« Firn di Mekhutonim aheymとFifteen Years Away From Home | トップページ | ハサポセルヴィコとブルガールのどちらとも取れるガラタ »

2024年5月27日 (月)

往年のクラリネット名人Dave Tarras

ゼアミdeワールド412回目の放送、日曜夜10時にありました。29日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。今日はYiddish-American Klezmer Music - 1925-1956の4曲です。

東欧系ユダヤ音楽の50回目になります。クレズマーの100年位前の歴史的録音を聞いておりますが、今回は5回目になります。今回はウクライナ生まれのアメリカのクレズマーのクラリネット奏者およびバンドリーダーのデイヴ・タラスの音源をおかけします。生没年は、1895年頃~1989年ですから、前回のナフテュール・ブランドヴァインより10歳ほど年下の人です。19世紀生まれですが、デイヴ・タラスは長生きしたので、晩年にリヴァイヴァル・クレズマーのムーヴメントにも立ち会うことになり、アンディ・スタットマンなど70、80年代のムーヴメントの中心人物も指導しています。
彼はクレズマーの家系の出身で、1909年頃にクラリネットに転向するまで、フルートを初めバラライカ、ギター、マンドリンも演奏したそうです。バラライカを構えた少年時代の写真は、ヘンリー・サポズニクの楽譜で見たことがあります。ロシア帝国を離れた後、短期間ルーマニアのブカレスト滞在を経て、イギリスに渡った後、1921年にニューヨークへ出航。そこでしばらく縫製工場で働いたそうですが、ミュージシャンとして稼げることに気づき、ニューヨークのクレズマーアンサンブルでクラリネット奏者として演奏、イディッシュ演劇の人気スターや当時の偉大なカントールの伴奏者としても活動していたそうです。
ユダヤ音楽に加えて、ギリシア、ポーランド、ロシアの曲も録音し、様々なスタイルを演奏する彼の能力から、控えめに見積もっても、生涯で500回のレコーディングに参加したと考えられています。彼の技術と信頼性により、当時の他のクレズマーの先駆者たちよりも何年も長く演奏することができました。帝政軍楽隊で演奏した経験、楽譜を読む能力、そして卓越した演奏能力により、楽隊リーダーの間で人気者になり、第二次世界大戦後、クレズマー音楽が流行らなくなった後も、タラスは依然として積極的に録音し演奏する数少ないミュージシャンの一人でした。
彼のレパートリーは、ベッサラビアのルーツとユダヤ音楽とジプシー (ロマ) 音楽の影響から生まれますが、「アメリカのポピュラー音楽と、ヨーロッパのルーツを融合させた新しいクレズマー・サウンド」を創造したことで、リヴァイヴァル・クレズマーの音楽家から絶大な支持を得ていたと思います。

では、他ジャンルとのセッション音源も多いヤズーのYiddish-American Klezmer Music - 1925-1956から、4曲続けておかけします。演奏は順にAbe Schwartz's Orchestra、Joseph Cherniavsky's Yiddish-American Jazz Band、Seymour Rechtzeit With Abe Ellstein Orchestra、Lou Lockett's Orchestraの一員としての演奏です。

<1 Abe Schwartz's Orchestra / Unzer Toirele 3分7秒>

<2 Joseph Cherniavsky's Yiddish-American Jazz Band / Yiddisher March 2分55秒>

<8 Seymour Rechtzeit With Abe Ellstein Orchestra / Hopkele 2分36秒>

<21 Lou Lockett's Orchestra / Freilachs 2分58秒>

自身のアンサンブルによるグローバル・ヴィレッジのMaster Of Klezmer Music (Volume One) - 1929-1949から、4曲おかけします。先程の盤と比べて純クレズマー寄りで、思う存分クレズマーしている印象が強い盤です。ギリシアのハサポセルヴィコとウクライナ~ルーマニアのユダヤのブルガールのどちらとも取れる舞踊曲のガラタ、ブコヴィナのフレイレフ、ロシアン・シェール、ブルガールのDuvid Shpil Es Nukh Amulと続きます。これらの曲を時間まで聞きながら今回はお別れです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<6 Galatas [Greek Series] Zeinden's Tants (Grandfather's Dance) [Jewish Series] 2分43秒>
<8 Bukoviner Freylekh 3分>
<11 Russian Sher 3分11秒>
<13 Duvid Shpil Es Nukh Amul (Play It Again, Dave) - Bulgar 3分12秒>

|

« Firn di Mekhutonim aheymとFifteen Years Away From Home | トップページ | ハサポセルヴィコとブルガールのどちらとも取れるガラタ »

クレズマー」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Firn di Mekhutonim aheymとFifteen Years Away From Home | トップページ | ハサポセルヴィコとブルガールのどちらとも取れるガラタ »