOld-Time Jewish-American Radioからは、イディッシュ語のノスタルジックな名歌アビ・ゲズィントと、クレズマーらしいエキゾチックなBerditchever Khusidi/Mazel Tov Mekhutonimを番組でかける予定でしたが、2曲目は時間切れでかけられずでしたので、今回入れておきます。しかしカペリエはマイケル・アルパートが抜けた後、この3枚目が出た後にヘンリー・サポズニクも脱退し、両巨頭が抜けた後は、どうなったのでしょうか。1,2枚はリリース作を見かけましたが、今はKapelyeと検索してもKlezmerのページが出るだけです。あるいは、ディ・ナイェ・カペリエと言う別のグループの情報の方が出て来ます。
バイ・ミール・ビスト・ドゥ・シェーンなどと並んでイディッシュ・スイングとも形容される名歌アビ・ゲズィントは、まずクレズマー・コンサーヴァトリー・バンド(KCB)にいたジュディ・ブレスラーの歌唱でよく覚えています。具体的に言えば、95年に出た名ヴァイオリニストのイツァーク・パールマンとのセッションを記録したIn the Fiddler`s Houseのビデオで見てからですが。このVHSでは、KCBだけでなく、ブレイヴ・オールド・ワールドとのバサラビエや、クレズマティクスとの共演も最高で、往年のイディッシュ歌手まで登場して、とにかく見どころ満載でした。DVDも出ていたようですが、今は廃盤のようです。

<16 Abi Gezint 4分18秒>

<19 Berditchever Khusidi/Mazel Tov Mekhutonim 4分16秒>

|

« Kapelyeでのマイケル・アルパート | トップページ | ヘンリー・サポズニクのバンジョー弾き語り »

イディッシュ」カテゴリの記事

クレズマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Kapelyeでのマイケル・アルパート | トップページ | ヘンリー・サポズニクのバンジョー弾き語り »