トルコ音楽

2020年4月 9日 (木)

コーカサス系のウミット・トクジャン

ウミット・トクジャンについて、もう少し調べてみました。トルコ北部オルドゥ生まれと言うのが気になったので。彼はグルジアのバトゥミから移住したコーカサス地方の家族の息子としてオルドゥに生まれたそうです。それで「チェチェンの娘」と言うトルコ東北部、黒海沿岸のトラブゾン地方の民謡を歌っていたのかもと思いました。1944年生まれですから、キング盤録音当時で36歳、現在は75歳で、若い頃の端正な男前振りからもコーカサス系というのは納得です。トクジャンのCの下にカンマが付けばチャ、付かなければジャの音になりますが、表記は両方あります。
1本目が「チェチェンの娘」、2本目はキング盤音源の3曲目「鶴は寂しく空を飛ぶ」と4曲目「チェチェンの娘」です。3曲目はクルシェヒル地方の民謡で、異郷から飛来した鶴に、失った愛を訴えていると言う内容で、歌詞のメジュヌーンとは中東の名高い悲恋物語「ライラとマジュヌーン」のマジュヌーンを指していて、恋に狂い沙漠を彷徨った主人公をモデルにしています。3本目も3曲目「鶴は寂しく空を飛ぶ」ですが、50代くらいの歌唱でしょうか。この曲はウズン・ハワ(長い歌)の典型でもあります。ウズン・ハワとクルク・ハワについて次回の放送分で解説しようと思っていました。

Yaylanın Çimenine


Ümit Tokcan- Bozlak ve Yaylanın Çimenine (Japonya CD,1980)


ümit tokcan-bozlak (uzun hava)

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

ウミット・トクジャン(ユミット・トクチャン)のウシュクダラ

トルコ軍楽のジェッディン・デデンと並んで、おそらくトルコの曲で最も有名なイスタンブール民謡のウスクダラを一躍有名にしたのは、ウミット・トクジャンの名唱だったと思います。80年の来日時の録音がキングの例の盤に残っています。80年代頃はウシュクダラと呼ばれることが多かったので、この盤でもその表記になっています。しかし、バーラマのアリフ・サー、ウミット・トクジャン共に何と若いことでしょうか!(右から6人目に小泉文夫氏が見えます)
この人の名前は、ウミット・トクジャンで呼びならわされてきたように思いますが、正確な綴りはÜmit Tokçanのようなので、ウミット・トクジャンと言うより、ユミット・トクチャンとする方が元の音に近いと思います。2本目は最近のユミット・トクチャン。ロマンス・グレーの叔父さんになっても、全く変わらない素晴らしい歌声! 驚きました。

Ümit Tokcan & Arif Sağ -Üsküdar(Japonya 1980)


Ümit Tokçan--Nolur Ey Gelin Nolur


| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

アリフ・サーのバーラマ

【重要なお知らせ】3日に通知がありまして、FMラヂオバリバリでも感染拡大防止のため4/6(月)からスタジオを閉鎖することになりました。再開予定は4/20(月)とのことですが、状況をみながら延期になるかも知れないようです。このため、ゼアミdeワールドも12日(再放送15日)と19日(再放送22日)放送分はお休みになります。代わりにミュージックバードの番組が流れます。ブログは番組と連動させてきましたので、飛び飛びになると思います。自前のミキサーがあれば、データをメールで送って放送することも可能ですが、急な話ですので、今の所スタジオ再開まで待機する予定です。生放送の帯番組とデータ搬入番組は、上記期間中も放送されます。

ゼアミdeワールド207回目の放送、日曜夜10時にありました。8日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。今日はバーラマの独奏だけにして、他の曲は、また後日探します。アリフ・サー、サウスポーだったのですね。動画を見て分かりました。

