ルーマニア

2021年3月26日 (金)

2012年と1994年のタラフ・ドゥ・ハイドゥークス

マケドニア音楽巡りの途中ですが、昨日久々にタラフ・ドゥ・ハイドゥークスの映像を見て、すっかり懐かしくなってしまいましたので、今日は2012年1月の100分のライブ映像をメインに上げておきます。来週もエスマとコチャニですので、また来週たっぷりやります。
カリウによるパガニーニのカプリース24番の変奏から始まるこの映像は見所満載。2012年と言えば、2007年のクラシックに挑戦した「仮面舞踏会」が出てから5年。この映像で37分位からのバルトークの「ルーマニア民族舞曲」と、47分位からのハチャトゥリアンのレズギンカの演奏も更に進化していました。嬉しいのはカリウの息子のロベルトの成長ぶりで、父がよくやっているトレモロの弓での超高速ジプシー音階のスケールも披露しています。2005年にUターンしてからは上京してまでライブに行けず見れてなかったので、既に10年近く前の映像ですが、更なる活躍を見れて嬉しい限りです。
でも、そろそろ新旧世代交代の時期に差し掛かるでしょうか。縦笛のゲオルゲ・ファルカルは2016年に62歳の若さで亡くなったと聞きました。彼が吹いている22分位からのムンテニアかオルテニアの曲Brîuですが、私は70年代にゲオルゲ・ザンフィルのパンパイプのLPで最初に聞きました。この猛スピードですから、穴のある笛でも大変そうなのに、音の高さの変化は移動するしかないパンパイプ(ナイ)で吹くのは、想像するだけで目が回りそうです(笑) 悲しいことにプロフィールを見ると、いつもオールバックでダンディな歌手Ilie Iorgaがこの2012年の6月に84歳で、いつも陽気なヴァイオリンと歌のPaul Guiclea ("Pașalan")も2018年に86歳で亡くなったそうです。この爺ちゃん二人が中央に並ぶ30分過ぎからの名曲「小さなつぼみ」を聴いて涙が出ました。

TARAF DE HAÏDOUKS

2本目は1994年のライブで、この頃はニコラエ・ネアクシュとツィンバロムのDumitru Baicu ("Cacurică")が、現役バリバリでした。この二人と、歌とヴァイオリンのIon Manoleがオコラの「ワラキアのジプシー音楽」の中心メンバーでした。ネアクシュ爺さん、名物糸弾きヴァイオリンもしっかり披露しています(笑) この頃クラムドの数枚は出ていたと思いますが、まだカリウとコスティカのツートップに変わる前です。Nicolae Neacșu ("Culai")は2002年に78歳で、Dumitru Baicu ("Cacurică")は2007年に76歳で亡くなっています。ネアクシュより4つ年上のイオン・マノレがメンバーの中では長老のようで、2002年に亡くなっているので、2000年の来日の時にも姿が見えなかったのでしょう。

Taraf de Haidouks en concert 1994

| | コメント (0)

2021年3月25日 (木)

タラフ・ドゥ・ハイドゥークス&コチャニ・オルケスタル

ルーマニアのタラフ・ドゥ・ハイドゥークスのライブには、2000年の初来日以来、Uターン前の2004年までに4回行きました。90年代にオコラ盤「ワラキアのジプシー音楽」で聞いていたニコラエ・ネアクシュ爺さんの至芸も2回見れました。コチャニ・オルケスタルと一緒の来日公演がいつだったのか、記憶が定かでなかったのですが、ぐぐって2001年と分かりました。ちょうど20年前になります。ライブを見ている時も思いましたが、これはルーマニアとマケドニア、どちらの音楽に合わせているのか、想像しながら楽しく聞きました。
これはそれから9年後の共演の映像です。この演奏は、マケドニアのジプシー音楽に合わせていると思います。タラフのトップ・ヴァイオリニストのカリウには2004年の来日の際にサインをもらいました。彼の息子の成長ぶりも、この映像で見れて嬉しい限りです。オーケストラでもそうですが、金管が目いっぱい吹くと弦楽器の音は聞こえなくなるので、バランスが難しそうです。

Taraf de Haidouks + Kocani Orkestar = Band of Gypsies (official video)

| | コメント (0)

2021年3月12日 (金)

