ハンガリー

2022年5月26日 (木)

トランシルヴァニアの結婚式の儀礼歌

トランシルヴァニアの戦前の録音は、まだ人々の日常に伝統歌が脈々と生きていた頃の息遣いが感じられます。昨日は葬儀、今日は結婚式の儀礼歌です。決まった詩節を歌った後に出てくるように思われる、北アフリカのユーユーに少し似た裏声の掛け声を聞くと、古い譬えですが、大屋政子さんの声を思い出します(笑) 
アグネス・ヘルツクなど現代ハンガリーのトラッド界の女性歌手が、類似の歌唱を披露していたと思いましたので、探してみました。5本目は左からHerczku Ágnes, Bognár Szilvia, Szalóki Ágiです。そう言えばこの映像の2008年頃、この3人のハンガリーの歌姫のコラボ作が連発していました。これが結婚式用の歌唱かどうかは不明ですが、唱法としてはそっくりです。70年代からのハンガリーのタンツハーズ(ダンスハウス)運動で復興したハンガリーのヴィレッジ音楽は、エルデーイ(トランシルヴァニア)のハンガリー音楽を重要なルーツにしていますから、当然と言えば当然でしょう。

<22 Ritual de nunta. Joc: "Pe drum" 53秒>

<23 Ritual de nunta. Cintec: Cintecul miresei 1分18秒>

<24 Ritual de nunta. Joc: "Cind pleaca mireasa la cununie" 35秒>

<25 Ritual de nunta: Strigaturi 31秒>

"Háljunk ketten az éjjel"

| | コメント (0)

2022年5月 4日 (水)

エネスコのツィゴイネルワイゼン

連休真っ只中の今日は、会食と弦楽合奏の練習のため、ブログアップは夜になりました。エネスコは1955年に73歳で亡くなっているので、さすがに動画はなさそうです。今日のYouTubeはヴァイオリンではなく、何とエネスコのピアノ独奏によるツィゴイネルワイゼンで、これはもう大変に面白く聞きました。ピアニストでもあったエネスコのタッチを再現するピアノロールが残っていたようです。
何度かブログに書いていますが、スペインのサラサーテが書いたツィゴイネルワイゼンも、19世紀にヨーロッパ中で大流行したハンガリーのチャールダーシュの一つです。チャールダッシュと言えば、モンティの曲の固有名詞と思われ勝ちなように思いますが、ツィゴイネルワイゼンもブラームスのハンガリー舞曲も、全てチャールダッシュです。他にもクラシック作品だけでも星の数ほどあると思います。面白いのはジプシー音楽に楽譜はなく、口伝だったため、例えばブラームスの曲でジプシーの原曲がある場合も、今ではほとんどがジプシーの間でも知られてないように見受けられる点です。クラシック作品にだけ残っている19世紀のジプシー音楽があるということが、大変に面白いです。

RARE! ENESCU PIANIST VIRTUOSO - Sarasate "Zigeunerweisen" (Piano Roll, 1928)

| | コメント (0)

2022年4月29日 (金)

ハンガリーのユダヤ人の民謡(Magyar zsidó népzene)

アニ・マアミンについては、ハンニバル盤のジャケット入りで出て来ました。インストで演じられるのが、ムジカーシュの場合は、かえって哀感を強めるように思います。2本目はジプシー(ロマ)の老楽士Gheorghe Covaci(愛称Cioata)とのセッションのフル映像になるのでしょうか。マルタ・セバスチャンが歌うユダヤ教の安息日(シャバト)の祈りの独唱Szombateste Búcsúztatóで始まり、Áni Mááminが5分過ぎ、タイトル通りSzól a kakas márも26分過ぎから出て来ますし、Chasid lakodalmi táncokも23分前に出て来ます。カラー版映像はここから取られていたのでしょうか。とにかく全編素晴らしい映像の連続ですが、ロマの楽士がしばしば「紅茶」と呼ぶコニャック?の回し飲みは、兄弟の盃を交わしているかのようです(笑)(以下放送原稿を再度)

