チェロ

2020年2月21日 (金)

「トラキアの音楽」プロジェクト

カルシラマもあればと思いましたが、youtubeはないようですので、ハサピコのライブバージョンと、おそらくその同じ時のライブの全映像を上げておきます。日本にも2016年に「トラキアの音楽」プロジェクトで来日して大好評だったようですが、地方にいると全く疎くなっていて知りませんでした。チェロもトンバクもいじる者としては、大変に残念です。特にケラスの妙技を見てみたかったです。
昨日のブログに一つ訂正があります。ハサピコのルーツが11世紀以前に辿れると書きましたが、コンスタンティノープルだけは15世紀にオスマン帝国によって征服されるまではビザンツ帝国(東ローマ帝国)が死守していたので、15世紀まで可能性はありました。が、ハサピコのルーツとしては「中世」と明記されているので、やはり11世紀以前だろうと思われます。

Música mediterrânica - Socrates Sinopoulos, com Jean-Guihen Queyras


28/09/2012: ARTE Concert (Jean-Guihen Queyras, Σωκράτης Σινόπουλος, Bijan & Keyvan Chemirani)

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

トラキアの伝統音楽(THRACE - Sunday Morning Sessions)

ゼアミdeワールド200回目の放送、日曜夜にありました。19日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。今日はとりあえずプロモーション映像(だと思います)だけ上げておきます。

トルコの17回目になります。記念すべき200回目と言うことで、今回はトルコ周辺の音楽で最近特に驚いた一枚をご紹介したいと思います。
世界的名チェリスト、ジャン=ギアン・ケラスがイランやギリシアの音楽家と共演した「トラキアの伝統音楽(THRACE - Sunday Morning Sessions)」と言う盤ですが、似たようなアプローチで思い出すのは、NHKの新シルクロードでお馴染みのヨーヨー・マとシルクロード・アンサンブルで、クラシックの音楽家で非西洋の音楽に目を向けるのは、今回もチェリストだったという印象を強く持ちました。

ジャン=ギアン・ケラス(Jean-Guihen Queyras)は、カナダのモントリオール出身でフランスのチェリストです。フランスの現代作曲家ピエール・ブーレーズが創設したアンサンブル・アンテルコンタンポランの首席チェロ奏者を1990年から2001年まで務め、バッハなどバロックの作品から現代作品までの名演を数多く残しています。

共演しているのは、ペルシア音楽だけでなく東地中海諸国の伝統音楽とコラボを重ねている、イランのトンバクとダフの奏者ケイヴァン・シェミラーニ、ビジャン・シェミラーニの兄弟と、偶然にも前回取り上げたギリシアのリラ奏者ソクラテス・シノプーロスも参加しています。

まずは、チェロとトンバクの重厚な音色がよくマッチしている2曲目のNihavent Semaiをおかけします。旋法名になっているニハーヴェントは、ササン朝ペルシアがアラブに敗れた古代イランの地名として名高く、それがオスマン古典音楽の楽曲形式サズ・セマーイと結びついた、悲しくも美しい旋律を聞かせる曲です。

<2 Nihavent Semai 7分9秒>

Thrace - Sunday Morning Sessions inaugura temporada musical 2016/17 na Gulbenkian


トラキアと言うのは、バルカン半島南東部の歴史的地域名で、現在は3か国に分断され、西トラキアがブルガリアの南東部とギリシア北東部の一部に、東トラキアがトルコのヨーロッパ部分になっています。いずれもオスマン帝国の版図に入っていましたから、今回取り上げるのはとてもタイムリーなように思います。

ユダヤのクレズマーに似ているギリシアの舞踊ハサピコは今回初登場ですが、ギリシアのカルシラマースと関係のあるトルコのカルシラーマの話は先週出たばかりです。こういう舞曲がトラキアの土地ととても関係が深いため、アルバムタイトルが「トラキア」になったようです。その2曲ハサピコとカルシラーマという曲がありますので、続けておかけします。

<10 Hasapiko 5分57秒>

<11 Karsilama 3分15秒>

トラキア周辺は古代においてはギリシアとペルシアが争っていた辺りで、現在もヨーロッパとアジアの接点に位置します。世界でも稀なほど複雑で洗練された奏法と重厚な音色が特徴のトンバクは、現代トンバク奏法の父、ホセイン・テヘラーニの意思を継ぐ一人、ジャムシド・シェミラーニとその息子ケイヴァン・シェミラーニ、ビジャン・シェミラーニの二人がメインストリームにいると言っていいと思います。少し和太鼓にも似て聞こえるこの片面太鼓の音は、東地中海諸国の様々な伝統音楽に上手く溶け込み、この盤以外にも注目作を連発してきました。

