« アピコルシムの英訳字幕 This Land Is Your Land | トップページ | クレズマティクスによる詩篇23編 ミズモール・レダヴィッド »

2024年2月 5日 (月)

Zmiros Project~Sholoym aleykhem

ゼアミdeワールド396回目の放送、日曜夜10時にありました。7日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。今日はSholoym aleykhem2曲。

東欧系ユダヤ音楽の34回目になります。アメリカのリヴァイヴァル・クレズマーの「雄」と呼ばれて久しいクレズマティクスで4回続けましたが、今回はクレズマティクスの番外編としまして、メンバーであるロリン・スクランベルク、フランク・ロンドン、デヴィッド・クラカウアーのソロアルバムからおかけしたいと思います。

まずフランク・ロンドン&ロリン・スクランベルクのZmiros Projectと言う2002年のTraditional Crossroads盤です。ズミロスあるいはズミロットとは、「賛歌」のような意味でクレズマーの後半のズマーあるいはゼメルと同語根の複数形です。クレズマティクスの二人が作ったズミロット・プロジェクトのアルバムは、ヘブライ語の宗教的な歌とイディッシュ民謡、ハシディック・ニグンに特化した内容になっています。ブレイヴ・オールド・ワールドのマイケル・アルパートと肩を並べるほどの本格的Yiddish Singer、スクランベルクの歌がとにかく最高で、綴り自体そうですが、ヘブライ語と思えないほどアシュケナージ訛りの強い発音が興味深いです。リリース当時話題だったレトロ電子楽器テレミンは飛び出すわ、ダクソフォンや大正琴は入るわで、とても楽しいアルバムでした。収録曲は、Sholom aleykhem1&2, Veshomru, Azameyr bishvokhin, Mizmoyr ledavid, Omar hashem leyakoyv, Tsur misheloy, Eyliyohu hanovi, Az nisht keyn emune, A gute vokhとなっていまして、終わりの2曲はイディッシュ語ですが、他は全てヘブライ語歌詞です。編成は、フランク・ロンドン(tp,cornet,altoHn等)、ロリン・スクランベルク(歌、Accordeon)、ロブ・シュヴィムマー(Harmonium,pf,theremin,daxophone,大正琴等)となっています。ではこの盤から、シャバトの歌「ショロム・アレイヘム」2曲を続けておかけします。

<1 The Zmiros Project / Sholoym aleykhem I 3分29秒>

<2 The Zmiros Project / Sholoym aleykhem II 3分48秒>

もう一曲Zmiros Projectから、5曲目のミズモール・レダヴィッドと言う曲は、旧約聖書の詩篇23編のヘブライ語原文をほぼそのまま歌っています。30年ほど前にヘブライ語教室で暗誦したので、今でもはっきり覚えています。名高いダヴィデの詩篇に、こういうハシディックな旋律を付けて歌われていることに、新鮮な驚きを覚えました。「賛歌」の意味のミズモールも、クレズマーのズマーあるいはゼメルと同語根の言葉です。

<5 The Zmiros Project / Mizmoyr ledovid 4分23秒>

フランク・ロンドンが2005年にツァディクからリリースしたHazonosは、ジョン・ゾーンのレーベルですから、バックはアヴァンギャルドな装いになっていて、その上でオーソドックスなカントール(ハザン)の歌声にフランク・ロンドンのトランペットが伴奏で付いていくという斬新な試みが聞けました。特にカントールらしい旋律が美しいShir Hama'alos Pt. 2をおかけしておきます。

<7 Frank London / Hazonos ~Shir Hama'alos Pt. 2 5分22秒>

95年に同じくツァディクから出たデヴィッド・クラカウアーのクレズマー・マッドネスですが、Bocota Bulgarと言う曲の、ラテンリズムに乗せての古い録音の残るクレズマー曲がクラリネット演奏では出色だと思いますが、ライナーノーツで歌詞と解説が見開きで入っている通り、おそらくこの盤の目玉は「チェルノブイリのバラード」と言う曲で、ブレイヴ・オールド・ワールドのマイケル・アルパートがゲスト・ヴォーカルで参加しています。ブレイヴ・オールド・ワールドのファーストアルバムに、かつて繁栄したユダヤ人居住区シュテトルであり、重要なハシディズムの本拠地でもあった町としての「チェルノブイリ」と言う曲があったことをすぐさま思い出させます。今では原発事故のみで知られるこの町に、そんな輝いた時期があったことが綴られています。この2曲を聞きながら今回はお別れです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<2 David Krakauer / Klezmer Madness! ~Bocota Bulgar 4分6秒>
<7 David Krakauer / Klezmer Madness! ~The Ballad of Chernobyl 5分19秒>

|

« アピコルシムの英訳字幕 This Land Is Your Land | トップページ | クレズマティクスによる詩篇23編 ミズモール・レダヴィッド »

クレズマー」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アピコルシムの英訳字幕 This Land Is Your Land | トップページ | クレズマティクスによる詩篇23編 ミズモール・レダヴィッド »