アニ・マアミンとは、ヘブライ語で"私は信じる" を意味する一節ですが、それを元とする楽曲でもあります。ここで聞かれるのは、東欧系ユダヤでは最も有名なアニ・マアミンの旋律です。Gheorghe Covaciは、アウシュヴィッツから生き残って帰ったユダヤ人たちは、この歌をいつも泣きながら歌っていたと回想しています。出典は中世スペインのユダヤ教徒の哲学者、マイモニデス(モーシェ・ベン=マイモーン)が記した『ミシュネー・トーラー』に出てくるユダヤ教の信仰箇条の中の一節です。歌詞がある曲ですが、ムジカーシュの演奏はインストのみです。

<5 Áni Máámin 2分56秒>

Szól a kakas már - Magyar zsidó népzene

| | コメント (0)

2022年4月28日 (木)

ドハーニ街シナゴーグのSzol a kakas mar

今週の番組で2曲目にかけた名曲Szol a kakas mar (Rooster is Crowing)については、2010年にZeAmiブログに書いていました。下の方にペーストしておきます。2010年の時点でも沢山動画がありましたが、最近調べたら、ブダペストのドハーニ街シナゴーグでのカントールの独唱もありまして、これは見たことのなかった映像です。初めて見る会堂内です。1989年の映像のようで、カントールの熱唱に聞き惚れ、辛い戦時中を思い出すのか、涙を流す老婦人を何人も見かけます。方々で書いているように、ドハーニ街シナゴーグのカントールと合唱のフンガロトン盤を1989年に聞いて民族音楽に舞い戻ったので、その点でも見過ごせない映像です。Szol a kakas marは、YouTubeで上位に上がっているように、2000年代に入ってからは、Palya Beaの歌唱でも有名になりました。

Sol o Kokosh

ハンガリアン・ジューの名曲Szol a kakas marは、まず何よりMuzsikasの名盤「Maramaros - Lost Jewish Music of Transylvania」(Hannibalから初出 後にハンガリーのMuzsikasからもリリース)の2曲目の、マルタ・セバスチャンの歌唱で有名になったと思います。その悲愴美は筆舌に尽くせないほど印象的で、きーんと冷えたトランシルヴァニアの空気感も運んでくるかのような、更には匂いも感じさせるような曲でした。これぞハンガリー系ユダヤの秘曲と唸らせるものがありました。90年頃来日を果たしたムジカーシュの演奏も非常に素晴らしいものでしたが、この盤の出る前だったようで、このアルバムからは聞いた記憶がありません。ハンニバル盤が出たのは93年と、もう大分経ってしまいましたので、そちらでは最近入り難くなっているのが残念です。ハンガリー現地盤(ムジカーシュ自身のレーベル)は生きていたと思います。
この曲名、和訳すれば「雄鶏が鳴いている」となりますが、そのメロディ・ラインで思い出すのは、ユダヤ宗教歌で最も名高いKol Nidreでしょうか。コル・ニドレ(ドイツ語風に読むとコル・ニドライ)は、典型的なユダヤ旋法の一つ、Ahavo Rabo(「大いなる愛」の意味)旋法の歌。エキゾチックな増二度音程が悲しみを最大限に醸し出しています。いずれもユダヤ民族の運命を歌ったような悲劇的な調子ですが、そんなSzol a kakas marがハンガリーのユダヤ人の間では最も人気があったようです。この透徹した悲しみの歌については、まだ分らないことが多いです。また何か分ったら書いてみたいと思います。そう言えば、往年のシャンソン歌手ダミアが歌った「暗い日曜日」の原曲は、ハンガリーの歌でした。この歌のムードに似たものがあるようにも思います。

更にソル・ア・カカス・マール
29日にアップしたソル・ア・カカス・マールは、チャールダッシュのラッサンの部分から生まれた曲なのでしょうか。その深い憂愁のメロディには、「極北のジューイッシュ・メロディ」の印象を勝手に持っていました。あのムジカーシュの盤以降、いつの間にかクレズマー・シーンでもメジャーになったのか、youtubeはまだまだ見つかります。何とマイケル・アルパートの弾き語りもありました。今日は幾つかまとめて上げておきます。ムジカーシュ&マルタ・セバスチャンとは異なる趣向を色々楽しめます。ルーマニアでドイナと結合したように、ハンガリーの農村ジプシー音楽のスタイルとの見事な融合例として、この曲は上げられるかも知れません。個人的には最も好きなジューイッシュ~ハンガリアン・メロディの一つです。

| | コメント (0)

