« Yikhes: Frühe Klezmer-Aufnahmen von 1907-1939 | トップページ | Lebedik Un Freylach (Lively And Happy)から »

2024年5月13日 (月)

エイブ・シュヴァルツのロシアン・シェール

ゼアミdeワールド410回目の放送、日曜夜10時にありました。15日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。父娘の写ったサムネイルでは意外に動画が見つかりにくいので、今日はとりあえずロシアン・シェールのみです。ピアノ伴奏の佳人は、撮影当時14歳のエイブ・シュヴァルツの娘さんだそうです。

東欧系ユダヤ音楽の48回目になります。クレズマーの100年位前の歴史的録音を聞いておりますが、今回は3回目になります。米Rounderから93年に出ていたKlezmer Pioneers - European and American Recordings 1905-1952に入っていたエイブ・シュヴァルツ楽団とカンデル楽団(Kandel's Orchestra)の単発音源からおかけします。

まずエイブ・シュヴァルツの方は、Volume One - First Recordings 1917と言うGlobal Village盤です。ロシア革命の年の録音ですが、1880年生まれのエイブ・シュヴァルツは、既にロシアからアメリカに渡ってきた後ではないかと思います。
ゼアミブログに書いたことの繰り返しになりますが、Abe Schwartzは、英語読みで「エイブ・シュヴァルツ」とするのが一般的な表記になっていますが、正直に言いますとラウンダー盤が出た93年頃はアベ・シュヴァルツと読んでいました(笑) しかし、この人の出身はルーマニアなので、アベが正しいのではと思いますが、どうなのでしょうか。ルーマニアをはじめとして英語圏以外ではエイブとは読まないと思います。アブラハムのアブか、ヘブライ語で「父」の意味のアヴに「私の」の人称接尾辞が付いたアヴィと言うののどちらかが語源ではと思いますが、bとvの違いがありますので、おそらくアブラハムの省略形だと思います。何故それがアベとなっているのかは謎です。

この盤から、まず3曲おかけしますが、いずれもこれまでに出てきたクレズマー名曲ばかりです。

<1 Russian Sher 3分6秒>

<4 Die Ziberne Chassene (The Silver Wedding) 3分9秒>
<7 Keshenerevr Bulgar 3分10秒>

続く3曲もこれまでに出て来ましたが、最初のTantz, Tantz, Yiddelachは、何度も登場した有名なハシディック・ニグンのルスティヒ・ザインの旋律です。Mazel Tov (Good Luck おめでとう)と言う曲は、In the Fiddler`s Houseのビデオの中でイツァーク・パールマンがクレズマー・コンサーヴァトリー・バンドと演奏していた「結婚式の踊り」の旋律です。

<10 Tantz, Tantz, Yiddelach (Dance On, Dance On) 3分11秒>
<12 Mitzvoh Tantz, Mit Der Kaleh (Mitsce-tants With the Bride) 3分13秒>
<13 Mazel Tov (Good Luck) 3分22秒>

ハリー・カンデルの方は、先日2曲かけていますし、現物も手元にはないので、今回は2曲だけですが、特に個人的に耳に残っていた曲を入れておきます。曲名を見るだけでもRussian Komarinska(ロシアのカマリンスカヤ)、Hopak(コサック・ダンス)、Kolomeyka(コロメイカ)のように、彼の出身地ロシアやウクライナの伝統音楽がはっきり見て取れますが、これからかける10曲目もRussian Peasant Dance(ロシアの農民の踊り)と英訳があります。もう一曲はPatch Tanz (Hand Clapping Dance)ですが、入れば続けておかけします。これらの曲を聞きながら今回はお別れです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<10 Froeleiche Russiska (Russian Peasant Dance) 2分55秒>
<7 Patch Tanz (Hand Clapping Dance) 3分10秒>

|

« Yikhes: Frühe Klezmer-Aufnahmen von 1907-1939 | トップページ | Lebedik Un Freylach (Lively And Happy)から »

クレズマー」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Yikhes: Frühe Klezmer-Aufnahmen von 1907-1939 | トップページ | Lebedik Un Freylach (Lively And Happy)から »