« アラム語による詩篇唱 | トップページ | カントールの芸術 ジャン・ピアース »

2023年12月28日 (木)

トリオ・マンディリによる詩篇唱

昨日上げた「アラム語による詩篇唱」を歌っていたFather Seraphim は、ジョージア(グルジア)に住むアッシリア系キリスト教徒だそうです。だから族際語とも言えるロシア語で話していたのでしょう。今日は同じ詩篇50編をトリオ・マンディリが歌った映像がありましたので、上げておきます。アラム語歌詞からグルジア語に訳された詩で歌っているようです。年内は明日までアップする予定ですが、今週の番組の後半で取り上げたユダヤのハヌカー関連にするか、このまま東方教会で終えるか考え中です。
シリアのキリスト教は大変複雑で、西シリア典礼はカルケドンか非カルケドンかで分れ、シリア正教会は非カルケドン、アンティオキア総主教庁(あるいはアンティオキア正教会)はカルケドンに入り、別の一派でした。西シリア典礼の中には更に、カトリックの教義を受け入れた教会もあって、シリア典礼カトリック教会などがあります。
昨日のアッシリア東方教会は、別グループの東シリア典礼の方になり、古代のネストリウス派(431年のエフェソス公会議において異端とされ、唐代の中国においては「景教」と呼ばれた)の流れを継承しているそうです。Father Seraphim がグルジアにいることで、トリオ・マンディリのメンバーも影響を受けることがあるのでしょうか。彼女らは先日はユダヤの宗教歌をヘブライ語で歌っていましたし、グルジアはやはり多民族・多文化が混交する大変に興味深い場所に思えます。

Trio Mandili - Psalm 50


|

« アラム語による詩篇唱 | トップページ | カントールの芸術 ジャン・ピアース »

コーカサス (カフカス)」カテゴリの記事

東方教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラム語による詩篇唱 | トップページ | カントールの芸術 ジャン・ピアース »