« Nigun Karlinの部分 | トップページ | シムハット・トーラーでのハシディック音楽 カルリバッハ »

2024年6月13日 (木)

シュニーレレ・ペレレ(真珠の弦)とカントール入り

番組ではかけませんでしたが、「アネイヌー エルサレムのスィムハット・トーラーの祭でのハシディック音楽」を久々に聞いていて異色に思ったのが、18曲目の冒頭のカントール入りの曲Prok yat anakh (Prayer for fifth hakafah)と、31曲目のシュニーレレ・ペレレ(真珠の弦)でした。シュニーレレ・ペレレは、クレズマティクスがよく演奏していた曲で、確か元はハシディック・ソングですが、クレズマティクスの演奏を思い出しながら聞いてしまいました。クラリネット独奏のモシェ・ムッサ・バーリンが逆に影響を受けた部分はないのでしょうか。曲名表記にShnirele perele (Hora pt. 4)とあるようにルーマニア辺りの「ホラ」のリズムのようですが、この打楽器のリズムを聞くとかなりオリエンタルに聞こえます。

Shnirele perele (Hora pt. 4)

Prok yat anakh (Prayer for fifth hakafah)

|

« Nigun Karlinの部分 | トップページ | シムハット・トーラーでのハシディック音楽 カルリバッハ »

クレズマー」カテゴリの記事

ハシディック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nigun Karlinの部分 | トップページ | シムハット・トーラーでのハシディック音楽 カルリバッハ »