ミクロコスモス~6つのブルガリア舞曲

放送でも言いましたが、1977年にミシェル・ベロフのピアノ演奏でバルトークの「6つのルーマニア民族舞曲」を聞いたのが、民族音楽に目を向ける大きなきっかけになりました。ちょうどコマネチが床運動でルーマニアの民族舞曲を使っていた頃です。その曲をクレズマーの演奏で見つけ、狂喜したことも25年くらい前にありました(笑) 「6つのルーマニア民族舞曲」は、元の民族音楽が辿れますが、今回放送でかけた「6つのブルガリア舞曲」は元歌的な曲は分かっているのでしょうか? 何しろ当時は中学生の耳ですから、ポピュラーな前者に比べ、後者は晦渋に聞こえました。ミクロコスモス(小宇宙の意)は、「ピアノを通しての現代音楽への入門書」との評があります。今日の楽譜付き動画の演奏は、イェネー・ヤンドー Jenő Jandóです。(以下放送原稿を再度)

20世紀ハンガリーの大作曲家バルトークは、教育目的で153のピアノ曲集「ミクロコスモス」を書いていますが、変拍子が多く一番上級の曲として知られているのが、ラストを飾っている148~153番目の「6つのブルガリア舞曲」です。彼のハンガリーやルーマニアの民謡を題材にした作品は、またそれぞれの民族音楽との比較でかけますが、今回は私がバルトークを通して一番最初に民族音楽に目を向けるきっかけになったミシェル・ベロフの1977年のLPとおそらく同じと思われるアップルミュージックのミクロコスモスの音源でおかけします。

Bartok - 6 Dances in Bulgarian Rhythm from Mikrokosmos

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

A la una yo nasiとSzól a kakas márの類似

Voice of the Turtle / Music of the Spanish Jews of Turkeyのラストの19曲目を飾っているA la una yo nasi(第一に、私は生まれた)という曲は、バルカン諸国のセファルディーの歌として広く知られている曲とのことですが、ハンガリーのSzól a kakas márという曲にかなり似ています。こちらは東欧系ユダヤの歌ですので、旋律がバルカンのセファルディーに流れたのか、単なる空似か、どちらでしょうか?

<19 Voice of the Turtle / Music of the Spanish Jews of Turkey ~A la una yo nasi 4分40秒>

A la una yo nací. Música Sefardí. Emilio Villalba & Sephardica


A la una yo nasi


ちょうど10年前と9年前にSzól a kakas márについて書いたブログを振り返ります。今日は取り合えず2曲を並べて、また探ってみたいと思います。今日の動画はベアタ・パヤの歌唱で。

名曲Szol a kakas mar (Rooster is Crowing)

一昨日予告したハンガリアン・ジューの名曲Szol a kakas marにいってみます。この曲は、まず何よりMuzsikasの名盤「Maramaros - Lost Jewish Music of Transylvania」(Hannibalから初出 後にハンガリーのMuzsikasからもリリース)の2曲目の、マルタ・セバスチャンの歌唱で有名になったと思います。その悲愴美は筆舌に尽くせないほど印象的で、きーんと冷えたトランシルヴァニアの空気感も運んでくるかのような、更には匂いも感じさせるような曲でした。これぞハンガリー系ユダヤの秘曲と唸らせるものがありました。90年頃来日を果たしたムジカーシュの演奏も非常に素晴らしいものでしたが、この盤の出る前だったようで、このアルバムからは聞いた記憶がありません。ハンニバル盤が出たのは93年と、もう大分経ってしまいましたので、そちらでは最近入り難くなっているのが残念です。ハンガリー現地盤(ムジカーシュ自身のレーベル)は生きていたと思います。
この曲名、和訳すれば「雄鶏が鳴いている」となりますが、そのメロディ・ラインで思い出すのは、ユダヤ宗教歌で最も名高いKol Nidreでしょうか。コル・ニドレ(ドイツ語風に読むとコル・ニドライ)は、典型的なユダヤ旋法の一つ、Ahavo Rabo(「大いなる愛」の意味)旋法の歌。エキゾチックな増二度音程が悲しみを最大限に醸し出しています。いずれもユダヤ民族の運命を歌ったような悲劇的な調子ですが、そんなSzol a kakas marがハンガリーのユダヤ人の間では最も人気があったようです。この透徹した悲しみの歌については、まだ分らないことが多いです。また何か分ったら書いてみたいと思います。そう言えば、往年のシャンソン歌手ダミアが歌った「暗い日曜日」の原曲は、ハンガリーの歌でした。この歌のムードに似たものがあるようにも思います。

