« In the Fiddler`s House ~ウェディング・ダンス | トップページ | Firn di Mekhutonimとヴァイオリンの話 »

2024年2月28日 (水)

In the Fiddler`s House~バサラビエ(ベッサラビア)

この冒頭映像から何度見たか分からない程ですが、初めて見て30年近く経っても、まだまだ刺激的です。冒頭はブレイヴ・オールド・ワールドがまず登場します。3分20秒頃からはクラクフ・ゲットー跡での演奏で、女性ヴァイオリニスト、デボラ・シュトラウスがドイナで共演しています。瑞々しい演奏で、当時注目しました。来週彼女の音源も取り上げます。そして6分頃から、パールマンが入ってバサラビエの初?合わせ。このシーンから、アラン・ベルンのアコーディオン、マイケル・アルパートのイディッシュ語歌唱など最高で、パールマンも最初はメンデルスゾーンの一節で返すも(笑)、すぐにバサラビエに即興で対応していて凄すぎ。2本目は番組でかけたスタジオ録音です。

Itzhak Perelman in the Fiddler's House - 1

<6 Basarabye 6分59秒>

|

« In the Fiddler`s House ~ウェディング・ダンス | トップページ | Firn di Mekhutonimとヴァイオリンの話 »

クレズマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« In the Fiddler`s House ~ウェディング・ダンス | トップページ | Firn di Mekhutonimとヴァイオリンの話 »