« ディ・ナイェ・カペリエのカルパチア風味 | トップページ | ハシディック・ソングの原曲とハンガリー音楽 »

2024年4月10日 (水)

シャバトのチャールダーシュ

ディ・ナイェ・カペリエの2001年に出た2枚目のアルバムA Mazeldiker Yidでは、リズミカルなジプシーのケレマスキ・ジリのフィーリングも上手くチャールダーシュに織り込んでいるように思いますが、そのシャバトのチャールダーシュ、999/Yom Ha-Shabbesをまずおかけします。
このように番組では紹介しましたが、ハシディック・ソングの原曲と、その曲をテーマにしたハンガリー音楽の14、15曲目と並んで、特に驚いた曲の一つ。Yom Ha-Shabbesは、ヘブライ語で「シャバト(安息日)の日」の意味ですが、999は解説を読んでも不明のままでした。実際にシャバトに歌われるハシディックの旋律が、農村系の速いチャールダーシュ(つまりはケレマスキ・ジリ)に乗せて歌われています。

<4 999/Yom Ha-Shabbes 3分33秒>


|

« ディ・ナイェ・カペリエのカルパチア風味 | トップページ | ハシディック・ソングの原曲とハンガリー音楽 »

クレズマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディ・ナイェ・カペリエのカルパチア風味 | トップページ | ハシディック・ソングの原曲とハンガリー音楽 »