サトゥマールのフィドルとSzól a kakas már

サトゥマールの音楽と言えば、フンガロトンの「サトゥマール地方のハンガリー音楽 Szatmari Bandak」(残念ながら廃盤のようです)をどうしても思い出しますが、その中には一昨日の一本目のヴェルブンク(チャールダーシュとも言えるようです)が2曲目に入っていて、更にはムジカーシュ&マルタ・セバスチャンのハンニバルからの名盤「マラマロシュ(トランシルヴァニアの失われたユダヤ音楽)」の白眉ソール・ア・カカシュ・マールも入っています。マラマロシュ(現在のルーマニア北部のマラムレシュ辺りのようです)に伝わっていたユダヤの哀歌は、迫害によって歌そのものの主を失ったようですが、この地のロマの音楽家によって記憶されていたというもの。この余りに印象的なメロディは、西に隣接するサトゥマールでも伝承されたのでしょう。一昨日見た舞踊も古いスタイルを保っているように思いました。
この地方、ハンガリーの民族音楽学者の間では「Hungary`s Transylvania」と形容もされるようです。その位この地方には古いハンガリー音楽の伝統が残っている所として知られています。
Szól a kakas márについては、ちょうど一年程前にもユダヤ音楽枠で取り上げました。「サトゥマール地方のハンガリー音楽 Szatmari Bandak」のライナーノーツは、Brave Old Worldのマイケル・アルパートも書いています。これは見逃せないポイントでしょう。
一昨日書いた「ウクライナのカルパチア西麓の地方名」とは、ルテニアでした。2008年2月12日にブログにも書いていました。

Palya Bea Szefárd Trió - Szól a kakas már

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

6つのルーマニア民族舞曲

行きつ戻りつしますが、この曲が原点ということで上げておきます。先日のモルドヴァ出身のヴァイオリニスト、ルザンダ・パンフィリの演奏です。このバルトークの名曲「6つのルーマニア民族舞曲」を、ミシェル・ベロフのピアノで聞いたのが1977年。ちょうどコマネチ旋風で、ルーマニア音楽がTVからも聞こえていた頃です。これ以降、本格的に民族音楽に目が向きました。逆にこの曲を聞いてなかったら・・と想像しなくもないのですが(笑)ZeAmiも存在しなかったかも知れません。
弦楽合奏でもやってみようとメンバーに提案しましたが、特に後半が難しく、蔵入りしたままです。余談ですが、80年代に京都のバンド、アフター・ディナーもこの曲の一部をステージで演奏していました。ハコさんの歌声が耳に残っています。そういえば、2000年に初来日を果たしたタラフ・ドゥ・ハイドゥークスも、「仮面舞踏会」でこの曲を披露してくれました。彼らのライブには、以後4回通いました。

Bela Bartok - 6 Romanian Dances for Violin and Piano

| | コメント (0)

2018年1月10日 (水)

ポルンベスクのバラーダ

ポルンベスクのバラーダの話が出たところで、大分前にブログに上げたかも知れませんが、少し見てみました。この曲は天満敦子さんが93年に取り上げる前に、「曲自体の日本初演はルーマニアの女流ヴァイオリニスト、マルコヴィッチにより、1980年5月10日、NHK教育TVの午後7時30分からのコンサートで行われた」とありましたが、実は私はこの番組を見ておりまして、更にTVから録音もしていて、現在もそのカセットテープを保存してあります。今もデータがiPhoneに入っていて時々聞きますが、大木正興氏の解説も懐かしく、このシルヴィア・マルコヴィッチの演奏とバラーダは私の中では完全に結びついていました。なので、93年に天満さんの「望郷のバラード」が出て、とても話題になっていると聞いた時は非常に驚きました。マルコヴィッチは82年か83年に来日したので、新宿文化センターの最前列で妙技を拝聴しました。演奏はもちろんですが、非常に美しい人だったのもよく覚えています。残念ながらバラーダは演奏されませんでしたが、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ3番の名演を聞くことが出来ました。天満さんは楽譜も出版されていたので10年ほど前に購入しました。その楽譜を見ながら、昔を思い出し、ちゃんと取り組んでみようかと思っているこの頃です。マルコヴィッチは結婚出産以来ほとんど録音を見かけなくなりましたが、スウェーデンBISからのシベリウスのヴァイオリン協奏曲はゲット。YouTubeでは、大分前に最近の演奏のフォーレのヴァイオリン・ソナタ1番を見かけました。

