« ベッサラビアのシンフォニー | トップページ | ジョエル・ルービン&エプスタイン・ブラザース・オルケストラ »

2024年4月 3日 (水)

ベッサラビアのシンフォニー3曲

クラリネットとツィンブル又はアコーディオンだけの古いスタイルのクレズマー演奏を聞かせる「ジョエル・ルービン&ジョシュア・ホロヴィッツ/ベッサラビアのシンフォニー」が出た1994年頃はクレズマーブーム真っ盛りで、よく売れていたものですから、あると思っていた資料が残っていませんでした。ですので曲の詳細の照会が出来ませんが、このアルバムタイトル曲は3曲に分かれていて、1曲目はツィンブル・ソロで静かに始まり、2本目でクラリネットが途中から加わり、3本目は大体がデュオと言う構成になっています。何故3つに分かれているのかは、よく分からなくなってしまいました。番組では3本目だけかけましたが、今日は3本まとめて入れておきます。ジャケットに出ているツィンブルの立奏も珍しい図ですが、立ってチェロを弾いているのにも大変驚いたものです。衣装や帽子も大変風変りです。当時はベッサラビアと言う地名も、一般にはほとんど知られてなかったと思います。

Bessarabian Symphony 1

Bessarabian Symphony 2

Bessarabian Symphony 3

|

« ベッサラビアのシンフォニー | トップページ | ジョエル・ルービン&エプスタイン・ブラザース・オルケストラ »

クレズマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベッサラビアのシンフォニー | トップページ | ジョエル・ルービン&エプスタイン・ブラザース・オルケストラ »