2022年4月27日 (水)

Chasid lakodalmi táncok

Chasid lakodalmi táncokは、1本目のチオアタとのセッションが何より貴重ですが、2013年のライブもありました。ムジカーシュのリーダーのMihály Siposは、セッションの時で40代半ばくらいでしょうか、ライブの時は60代半ばだと思います。ムジカーシュは、90年頃の来日公演を聞きに行きましたが、ミハーイ氏を見ると、いつも大泉滉を思い出してしまいます(笑)(以下放送原稿を再度)

まずは1曲目のChasid lakodalmi táncokですが、英語ではKhosid Wedding Dancesですので、ハシッド派ユダヤ教徒の結婚式のダンスと訳せると思います。ハシディック・ダンスのマラムレシュ版と言うことになりますが、一般のハシディックの音楽とは少し違うと思います。ムジカーシュの面々が現地取材の際にジプシーの老楽士Gheorghe Covaci(愛称Cioata)とセッションしているYouTubeもありました。満面の笑みを浮かべて弾いていたのを思い出しますが、この録音にもゲスト参加しています。

<1 Chasid lakodalmi táncok 4分33秒>
Muzsikas: Chasid Dances with Cioata

Muzsikás Együttes: Haszid lakodalmi táncok

| | コメント (0)

2022年4月25日 (月)

トランシルヴァニアの失われたユダヤ音楽

ゼアミdeワールド306回目の放送、日曜夜10時にありました。27日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。重要盤だと思いますが、2000年前後に執筆参加したディスクガイドでは、何故か漏れていたThe Lost Jewish Music of Transylvania。93年のリリース頃、六本木の店で随分売った記憶があります。今日は3本目までにしておきますが、このジャケットはハンニバル盤ではなく、ハンガリーからの再発盤です。

ルーマニアの音楽の18回目になります。今回は米Hannibalから1993年に出た「ムジカーシュ/トランシルヴァニアの失われたユダヤ音楽」(Muzsikás / Maramoros - The Lost Jewish Music of Transylvania)を特集します。ハンガリー・トラッド界の雄、ムジカーシュの代表作の一つで、名歌手マルタ・セバスチャンが歌で参加して華を添えています。ホロコーストでユダヤ人楽士の全てが亡くなり、忘れ去られていたトランシルヴァニアのユダヤ人の音楽を、ハンガリーのユダヤ人音楽学者のZoltan Simonとムジカーシュが協力して再現した盤です。戦前にユダヤ人の結婚式で演奏していたジプシーの老フィドラーGheorghe Covaciが記憶していて、取材したムジカーシュによって現代に蘇った曲も収録されています。音楽の印象は、一般的なクレズマーではなく、ムジカーシュが普段演奏するハンガリーのヴィレッジ音楽とも少し違っていて、当時のハンガリーのユダヤ音楽を忠実に再現しているという評価が高い演奏です。基本編成は、リーダーのMihály Siposのヴァイオリンと、伴奏は3弦のヴィオラ奏者が二人、コントラバスが一人です。
タイトルに「トランシルヴァニア」とありますが、本題はマラマロシュと言いまして、ルーマニア北部のマラムレシュ地方のハンガリー語読みですので、トランシルヴァニアでも最北部になります。狭義ではマラムレシュはトランシルヴァニアに入れない場合もあります。

まずは1曲目のChasid lakodalmi táncokですが、英語ではKhosid Wedding Dancesですので、ハシッド派ユダヤ教徒の結婚式のダンスと訳せると思います。ハシディック・ダンスのマラムレシュ版と言うことになりますが、一般のハシディックの音楽とは少し違うと思います。ムジカーシュの面々が現地取材の際にジプシーの老楽士Gheorghe Covaci(愛称Cioata)とセッションしているYouTubeもありました。満面の笑みを浮かべて弾いていたのを思い出しますが、この録音にもゲスト参加しています。