C.Porumbescu - Ballade für violine und streichorchester - Ion Scripcaru

Ciprian Porumbescu, Balada , cello and harp

チェロによる演奏もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

正教の典礼歌 ギリシア、ロシア、ルーマニア、レバノン

ラジオの36回目の報告をする曜日ですが、立て込み作業や忘年会等でブログが飛んだり、短くなったりしがちなので、正教関係をもう少しアップしておきます。絶美の映像を拾ってみました。東方教会の音楽では、ドローンの上に響き渡る男声の荘厳さからギリシア正教の男声合唱が一番と思っていましたが、深遠なロシア正教の混声合唱も素晴らしく美しくて、多少ロシア語が分かるので、テキストとつき合わせてみたくなりました。ドストエフスキーやタルコフスキーの作品の秘密もこんな中にもあるのかも知れません。ルーマニア正教の典礼も礼拝の風景からして非常に美しく驚きました。レバノンは、ファイルーズやケイルーズで聞いたのと似ていて、やはりアラビア語で歌われています。アルメニアやグルジアの正教音楽までは今回追えませんでしたので、またいつか取り上げたいと思います。

ΑΣΜΑΤΙΚΟΝ - GREEK ORTHODOX CHANT

Russian Orthodox Choir Chanting Choral Vocal Top 10 Collection

Beautiful Romanian Orthodox Divine Liturgy.

Byzantine Christmas Hymns in Arabic: Mount Lebanon Choir (Lebanon)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

マルシャンと東欧音楽

ブルターニュの歌手エリック・マルシャンは、そう言えば特別に東欧の音楽に目が向いている人だったと思い出しました。タラフ・ドゥ・ハイドゥークスがまだ一般に大ブレイクする前の93年に、同じルーマニアの別なタラフであるTaraf de Caransebesとの共演盤をSilexから出していました。彼の中で東欧音楽がどういう位置づけにあったのかは、よく分りませんが、ブルターニュ音楽と深い所で共鳴してのことだろうと思います。ライブ映像もありました! この人、大分お年かと思ったら、まだ60でした。オコラ盤が出た90年は、まだ30台半ばだったのですね!
明日ですが、前と同じく地元のラジオ局ラヂオバリバリに20時から出るため、ブログはお休みすると思いますm(_ _)m サイマルやTuneinなら今治以外でも聞けますので、宜しければ是非お聞き下さい。

Erik Marchand et le Taraf de Caransebes "Marv eo ma mestrez"

Éric Marchand et le taraf de Carancebes (Huy 2002)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

Rustem違い イラン ウイグル

ルステムと言うのは、ルーマニアの基本的な舞曲の一つでしょうか。演奏者によってはタラフのように極めて刺激的になる曲です。タラフの場合、元はハチロク(8分の6拍子)のところ、猛スピードで演奏することで緊迫感の強い5拍子に近づこうとするような意志も感じましたが(笑)
さて、このRustemという曲をyoutubeで検索すると・・・、結構他の国の映像も見つかります。勿論直接の関係等はないと思いますが。イランのエレキ独奏はイラン音楽らしくハチロクです。ここはルーマニアの場合と似ています。2本目のウイグル美女が踊っている映像では、ルステムというのは踊り子の名前でしょうか? そして3本目では、ヨーヨー・マ&シルクロード・アンサンブルが、何とルーマニアのルステムを演奏。タラフ・ドゥ・ハイドゥークスのコピーと言って良い演奏でしょう。このアンサンブルの中にはウイグル人もいました。(この映像にはいなさそうですが) 英文解説には興味深い記述が見えますが、コメントには RUSTEM is not a Gypsy piece of music.It is an old folkloric theme,mostly South Romanian but also found In Bulgaria and historical Macedonia.It traces down to ancient Thracians. What made you think it is Gypsy?Just because Gypsy performers play rustem?Anyone can play it...のように反論がありました。確かにこちらが正しいでしょうね。昨日ロマ以外のルステム別バージョンを色々上げましたので、併せてご覧下さい。
このキーワード辺りをきっかけに、次どこへ飛ぶか模索中です。ルーマニアの後は、まだ決めてませんでしたから(笑)

