« 100年前のハシディック・ニグン | トップページ | Joseph CherniavskyとKandel's Orchestra »

2024年5月 2日 (木)

アベ・シュヴァルツ?

Abe Schwartzは、英語読みで「エイブ・シュヴァルツ」とするのが一般的な表記になっていますが、正直に言いますとラウンダー盤が出た93年頃はアベ・シュヴァルツと読んでいました(笑) 当時は日本語資料は皆無でしたから。しかし、この人の出身はルーマニアなので、アベが正しいのではと思いますが、どうなのでしょうか。ルーマニアではエイブとは読まないと思います。それとA Dreidele Far All-Freilachsと言うタイトルですが、英訳はA Dance For Everyoneとだけなっていますが、Dreideleはおそらくハヌカーに回す駒の事だと思いますから、ハヌカー絡みの曲ではと思います。この曲の動画はラウンダー盤ジャケットのものもありますが、ヴァイオリニストとしてのエイブ・シュヴァルツが写っている方にしておきます。いつも気になりますが、ピアノ伴奏の黒髪の麗人はSchwartz婦人でしょうか?(以下放送原稿を再度)

エイブ・シュヴァルツ楽団(Abe Schwartz's Orchestra)の音源は2曲ありますが、8曲目のA Dreidele Far All-Freilachs (A Dance For Everyone)をおかけします。数多のクレズマーの名演奏家を育て、名曲を残した楽団の演奏です。この曲もリヴァイヴァル・クレズマーの演奏でよく聞く曲です。

<8 A Dreidele Far All-Freilachs (A Dance For Everyone) 3分8秒>

|

« 100年前のハシディック・ニグン | トップページ | Joseph CherniavskyとKandel's Orchestra »

クレズマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100年前のハシディック・ニグン | トップページ | Joseph CherniavskyとKandel's Orchestra »