<1 Chasid lakodalmi táncok 4分33秒>
01 Chaszid lakodalmi táncok Khosid Wedding Dances

2曲目の物悲しく凄絶な程に美しい旋律のSzól A Kakas Márは、この盤の白眉でしょう。英訳ではThe Rooster is crowingですから、「雄鶏は鳴く」となるでしょうか。ハンガリー系ユダヤ人のみならず一般のハンガリー人の間でも有名な旋律で、ハンガリー語の歌詞ですがユダヤの歌らしくヘブライ語の行が挿入されています。言い伝えでは、ある羊飼いが歌っていた旋律をハシディズムの指導者ツァディク(義人)のReib Eizikがいたく気に入って覚えていた旋律だそうで、後には宗教や民族を分け隔てなく寛容に統治した17世紀のトランシルヴァニア公Gabor Bethlenのお気に入りの歌だったという記録もあるそうです。

<2 Szól A Kakas Már 3分7秒>

3曲目のMáramarosszigeti tánc(マラマロシュシゲティの踊り)は、ゾルタン・シモンの採譜で知られていて、ツィンバロム奏者のアルパド・トニをフィーチャーした、これもトランシルヴァニアとハシディックが入り混じった感じの曲です。Máramarosszigetiの地名は、マラマロシュとシゲティに分離できると思いますが、ヴァイオリニストのヨーゼフ・シゲティを思い出す曲名だと思ったら、この国境の町でシゲティは少年時代を過ごしたそうです。因みにハンガリー語のszigetiは「小島」の意味でした。

<3 Máramarosszigeti tánc 3分36秒>

次は1曲飛びまして、5曲目のアニ・マアミンです。アニ・マアミンとは、ヘブライ語で"私は信じる" を意味する一節ですが、それを元とする楽曲でもあります。ここで聞かれるのは、東欧系ユダヤでは最も有名なアニ・マアミンの旋律です。Gheorghe Covaciは、アウシュヴィッツから生き残って帰ったユダヤ人たちは、この歌をいつも泣きながら歌っていたと回想しています。出典は中世スペインのユダヤ教徒の哲学者、マイモニデス(モーシェ・ベン=マイモーン)が記した『ミシュネー・トーラー』に出てくるユダヤ教の信仰箇条の中の一節です。歌詞がある曲ですが、ムジカーシュの演奏はインストのみです。

<5 Áni Máámin 2分56秒>

7曲目はZoltan Simonがマルタ・セバスチャンに見せて歌うように勧めたユダヤ教の安息日(シャバト)の祈りの独唱で、シナゴーグでは男性が唱えるアハヴォ・ラボ旋法の曲を女性に歌わせているのがユニークです。

<7 Szombateste Búcsúztató 3分15秒>

8曲目はツィンバロム奏者のアルパド・トニが覚えていた曲で、トランシルヴァニアのSzaszregenのユダヤ・コミュニティで好まれていて、男女入り混じったジューイッシュ・ダンス・パーティーでは、いつもこの曲から始まるそうです。有名なイディッシュ民謡のBelzが元になっているようです。

<8 Szászrégeni szidó tánc 3分7秒>

では最後に年末の重要なユダヤ人の祭り、ハヌカーのための13曲目Chanukka gyertyagyújtásを時間まで聞きながら今回はお別れです。ヘブライ語ではHaneros Haleluとなっているこの曲は、ムジカーシュのメンバーがKlezmer Music; Early Yiddish Instrumental Musicと言う1910年のヒストリカル音源を聞いていて知ったそうです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<13 Chanukka gyertyagyújtás 3分11秒>

| | コメント (0)

2022年2月16日 (水)

タラフのバルトーク / ルーマニア民族舞曲

タラフの仮面舞踏会から、まずはルーマニア民族舞曲です。この名曲をタラフで聞けるとは、2007年当時大喜びした音源でした。この曲は色々な編曲がありますが、2本目はムジカーシュとDanubia Orchestraの共演映像。(以下放送原稿を再度)