Irani.Qelender C&Guitar Rustem Quliyev.muzik

Rustem - Xeliringde Oynayli ( Uyghur Music )

Silk Road Project: Rustem



The sweet and seductive violin solo in "Rustem" gives a glimpse of a musical culture that is uniquely global while also rooted in local tradition. The music of the Roma reflects the rich musical cross-pollination of a borderless people, with seamless meshing of local instruments, musical languages and styles. Originally from North Central India, the nomadic Roma migrated to Persia and Europe around 300 B.C.E. They eventually settled in Wallachia and Moldavia (present-day Romania), but suffered savage persecution until the mid-19th century. Europeans mistook the Roma for Egyptians and coined the term "gypsies" in the 15th century. Today the Roma diaspora can be found on almost every continent.



This Roma piece from Romania, "Rustem," was arranged for the Silk Road Project by Ljova and is dedicated to Marty Peretz and Anne Peretz with deep appreciation and thanks.



For more on the Silk Road Ensemble and the Silk Road Project, visit
http://www.silkroadproject.org

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

タラフとオルテニアのRustem

先月15日にタラフ・ドゥ・ハイドゥークスの演奏でアップしましたルステムという曲ですが、タラフだけの曲ではなく、オルテニアの踊りとしてもyoutubeがアップされていますので、一緒に上げて見比べてみましょう。タラフの演奏でも、いつもフレージングが固定しているわけでないのは、1,2本目で分ります。3本目のオルテニアのルステムでは、Asymmetric(非対称の)という形容が見えますから、変拍子か?とも思いますが、よく聞いてみると5拍打った後、1拍休みが入るようですから、8分の6拍子と取れそうに思います。5つの拍を強く打つリズムとベースに特徴があります。その上でメロディはバリエーション豊かに演じられるようです。
この曲はタラフのアルバムではクラムドからの3枚目「Dumbala Dumba」に入っていましたが、曲解説がないので、詳細は不明のままなのが残念です。しかし、こうして並べてみると、演奏者と所変わっても同じ舞曲であることがはっきりと分ります。ルステムはザンフィルの例のエレクト盤にも入っていました。昨日の一本目にもルステムの部分が含まれていたようです。

Taraf De Haidouks - Rustem si suite

Taraf de Haidouks - Rustem

Rustem oltenesc / Asymmetric dance from Oltenia

RUSTEMUL V ''RUSTEM OLTENESC''

RUSTEMUL IV ''RUSTEM'' Romanian Braul Type Folk Dance



これは少し違うタイプに聞こえるルステムで、地方はオルテニアではないのでは? 地方によっては上記の特徴も曖昧になるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

J.S.バッハ New Wave-Indies アイヌ アメリカ アラブ アラブ・マグレブ アルゼンチン イギリス イスラエル イスラム教 イタリア イディッシュ イラン地方音楽 インディアン、インディオ インド インドネシア インド音楽 ウイグル ウラル・アルタイ エジプト エチオピア オペラ オーストラリア オーストリア キリスト教 ギリシア クルド クレズマー ケルト コンサート情報 コーカサス (カフカス) サハラ シベリア シャンソン ジャズ スイス スペイン スポーツ スーダン セファルディー ゼアミdeワールド チェロ チベット トルコ音楽 ドイツ ナイル・サハラ ナツメロ ニュース ハシディック ハンガリー バルカン バルト語派 バロック パキスタン ビザンツ音楽 フランス フランス近代 ブラジル ペルシア音楽 ペルシア音楽 トンバク ユダヤ ユダヤ音楽 ライブ情報 ルーマニア レビュー ロシア ロシア・マイナー ロマン派 ヴァイオリン 中南米 中国 中央アジア 仏教 仏教音楽 北アジア 北コーカサス(カフカス) 北欧 南アジア 南インド古典音楽 古楽 地中海 室内楽 弦楽合奏 弦楽四重奏 後期ロマン派 文化・芸術 新ウィーン楽派 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 東アフリカ 東南アジア 東方教会 東欧 歌謡曲・演歌 民謡 沖縄 独墺 猫・犬 現代音楽 童謡、わらべうた 筝曲 純邦楽 西アフリカ 西スラヴ 韓国