« Deborah Strauss and Jeff Warschauer夫妻 | トップページ | バアル・シェム・トーブをイメージしたBerl`s Tune »

2024年4月19日 (金)

Ensemble Draj / Kinderjorn

アンサンブル・ドライのキンデルヨルンについては、ジャケットがとても印象的です。楽器かもと最初思いましたが、これはタイトル通り、子供の遊具でしょう。そのキンデルヨルンも素晴らしい演奏ですが、この曲ではチェロが出てこないので外しました。(以下放送原稿を再度)

次はイディッシュ・ソングになりますが、Ensemble Draj / Kinderjornと言う2006年の盤です。 独Laika Recordsから出ていて、女性ヴォーカルにチェロ、アコーディオンのみというユニークな編成です。ゲットーで生まれた物悲しいイディッシュ・ソングですが、室内楽サウンドで静かに演じられると、ECM風のクールな趣きにも聞こえます。この盤から、他の演奏でも何度かかけたイディッシュ名曲のOifn Pripetschikをおかけします。その後時間が余ればPapir Is Doch Wajssまでおかけします。

<4 Ensemble Draj / Kinderjorn ~Oifn Pripetschik 4分5秒>

<9 Ensemble Draj / Kinderjorn ~Papir Is Doch Wajss 2分39秒>

|

« Deborah Strauss and Jeff Warschauer夫妻 | トップページ | バアル・シェム・トーブをイメージしたBerl`s Tune »

イディッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Deborah Strauss and Jeff Warschauer夫妻 | トップページ | バアル・シェム・トーブをイメージしたBerl`s Tune »