« Lebedik Un Freylach (Lively And Happy)から | トップページ | A nakht in gan eydnとカマリンスカヤ »

2024年5月16日 (木)

ルスティヒ・ザインと戒律の踊り

しかし、ルスティヒ・ザインの名旋律をリヴァイヴァル・クレズマーで余り聞く機会がなかったのは何故なのか、考えてみれば不思議です。エイブ・シュヴァルツの音源から番組でかけた残り3曲の内、Mitzvoh Tantz, Mit Der Kalehについては解説もしていませんでした。花嫁とのミツヴォーの踊りですから、「花嫁との戒律の踊り」と訳せると思います。このタイトルは、フランソワ・リリエンフェルトのイスマッフ・モイシェを思い出します。この曲はグローバル・ヴィレッジのカセットで最初に聞いたと思いますが、あれはエイブ・シュヴァルツだったかどうか。Mazel Tov (Good Luck)は、残念ながら検索して出てくるのは別の曲のMazel Tov Mechutonimばかりでした。(以下放送原稿を再度)

続く3曲もこれまでに出て来ましたが、最初のTantz, Tantz, Yiddelachは、何度も登場した有名なハシディック・ニグンのルスティヒ・ザインの旋律です。Mazel Tov (Good Luck おめでとう)と言う曲は、In the Fiddler`s Houseのビデオの中でイツァーク・パールマンがクレズマー・コンサーヴァトリー・バンドと演奏していた「結婚式の踊り」の旋律です。

<10 Tantz, Tantz, Yiddelach (Dance On, Dance On) 3分11秒>

<12 Mitzvoh Tantz, Mit Der Kaleh (Mitsce-tants With the Bride) 3分13秒>

<13 Mazel Tov (Good Luck) 3分22秒>

|

« Lebedik Un Freylach (Lively And Happy)から | トップページ | A nakht in gan eydnとカマリンスカヤ »

クレズマー」カテゴリの記事

ハシディック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Lebedik Un Freylach (Lively And Happy)から | トップページ | A nakht in gan eydnとカマリンスカヤ »