トルコの24回目になります。今回からトルコの民謡の方を取り上げていきます。トルコの伝統的な民謡と器楽で最も有名な盤は、ウスクダラの入った「トルコの民謡~ウミット・トクジャン、アリフ・サー、メフメット・オズベック」だと思いますが、私が持っているのは88年に出た「黒海吟遊 トルコ音紀行」です。現在のキングWRMLのシリーズと音源は同じです。ウスクダラを歌うウミット・トクジャンと、サズの名手アリフ・サーは特に有名で、アリフ・サーはハルク伴奏のトルコ盤でも何点か手元にあります。
まずはトルコ軍楽のジェッディン・デデンと並んで、おそらくトルコの曲で最も有名なイスタンブール民謡のウスクダラからおかけします。80年代頃はウシュクダラと呼ばれることが多かったので、この盤でもその表記になっています。アリフ・サーのバーラマ伴奏です。前回言いましたように、サズは小さいものから順にジュラ、バーラマ、ディヴァンと呼ばれます。撥弦楽器ですが、古典音楽ではウードやタンブールが中心でしたが、民謡ではほとんどがサズです。

<1 Üskdara 3分2秒>

2曲目はアリフ・サーのバーラマ独奏による13分近いメドレーです。自由なリズムのゆっくりした即興から一転して速い名人芸的な部分に入って行きます。アンカラの4拍子の踊りの曲、アンカラの9拍子の民謡「私のアリー、バザールに行かないで」、デニズリ地方の2拍子の踊りの曲と移っていきます。名人芸とサズの音色をたっぷりご堪能下さい。

<2 Bağlama Solo 12分47秒>

Arif Sağ - Bağlama Solo [ Reis Çelik Arşivi © 1986 Tüplü TV ]


一曲飛ばしまして、4曲目の「チェチェンの娘」と言う曲ですが、タンブーリ・ジェミル・ベイの同名の曲とは別で、トルコ東北部、黒海沿岸のトラブゾン地方の民謡です。馬の扱いが上手く、美人が多いことでも有名なトルコに住むチェチェン人を描写した民謡です。

<4 The Girl Of The Çeçen Tribe 2分48秒>

では最後に、3曲目の「鶴は寂しく空を飛ぶ」と言う曲を聞きながら今回はお別れです。クルシェヒル地方の民謡で、異郷から飛来した鶴に、失った愛を訴えていると言う内容で、歌詞のメジュヌーンとは中東の名高い悲恋物語「ライラとマジュヌーン」のマジュヌーンを指していて、恋に狂い沙漠を彷徨った主人公をモデルにしています。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<3 "Garip Turnalar (Foreign Cranes)" 6分7秒>

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

トラブゾン辺りのホロン・ダンス

アルバトロス盤の音源そのものは、やはりYouTubeには見当たらないので、最初にかけたトラブゾン辺りのトルコ東北部のグルジアに近い黒海沿岸のホロン・ダンスの映像を探してみました。いつ見ても強烈なインパクトのある音楽と踊りです。コーカサスとバルカンの舞踊の両方に似ている部分があると思います。1本目はカラデニズ・ケメンチェとメイの両方、2本目はカラデニズ・ケメンチェによる伴奏です。(以下放送原稿を再度上げておきます)

2002年にキングレコードから出たイタリアのアルバトロス名盤復刻30選の一枚「トルコの歌と音楽」です。まだ関東にいた頃に、プロデューサーの星川京児さんとキングの担当者から依頼を受けまして、私がこの盤とユダヤ音楽の盤、2枚のライナーノーツの翻訳を担当しました。原盤は1978年のイタリア盤で、解説はイタリア語から英語に翻訳されていましたが、ラテン系の言葉からの少々癖のある英訳で、なかなか手強かったのを覚えています。このシリーズは現在は全て廃盤ですが、サンプル盤で30枚全て手元にあります。オスマン音楽や軍楽も入っていますが、民謡と民俗音楽(フォークミュージック)のみおかけします。