余談ですが、ゼアミdeワールドのテーマ曲として最初にかけているアブドルワハブ・シャヒーディーの曲の冒頭に出てくるのが、ホセイン・テヘラーニのトンバクです。実は95年にイラン人の先生から少し教わったことがあるので、トンバクの難しさと素晴らしさはよく知っているつもりです。

4曲目のZarbi é Shustariではトンバクが華々しく古典的フレーズで伴奏しますが、サントゥールとセタールの名人のモハマド・レザ・ロトフィが書いたと思しきこの曲は、往年のセタールとヴァイオリンの名人アボルハサン・サバーの音楽を思わせるものがあり、ヴァイオリン(ここではリラですが)の演奏は、イランと言うよりトラキア風に聞こえる、と解説にはあります。

<4 Zarbi é Shustari 6分14秒>

では最後にトンバク(あるいはザルブとも)の妙技をじっくり聞ける8曲目のDast é Kyanを時間まで聞きながら、今回はお別れです。「トンバクの神様」ホセイン・テヘラーニの意思を受け継ぐシェミラーニ兄弟による超絶のトンバク・デュオです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<8 Dast é Kyan 7分7秒>

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

チェロ、ヴィオラ、ケメンチェのオスマン・トリオ

メスード・ジェミルのカランからの2枚組は、2枚目では長尺の演奏が並んでいて、その中でサウンド的に一番驚いたのが、放送でラストにかけたタンブーリ・ジェミル・ベイのこのイスファハン旋法のペシュレヴです。メスード・ジェミルのチェロに、ヴィオラ奏者ジェヴデト・チャーラ、ケメンチェ奏者ファヒレ・フェルサンが加わったトリオの演奏は、チェロとヴィオラに高音のケメンチェが合わさることで、冒頭で特に女性が歌っているかのような不思議な音響が生まれています。トルコ音楽特有のメリスマをチェロでどうやって弾いているのか、映像で確認したくなる演奏ですが、さすがに1963年に亡くなっているメスード・ジェミルの生映像はないのでしょう。この1952年の演奏、中間部はチェロのタクシームのようです。(映像はチェロではなくタンブールを構えるメスード・ジェミルです)

Mesut Cemil - İsfahan Peşrev [ Mesut Cemil Arşiv © 2004 Kalan Müzik ]

| | コメント (0)

2020年1月30日 (木)

チェロのタクシーム

100年前のタンブーリ・ジェミル・ベイやその息子メスード・ジェミルのチェロ演奏を見ることは不可能ですが、現代のトルコのチェリストの映像は結構あります。まず思うのは、「歌の模倣」の面が大きいのだろうということです。メリスマ(こぶし)は、明らかに歌の節を真似ていると思います。器楽奏者の腕前を披露するタクシーム(即興)でも同じでしょう。ポルタメントの多様など西洋の奏法にない柔軟なフィンガリングが見られます。トルコの現代作曲家サイグンなどにもチェロの独奏曲がありますが、こういうオスマン音楽の伝統を踏まえて書かれた曲なのでは。(1枚あるので再確認してみます)
2本目はヒジャーズ旋法に則ったウードとチェロの二重奏で、チェリストはドイツ人のようです。凄腕ですが、現地の演奏家の「歌の模倣」の側面は薄い様に思います。チェロは演奏弦の下に共鳴弦を付けているのが気になります。

mükhemmel çalıyor çello taksim


Hijaz - Maria Magdalena Wiesmaier (cello) and Nabil Hilaneh (oud)

| | コメント (0)

2020年1月29日 (水)

トルコのチェロ

ペルシア音楽では見た記憶がありませんが、トルコでもアラブでもチェロはよく使われます。特にトルコでは合奏だけでなく独奏も盛んなようです。これがタンブーリ・ジェミル・ベイの頃からなのかどうか不明ですが。彼の息子のメスード・ジェミルの方が残っている音源も多いようです。(来週の放送でかけます)トルコ音楽特有のメリスマをどうやって弾いているのか、映像で確認したくなる演奏です。今日の1本が、放送でかけたタンブーリ・ジェミル・ベイのムハッイェル旋法のタクシームです。