2007年の仮面舞踏会に移りますが、まずはハンガリーの大作曲家バルトークのルーマニア民族舞曲です。原曲はピアノ独奏曲の「ルーマニアの6つの民族舞曲」ですが、1977年に初めてこの曲をフランスのピアニスト、ミシェル・ベロフのLPで聞いたことがルーマニア音楽や民族音楽全般に目が向くきっかけになったので、個人的に非常に思い入れの深い曲です。またピアノ曲の方も何回か先でかけたいと思います。この名曲をタラフ・ドゥ・ハイドゥークスがどう料理しているかが聞きものです。

<7 Maškaradă ~Romanian Folk Dances 7分34秒>
Taraf de Haidouks at Flagey

Muzsikás: Bartók: Romanian Folk Dances / with Danubia Orchestra

| | コメント (0)

2021年11月 4日 (木)

イムレ・カールマンのコダーイ無伴奏チェロ

コダーイの無伴奏チェロ・ソナタは、何故か1楽章だけ見られるのが少ないようで、この曲を一躍有名にしたヤーノシュ・シュタルケルの1楽章もないようですし、イムレ・カールマンさんの映像も3楽章のみのようです。仕方ないのでイムレさんの3楽章を一本目に、2本目は現代フランスの名手ゴーティエ・カプソンの1楽章冒頭、3本目は例のイムレ・カールマンさんのバッハのシャコンヌです。ジャンルは違いますが、旧ユーゴのハンガリー系弦楽器名人、イムレさんとライコー・フェリックスに共通するのは、心を打つ激しさと悲しみでしょうか。それはディアスポラのハンガリー人だからなのでしょうか?(以下放送原稿を再度)

では最後に先ほど名前が出たユーゴ側のハンガリー系音楽家、チェリストのイムレ・カールマンが演奏するハンガリーの大作曲家ゾルタン・コダーイの無伴奏チェロソナタを時間まで聞きながら今回はお別れです。ハンガリーの民族舞曲ヴェルブンコシュなどの様式を踏まえた30分を越える大曲ですので、おかけできるのは冒頭の一部です。ヨーヨー・マによる演奏で、第1楽章がサントリーローヤルのCM曲として使用されたので、聞き覚えのある方もいらっしゃるのではと思います。
10年以上前にイムレ・カールマンがチェロで弾くJ.S.バッハの無伴奏ヴァイオリンのパルティータ2番のシャコンヌのYouTubeをゼアミブログで特集したことがありますが、その記事を見た沖縄のイムレさんのお知り合いの方からこのハンガリー盤を頂きました。シャコンヌを元の調で弾く程の名手ですから、コダーイのこの難曲も楽々弾いているように聞こえます。

Imre Kalman - Kodály Cello Solo Sonata op. 8, III Mvt

Gautier Capuçon plays Kodaly: Sonata for Solo Cello, Op. 8: I. Allegro maestoso ma appassionato

Kalman Imre Cello Johann Sebastian Bach: Chaconne part 1

| | コメント (0)

2021年10月 7日 (木)

ヴォイヴォディナ

大分前にチェロによるバッハのシャコンヌの名演をアップしたImre Kalmanさんを思い出しまして、ドナウ川の北に位置するセルビア北部のヴォイヴォディナ自治州と言えば、ハンガリー系が多い印象がありました。実際は26を超える少数民族が居住しており、6つの公用語が存在するそうです。列記しますとセルビア人、マジャル人、スロバキア人、クロアチア人、ユーゴスラビア人、モンテネグロ人、ルーマニア人、ロマ、ブニェヴァツ人、パンノニア・ルシン人、マケドニア人、ウクライナ人、ムスリム人、ドイツ人、スロベニア人、ショカツ人、アルバニア人、ブルガリア人、チェコ人、ロシア人、ゴーラ人、ボシュニャク人、ヴラフ人となっています。セルビア人が65%、マジャール(ハンガリー)人が14%で多数ではあります。ブニェヴァツ人、パンノニア・ルシン人、ショカツ人、ゴーラ人のように聞きなれない民族もいました。ルシンはウクライナ系少数民族で、他はセルビアには属さない南スラヴ系の小集団のようです。