まずは周辺部の変わり種の音楽ですが、トルコの後で取り掛かるギリシアの音楽とも繋がりのあるトルコ東北部のグルジアに近い黒海沿岸のホロン・ダンスの音楽です。この地に住むギリシア系のポントス人の伝統的な8分の7拍子の踊りで、アルメニアのドゥドゥクに似た柔らかい音色のダブルリード管楽器メイと、バスドラムのような大型両面太鼓ダウルによる演奏です。ホロン・ダンスは、細長い「黒海のケメンチェ」 (カラデニス・ケメンチェ)で演奏されることが多いので、メイによる演奏は珍しいように思います。

Turkish Folk Dances - HORON


Turkey - Horon dance

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

Dilhayat Kalfa の Evcara Saz Semaisi

セリム3世の時代に王宮で活躍した18世紀の女性音楽家ディルハヤット・カルファ(1710-1780?)の曲は、例のCDから混声合唱付きのサバー旋法のベステをかけましたが、一番有名な曲は今日のエヴカーラ(あるいはエヴジャーラ?)旋法のサズ・セマーイのようです。このマカームはセリム3世が作ったとのこと。神秘的なフレーズに聞き入ってしまう旋律です。「オスマンのモザイク 女性作曲家1」のジャケットにもなっていた、ディルハヤット・カルファの最も有名な肖像画が一本目。2本目は合唱の名もありますが、出てこないようです。演奏はどちらも素晴らしいです。3本目は、半西洋的なスタイルの弦楽アンサンブル込の女性合奏で、珍しいので上げておきます。タンブーリの称号を持つ人ですが、肖像で構えているのはウードのようです。没年は1740年という説もあります。だとしたら、僅か30年の生涯になります。

Evcârâ Saz Semâîsi, Dilhayat Kalfa


Evcârâ Saz Semâîsi, Dilhayat Kalfa


Dilhayat Kalfa Evcara Saz Semaisi

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

ドニゼッティ・パシャのマーチ

イタリア・オペラ作曲家ドニゼッティの兄弟、ドニゼッティ・パシャの名をオスマン音楽家の系列に20年余り前に見つけた時は、非常に驚いたものでした。長らく彼の曲は聞いたことがなく、例のイタリア盤でオスマン軍楽の曲を初めて聞きました。しかし、youtubeには結構上がっていて、何本か見てみました。1,2本目の曲が例の「後にオスマン帝国の事実上の国歌となったマーチ」のようです。西洋音楽の語法の中にも、エキゾチシズムの感じられる曲です。(以下先日の放送原稿の該当部分を再度アップしておきます)

「愛の妙薬」や「ランメルモールのルチア」など、イタリア・オペラの作曲家として有名なガエターノ・ドニゼッティの兄であるドニゼッティ・パシャは、オスマン朝に招かれて西洋音楽を本格的に導入した人として知られています。イェニチェリ軍楽隊の廃止の後、新たに宮廷軍楽隊を指導するため、在イスタンブールのサルディニア大使館を通してスルタンに招かれ、1828年から68歳で亡くなるまで28年間をイスタンブールで過ごしました。本名はジュゼッペ・ドニゼッティですが、パシャの称号を付けて呼ばれるのが常になっています。後にオスマン帝国の事実上の国歌となったマーチなどを作曲し、その功によりパシャの称号を与えられたとのことです。

Mecidiye Marşı (Sultan Abdülmecid) - Giuseppe Donizetti Paşa


Mecidiye Marşı Sultan Abdülmecid (Beste : Giuseppe Donizetti Paşa)


Mahmudiye Marşı - Donizetti Paşa

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

ドニゼッティ・パシャ、アルバトロス盤

ゼアミdeワールド206回目の放送、日曜夜10時にありました。1日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。アルバトロスの方は、同じ音源はおそらく見当たらないと思います。女性音楽家ディルハヤット・カルファはまた後日と言うことで、今日はドニゼッティ・パシャのみにします。

トルコの23回目になります。オスマン音楽が長くなりましたので、そろそろトルコの民謡の方に移ろうかと思いますが、その前に2曲ほどまだ取り上げてなかったオスマン古典音楽の音源をご紹介します。