Tanburi Cemil Bey - Muhayyer Taksim [ Külliyat © 2016 Kalan Müzik ]

| | コメント (0)

2018年1月10日 (水)

ポルンベスクのバラーダ

ポルンベスクのバラーダの話が出たところで、大分前にブログに上げたかも知れませんが、少し見てみました。この曲は天満敦子さんが93年に取り上げる前に、「曲自体の日本初演はルーマニアの女流ヴァイオリニスト、マルコヴィッチにより、1980年5月10日、NHK教育TVの午後7時30分からのコンサートで行われた」とありましたが、実は私はこの番組を見ておりまして、更にTVから録音もしていて、現在もそのカセットテープを保存してあります。今もデータがiPhoneに入っていて時々聞きますが、大木正興氏の解説も懐かしく、このシルヴィア・マルコヴィッチの演奏とバラーダは私の中では完全に結びついていました。なので、93年に天満さんの「望郷のバラード」が出て、とても話題になっていると聞いた時は非常に驚きました。マルコヴィッチは82年か83年に来日したので、新宿文化センターの最前列で妙技を拝聴しました。演奏はもちろんですが、非常に美しい人だったのもよく覚えています。残念ながらバラーダは演奏されませんでしたが、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ3番の名演を聞くことが出来ました。天満さんは楽譜も出版されていたので10年ほど前に購入しました。その楽譜を見ながら、昔を思い出し、ちゃんと取り組んでみようかと思っているこの頃です。マルコヴィッチは結婚出産以来ほとんど録音を見かけなくなりましたが、スウェーデンBISからのシベリウスのヴァイオリン協奏曲はゲット。YouTubeでは、大分前に最近の演奏のフォーレのヴァイオリン・ソナタ1番を見かけました。

C.Porumbescu - Ballade für violine und streichorchester - Ion Scripcaru

Ciprian Porumbescu, Balada , cello and harp

チェロによる演奏もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月30日 (金)

バッハ無伴奏チェロとポル・ウナ・カベーサ

ゼアミdeワールド26回目の放送、木曜夕方終りました。再放送は2日15時です。よろしければ是非お聞き下さい。<>内がかけた音源です。無伴奏チェロのyoutubeは、名手ミッシャ・マイスキーの演奏を貼っておきます。5番のジーグとか、最高です。ポル・ウナ・カベーサは、私達が弾いたのとは少し編曲が違います。

毎回言っておりますが、放送時間が10月から変わります。本放送が日曜日の18:00から18:30、再放送は翌週の水曜日の20:30から21:00です。宜しければ是非お聞き下さい。

今回が15分枠での最後の放送になりますが、「たまにチェロなどの生演奏も」とラヂオバリバリのフライヤーに書いておきながら、ミキサー操作しながらのためなかなか実現出来ておりませんでしたので、今回は自演をかけてみようかと思います。私自身のチェロやヴァイオリンの録音と、私が所属している今治市民弦楽合奏団の演奏です。何で民族音楽を扱いながらチェロやヴァイオリンなのかについては、また30分枠になってから追々お話していきたいと思います。

まず一曲かけながら話を進めたいと思います。去年7月25日の石鎚神社での奉納演奏の録音で、私のチェロと青野和範さんのピアニカ、ベルローズの岡野ゆきさんの朗読、ダンススタジオ108の渡邊さんの舞踊です。私が弾いているのは、J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲1番サラバンドです。神社の荘厳な雰囲気に合うかなと思って選びました。

<近藤博隆(チェロ) / J.S.バッハの無伴奏チェロ組曲1番のサラバンド>
Bach - Cello Suite No.1 iv-Sarabande


以下催しのお知らせです。宜しければ是非お越し下さい。3つとも無料です。

◎今治芸能祭(洋舞)
10月23日 午後1時から(順番は未定)@今治中央公民館4階大ホール
ダンススタジオ108&近藤博隆(チェロ)
演目:竜の河
去年の内子座、今年1月31日の今治総合芸能祭に続く「竜の河」の再々演です。内子座の時と同じで、J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲3番サラバンド、3番ジーグ、5番ジーグ、3番サラバンド前半を、この順で弾きます。音楽はチェロのみです。
 
◎文化祭(音楽祭)
11月13日 午後1時から 順番は12番目  @今治中央公民館4階大ホール
出演:今治市民弦楽合奏団
曲目:モーツァルト / アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク第1楽章、マスカーニ / カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲
私はファースト・ヴァイオリンで出ます。