放送でかけたヴォイヴォディナ地方の「バナートの踊り」と言う曲ですが、バナートとはルーマニアのトランシルヴァニア西部とセルビア、ハンガリーにまたがる歴史的な地方名で、音楽の印象としてはタンブリッツァかサミッツァの明るい音色があるため、南スラヴ系のカラーを強く感じます。2本目は同じく「バナートの踊り」で検索して出てきましたが、ハンガリー系の名前が見える通り、同じバナートの踊りでもハンガリー色が強い音楽です。クラシックのヒストリカル録音で有名なこのジャケットのシリーズに、こんな録音があるのを知って驚きました。確かAuvidis Silexからバナートの音源が出ていまして、どちらだったか気になりましたが、この盤も手元に残っていません。

<13 Danse du Banat (Voïvodine) 3分17秒>

Danse du Banat

| | コメント (0)

2021年8月25日 (水)

Lakson ラコダルマシュ

アルバトロスの「ユーゴスラヴィアの音楽」で冒頭を飾っているLaksonと言う曲は、とてもハンガリー的、と言うかハンガリー音楽そのものと言う感じで、この盤を手にした人は、クロアチアの音楽はみんなこんな感じなのかと勘違いしてしまうかもと思いました。ラクソンと言うのはハンガリー語の「結婚式で」の意味のラコダルモンから来ているという事で、個人的に思い出したのは1977年に来日公演もあった「エチェル村の結婚式」です。当時TV放映もされ、77年にビクターから国内発売されていたLPには、谷本一之さんの素晴らしい解説が付いていました。この辺りから民族音楽へ本格的に目が向いたので、とても思い出深い言葉です。「エチェル村の結婚式」は、ハンガリー語で Ecseri lakodalmas(エチェリ・ラコダルマシュ)です。またハンガリーに回ってきたら(来年の前半には)取り上げる予定ですが、一本上げておきます。今回初めて見る1952年の貴重映像です。(以下放送原稿を再度)

このアルバトロス盤の1曲目は「ラクソン:結婚式の音楽 Lakson」と言うハンガリー風の曲です。個人的に哀調を帯びたハンガリー音楽は大好きなもので、つい選んでしまいます(笑) ヴァイオリンをヘゲデと呼んだり、4弦の木の棒ではじくベースをガルドンと呼んだりするところは、いかにもハンガリー式ですが、演奏者はクロアチア人らしいです。もう一つの楽器は小型のツィンバロムです。曲名のラクソンも、ハンガリー語の「結婚式で」の意味のラコダルモンが訛ったものとのことです。モルヴェと言うハンガリー国境に近い町での録音で、この盤のジャケットにもなっています。

<1 ラクソン:結婚式の音楽 Lakson 1分19秒>

Ecseri lakodalmas (1952) - Állami Népi Együttes

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

J.S.バッハ New Wave-Indies アイヌ アメリカ アラブ アラブ・マグレブ アルゼンチン イギリス イスラエル イスラム教 イタリア イディッシュ イラン地方音楽 インディアン、インディオ インド インドネシア インド音楽 ウイグル ウラル・アルタイ エジプト エチオピア オペラ オーストラリア オーストリア キリスト教 ギリシア クルド クレズマー ケルト コンサート情報 コーカサス (カフカス) サハラ シベリア シャンソン ジャズ スイス スペイン スポーツ スーダン セファルディー ゼアミdeワールド チェロ チベット トルコ音楽 ドイツ ナイル・サハラ ナツメロ ニュース ハシディック ハンガリー バルカン バルト語派 バロック パキスタン ビザンツ音楽 フランス フランス近代 ブラジル ペルシア音楽 ペルシア音楽 トンバク ユダヤ ユダヤ音楽 ライブ情報 ルーマニア レビュー ロシア ロシア・マイナー ロマン派 ヴァイオリン 中南米 中国 中央アジア 仏教 仏教音楽 北アジア 北コーカサス(カフカス) 北欧 南アジア 南インド古典音楽 古楽 地中海 室内楽 弦楽合奏 弦楽四重奏 後期ロマン派 文化・芸術 新ウィーン楽派 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 東アフリカ 東南アジア 東方教会 東欧 歌謡曲・演歌 民謡 沖縄 独墺 猫・犬 現代音楽 童謡、わらべうた 筝曲 純邦楽 西アフリカ 西スラヴ 韓国