「愛の妙薬」や「ランメルモールのルチア」など、イタリア・オペラの作曲家として有名なガエターノ・ドニゼッティの兄であるドニゼッティ・パシャは、オスマン朝に招かれて西洋音楽を本格的に導入した人として知られています。イェニチェリ軍楽隊の廃止の後、新たに宮廷軍楽隊を指導するため、在イスタンブールのサルディニア大使館を通してスルタンに招かれ、1828年から68歳で亡くなるまで28年間をイスタンブールで過ごしました。本名はジュゼッペ・ドニゼッティですが、パシャの称号を付けて呼ばれるのが常になっています。後にオスマン帝国の事実上の国歌となったマーチなどを作曲し、その功によりパシャの称号を与えられたとのことです。
ドニゼッティ・パシャの名前は知っていても、音源は聞いたことがなかったのですが、未入荷アイテムのデータをアップルミュージックで一曲見つけましたので、その曲をおかけします。Ensemble Bîrûn & Kudsi Ergünerの演奏で、曲名はŞevk-efza Peşrevです。いかにもオスマン軍楽らしい一曲です。アルバムタイトルはCompositori alla corte ottomanaというイタリア盤です。

<Ensemble Bîrûn & Kudsi Ergüner / Şevk-efza Peşrev 3分19秒>

Şevk-efza Peşrev


オスマン古典音楽には、これまでにかけてない音源に土Sonyの「トルコ古典音楽作曲家シリーズ」や「オスマンのモザイク」シリーズなど、色々ありますが、きりがないので、ユダヤ系、アルメニア系、ギリシア系、女性作曲家作品集が出ている「オスマンのモザイク」シリーズの中から、女性作曲家作品集の一曲をおかけしておきます。前回「ハーレムの歌」という盤を取り上げましたが、関係がある作曲家もいるのではと思います。セリム3世の時代に王宮で活躍した18世紀の女性音楽家ディルハヤット・カルファが最も有名な人で、混声合唱付きのサバー旋法のベステ「Yek Be Yek Gerci Merami Dil-I」がありますのでおかけします。

<2 The Government Chorus Of Ministry Culture / Yek Be Yek Gerci Merami Dil-I 7分33秒から3分位>

この後はトルコの民謡と地方音楽に移ります。最初におかけするのは、2002年にキングレコードから出たイタリアのアルバトロス名盤復刻30選の一枚「トルコの歌と音楽」です。まだ関東にいた頃に、プロデューサーの星川京児さんとキングの担当者から依頼を受けまして、私がこの盤とユダヤ音楽の盤、2枚のライナーノーツの翻訳を担当しました。原盤は1978年のイタリア盤で、解説はイタリア語から英語に翻訳されていましたが、ラテン系の言葉からの少々癖のある英訳で、なかなか手強かったのを覚えています。このシリーズは現在は全て廃盤ですが、サンプル盤で30枚全て手元にあります。オスマン音楽や軍楽も入っていますが、民謡と民俗音楽(フォークミュージック)のみおかけします。

まずは周辺部の変わり種の音楽ですが、トルコの後で取り掛かるギリシアの音楽とも繋がりのあるトルコ東北部のグルジアに近い黒海沿岸のホロン・ダンスの音楽です。この地に住むギリシア系のポントス人の伝統的な8分の7拍子の踊りで、アルメニアのドゥドゥクに似た柔らかい音色のダブルリード管楽器メイと、バスドラムのような大型両面太鼓ダウルによる演奏です。ホロン・ダンスは、細長い「黒海のケメンチェ」 (カラデニス・ケメンチェ)で演奏されることが多いので、メイによる演奏は珍しいように思います。