◎第10回今治総合芸能祭
2017年2月5日 午後1時からの1番目 @今治中央公民館4階大ホール
出演:橙黄会(お能の仕舞と能管)、未来演劇KプロジェクトJrの朗読劇、山田逸朗さんの写真、近藤博隆(チェロ)のコラボ
世阿弥作の春を寿ぐお能の名曲「東北(とうぼく)」の序の舞を中心にしたコラボです。チェロ・ソロはJ.S.バッハ無伴奏チェロ組曲1番サラバンド、アルマンド、プレリュードをこの順で弾く予定。
開演前のウェルカム演奏(緞帳前でのチェロ独奏)も15分前後弾くことになりました。今年は二胡の武田さんが担当されていました。

さて、前置きが長くなりましたが、今年の1月31日に開催されました第9回今治総合芸能祭での、私のチェロ演奏をかけてみたいと思います。お能の橙黄会、ダンススタジオ108、岡野ゆきさんのベルローズの薔薇のコラボステージでした。弾いているのは、J.S.バッハの無伴奏チェロ組曲3番のサラバンド、3番ジーグ、5番ジーグ、3番サラバンドです。

<近藤博隆(チェロ) / J.S.バッハの無伴奏チェロ組曲3番のサラバンド、3番ジーグ、5番ジーグ、3番サラバンド>
Bach - Cello Suite No.3 iv-Sarabande


Bach - Cello Suite No.3 vi-Gigue


Bach - Cello Suite No.5 vi-Gigue


最後に去年の「大人の夜市in寺町」での今治市民弦楽合奏団の演奏で、カルロス・ガルデル作曲のタンゴの名曲「ポル・ウナ・カベーサ」を聞きながら今回はお別れです。ここでは私はメロディ担当のファースト・ヴァイオリンを弾いております。この時は人数が少なく総勢4人でした。
ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。ではまた10月2日の30分枠の初放送でお待ちしております。

<今治市民弦楽合奏団 / ポル・ウナ・カベーサ>
Fleur de Lys Quartet - C.Gardel Por una Cabeza

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

ヴィラ=ロボスのブラジル風バッハ

ゼアミdeワールド20回目の放送、先ほど終りました。今後は放送原稿は本放送終了後にアップする予定です。再放送は21日15時です。よろしければ是非お聞き下さい。<>内がかけた音源ですが、youtubeはほとんどが他の演奏者です。昨日は21回目の収録に行ってきました。

ブラジル音楽特集の3回目です。今日はブラジルの大作曲家ヴィラ=ロボスの代表作、ブラジル風バッハから2曲かけます。エイトル・ヴィラ=ロボス(Heitor Villa-Lobos 1887年~1959年)は、リオ・デ・ジャネイロに生まれこの地で亡くなった人ですが、ピアノだけでなく、チェロも弾き、ギター曲にも名作を残した人です。ブラジル風バッハは、ポルトガル語ではバキアーナス・ブラジレイラスと言います。彼は終生J.S.バッハを深く敬愛していましたが、同時に若い頃からブラジル東北部(ノルデスチ)に民謡の収集に行っていたように、ブラジルの民族音楽に深い関心を持ち続けた人でした。
彼の代表作であるブラジル風バッハは、「ブラジルの民俗音楽とバッハの作曲様式の融合」を目指して1930~45年の間に作曲された9曲の組曲集で、中でも1938年に作曲された5番のアリアは彼の全作品中、最も名高い曲です。ソプラノ独唱と8つのチェロのための作品ですが、これからかけます録音の指揮者ストコフスキーはソプラノ歌手のアンナ・モッフォと組んだ録音において、以下のように言ったそうです。
「オリジナルは8本のチェロが伴奏する形で書かれている。しかしヴィラ=ロボス自身が、さらに4本のチェロを部分的に追加し、2本のコントラバスによってバスの旋律的な流れを補強しようと考えていた」 ここから「12人のチェリスト達」という発想が生まれたのかなと思いますが、どうなのでしょうか?
これからかけます5番のアリアは、ヴォカリーズに始まりハミングで復唱される有名な旋律で、正にサウダーヂを感じさせるブラジルのトロピカル・ムード満点の名旋律だと思います。録音は沢山ありますが、アンナ・モッフォとストコフスキーのコンビは、ラフマニノフのヴォカリーズなどと並んで、特に名演として知られ、気だるい夏の夕暮れ時を思わせるような艶っぽい演奏です。この曲はカットせず7分余り全てかけたいと思います。
中間部の歌詞はルツ・ヴァラダレシュ・コレア(Ruth Valadares Correa)によるものだそうです。