<9 サディ・テルネズ / アルドヴンのホロン・ダンス 1分41秒>

次は一つ戻って8曲目の「ギリシアのチフテテッリ・ダンス」です。ホロン・ダンスと似ているのは、管楽器とダウルという編成ですが、ジプシー音楽家らしく管楽器がここではクラリネットに変わります。ベリーダンスのレパートリーとしても知られるチフテテリの原義は「二重の弦」という意味です。トルコ中部カッパドキアのユルギュプには1923年までギリシア人が多く住んでいて、この曲はその頃演奏されていた旋律に基づくので、「ギリシアの」の意味のルーメリの名が付いています。

<8 ハイダル・チェヴィク / ギリシアのチフテテッリ・ダンス 3分6秒>

これまで放送とブログ共に何度か出てきたカルシラマは、チフテテリと同じでトルコ中西部辺りの踊りですが、ゼイベクはエーゲ海に近い西部の方に特徴的な舞踊曲になります。「古いアラブのゼイベク・ダンス」という曲が入っていますので、こちらをおかけします。瓢箪を共鳴胴にしたフィドル、カバク・ケマンと、一番小さいサイズのサズのジュラの組み合わせの珍しい演奏です。

<13 イドリズ・ケスキン / 古いアラブのゼイベク・ダンス 1分22秒>

ラストの14曲目はアルハヴィ地方の踊りというケメンチェ独奏の曲です。トルコ東部と言うことで、音の印象はホロンと同じくギリシアやクレタの音楽に近い感じもありますが、民族的にはトルコに住む南カフカス系のラズ族との関係が深いようです。

<14 ハサン・トゥルナ / アルハヴィ地方の踊り 3分54秒>

踊りの曲が続きましたので、サズ弾き語りの民謡「ダマスカスのピスタチオ」をおかけして、最後はトルコ西部の羊飼いの笛を聞きながら今回はお別れです。サズは小さいものから順にジュラ、バーラマ、ディヴァンと呼ばれ、ここで弾かれているのはバーラマ・サズです。羊飼いの笛の名前はカヴァルで、バルカン半島でも愛好されている歌口のない素朴な縦笛です。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<12 イブラヒム・ケペトチオール / 民謡「ダマスカスのピスタチオ」 2分21秒>

<10 レシャト・ウイサル / アフシャルの遊牧民の旋律「羊のために」 2分40秒>

| | コメント (0)

2020年3月27日 (金)

ユネスコ盤の混声合唱によるÇikmaz derun-i dilden efendim muhabbetin

一昨日アップしましたÇikmaz Derunu Dilden Efendim Muhabbetinのトルコ古典音楽国立合唱団のユネスコ盤の歌唱は、一本目です。トルコKent盤でデデ・エフェンディの曲を演奏していたNevzad Atlig(ネヴザード・アトリー)指揮トルコ古典音楽国立合唱団のフランスのUnescoから出ていた音源で、CDでは6曲目でBeyati Hagir Semaiというタイトルになっていました。CDにはどこにも上記の長い曲名はなく、逆に「ハーレムの歌」の方には曲名のみでバヤーティのセマーイという情報はありませんでした。YouTubeを見て曲が一致するということはたまにありますが、今回もそのパターンでした。この団体の指揮者とメンバーは、20年以上経っていますから、一昨日の3本目の動画の時はすっかり変わっていたのではと思います。
作曲者のタビー・ムスタファ・エフェンディの曲は34曲残っていて、4つの器楽曲、1つのカール、12のベステ、8つのアーウル・セマーイー、9つのユリュク・セマーイーがあるそうですが、8分の6拍子には聞こえないので、アーウル・セマーイーに入るのでしょうか? この曲は混声合唱で聞くと、やはりビザンツ風にも聞こえます。18世紀は五線譜は使われてなかったと思うので、口伝で伝えられて、現在もこれほど多くの歌手が歌うオスマン的な名曲と言えるでしょう。2本目はサーデッティン・カイナク、3本目はミュニール・ヌーレッティン・セルチュクの歌唱です。

Çikmaz derun-i dilden efendim muhabbetin


Sadettin Kaynak - Çıkmaz derun-i dilden efendim muhabbetin


Münir Nurettin Selçuk Çıkmaz derûn-i dilden efendim mahabbetin (arapgirlisaffet)