<ヴィラ=ロボス / ブラジル風バッハ第5番 アリア  アンナ・モッフォ(S)、レオポルド・ストコフスキー指揮アメリカ交響楽団>
Heitor Villa-Lobos - Bachianas Brasileiras No. 5


ブラジル風バッハで他に特に有名なのは、1番の序奏「エンボラーダ」と、トッカータの形式にブラジル音楽が盛り込まれた2番の「カイピラの小さな汽車」ですが、これから終わりまでベルリン・フィルの12人のチェリストによるエンボラーダをかけます。「土俗的舞曲」の副題がありますが、その割に洗練されていて、太いハバナ葉巻をくゆらせていたヴィラ=ロボスのダンディな姿が窺えるような、彼独自の豪快な旋律美にぞくっと来ます。
この曲は、私が入っていた大学のオーケストラの夏合宿の団内演奏会で、チェロ軍団の皆さんが弾いて見事優勝したことでも個人的に強く印象に残っています。82年頃は「ベルリン・フィルの12人のチェリスト達」のLPが大流行の頃でした。今回かけているのは2000年の録音です。

<ヴィラ=ロボス / ブラジル風バッハ第1番 エンボラーダ  ベルリン・フィルの12人のチェリスト達 抜粋>
Heitor Villa-Lobos - Bachianas Brasileiras, No. 1 Complete

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 2日 (水)

バレエと6番のクーラント

つい先日私自身がモダンダンスの伴奏でJ.S.バッハの無伴奏チェロ曲を弾いたため、とてもリアルに感じた一本です。音域の広さ故、最も難しい第6組曲のクーラントの伴奏でバレエ。面白い試みです。因みに、私が弾いたのは第3組曲のサラバンドとジーグ、第5組曲のジーグの3曲でした。クラシック、コンテンポラリーのいずれも合うと思います。本来舞曲ですから、合うべきなのでしょう。ヨーヨー・マは2回目の無伴奏チェロ録音の前後に、第5組曲で歌舞伎の舞踊との共演も果たしました。

Bach Cello Suite No.6 Courante

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

クーラント(チェロとリュートによる)

J.S.バッハのクーラントの良い演奏が幾つかありました。どちらも無伴奏チェロ組曲の中の曲で、教則シリーズ「チェロ・ジャーニー」の方は無伴奏チェロ組曲1番のクーラント、リュートによる演奏の原曲は無伴奏チェロ組曲5番のクーラントです。チェロ・ジャーニーの方が生き生きとしたリズムで弾いていて、本来舞曲であることをよく表現していると思います。リュートは、まず楽器の美しさに見惚れてしまいました。

Cello Journey #16, October 2, 2006, Bach Courante

Courante BWV 995 J.S.BACH/Xavier Díaz-Latorre, lute

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

J.S.バッハ New Wave-Indies アイヌ アメリカ アラブ アラブ・マグレブ アルゼンチン イギリス イスラエル イスラム教 イタリア イディッシュ イラン地方音楽 インディアン、インディオ インド インドネシア インド音楽 ウイグル ウラル・アルタイ エジプト エチオピア オペラ オーストラリア オーストリア キリスト教 ギリシア クルド クレズマー ケルト コンサート情報 コーカサス (カフカス) サハラ シベリア シャンソン ジャズ スイス スペイン スポーツ スーダン セファルディー ゼアミdeワールド チェロ チベット トルコ音楽 ドイツ ナイル・サハラ ナツメロ ニュース ハシディック ハンガリー バルカン バルト語派 バロック パキスタン ビザンツ音楽 フランス フランス近代 ブラジル ペルシア音楽 ペルシア音楽 トンバク ユダヤ ユダヤ音楽 ライブ情報 ルーマニア レビュー ロシア ロシア・マイナー ロマン派 ヴァイオリン 中南米 中国 中央アジア 仏教 仏教音楽 北アジア 北コーカサス(カフカス) 北欧 南アジア 南インド古典音楽 古楽 地中海 室内楽 弦楽合奏 弦楽四重奏 後期ロマン派 文化・芸術 新ウィーン楽派 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 東アフリカ 東南アジア 東方教会 東欧 歌謡曲・演歌 民謡 沖縄 独墺 猫・犬 現代音楽 童謡、わらべうた 筝曲 純邦楽 西アフリカ 西スラヴ 韓国