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

Ensemble des Femmes d'Istanbul

イスタンブール女性アンサンブルの演奏は、アル・スール盤収録の曲が他に3曲ありました。2曲は器楽(タンブールとカーヌーン)のタクシームで始まる楽曲で、3曲とも放送ではかけてない曲です。最初の2曲の静止画像は、オリエンタリズム(東洋趣味)の絵が選ばれています。西洋人の憧憬で描かれたこういう絵を、現地の演奏している側としてはどう見るでしょうか? そこが気になります。このCDは解説が簡略で、曲については歌詞対訳のみでした。昨日の曲も前に取り上げたユネスコ盤のオスマン混声合唱にべヤーティ旋法の曲として出てきていましたが、こちらには曲名がなかったので、youtubeを見ていて一致した次第。また明日取り上げようと思います。

Ensemble des Femmes d'Istanbul - Tanbur Taksimi


Ensemble des femmes d'Istanbul - Adalardan bir yâr gelir bizlere


Ensemble des Femmes d'Istanbul - Aksam Olur Kervan Çikar Yokusa

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

チューリップ時代の名歌 Çıkmaz derûn-ü dilden efendim muhabbetin

Al Surの「ハーレムの歌」の1曲目に入っていたÇıkmaz derûn-ü dilden efendim muhabbetinという曲は、Tab'î Mustafa Efendi の作曲したベヤーティ旋法の曲(シャルク?)であることが分かりました。ミュニール・ヌーレッティン・セルチュク初め色々な歌手が歌っていますが、Tülin Kormanのおそらく若い頃の歌唱と、現代の若手ヤプラク・サヤル、混声合唱団と器楽の3本を上げておきます。ヤプラク・サヤルはタンブール伴奏の動画です。この詩的で繊細な美しい旋律は、とてもオスマン音楽らしいと思います。タビー・ムスタファ・エフェンディは1705年イスタンブールに生まれ1770年になくなった、いわゆるチューリップ時代の作曲家です。この時代はオスマン帝国が一時的に安定し、フランスの影響を受けた時期でした。

Tülin Korman - Çıkmaz derûn-ü dilden efendim muhabbetin


Yaprak Sayar-Çıkmaz Derûn-i Dilden Efendim Muhabbetin


Çıkmaz derûn-i dilden efendim muhabbetin - İstanbul Devlet Türk Müziği Topluluğu

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

J.S.バッハ New Wave-Indies アイヌ アメリカ アラブ アラブ・マグレブ アルゼンチン イギリス イスラエル イスラム教 イタリア イディッシュ イラン地方音楽 インディアン、インディオ インド インドネシア インド音楽 ウイグル ウラル・アルタイ エジプト エチオピア オペラ オーストラリア オーストリア キリスト教 ギリシア クルド クレズマー ケルト コンサート情報 コーカサス (カフカス) サハラ シベリア シャンソン ジャズ スイス スペイン スポーツ スーダン セファルディー ゼアミdeワールド チェロ チベット トルコ音楽 ドイツ ナイル・サハラ ナツメロ ニュース ハシディック ハンガリー バルカン バルト語派 バロック パキスタン ビザンツ音楽 フランス フランス近代 ブラジル ペルシア音楽 ペルシア音楽 トンバク ユダヤ ユダヤ音楽 ライブ情報 ルーマニア レビュー ロシア ロシア・マイナー ロマン派 ヴァイオリン 中南米 中国 中央アジア 仏教 仏教音楽 北アジア 北コーカサス(カフカス) 北欧 南アジア 南インド古典音楽 古楽 地中海 室内楽 弦楽合奏 弦楽四重奏 後期ロマン派 文化・芸術 新ウィーン楽派 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 東アフリカ 東南アジア 東方教会 東欧 歌謡曲・演歌 民謡 沖縄 独墺 猫・犬 現代音楽 童謡、わらべうた 筝曲 純邦楽 西アフリカ 西スラヴ 韓国