ユダヤ

2019年1月14日 (月)

Music of the Bukharan Jewish Ensemble Shashmaqam

ゼアミdeワールド143回目の放送、日曜夕方に終りました。16日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。

久々にウズベキスタンの音楽に戻りまして、その8回目になります。7回目には1991年にアメリカのSmithsonian Folkwaysから出ました「ブハラ:アジアの音楽の十字路  Bukhara: Musical Crossroads of Asia」をご紹介しましたが、今回は同じレーベルから出ている「ブハラ系ユダヤ人のウズベク古典音楽 アンサンブル・シャシュマカーム」からおかけします。
シャシュマカームとはペルシア語で6つのマカーム(旋法)を意味しますが、ウズベクのブハラやタジクの旋法体系や、旋法ごとの長大な一連の曲の集まり、あるいはその組曲自体を指します。このシャシュマカームを名乗るブハラ・ユダヤ・アンサンブルは、ソ連崩壊後ニューヨークに移住し活動しているようです。ソ連時代までの中央アジアでは、ユダヤ人とムスリムの音楽家が共存し、伝統文化を花開かせていたそうですが、ユダヤ人音楽家が減ったらしい現在どうなっているのかが気になるところです。

まずは、1983年の創立以来のメンバーである女性歌手Fatima Kuinovaの冒頭のアカペラ歌唱からおかけしますが、ブハラではムスリム、ユダヤ人を問わず特別な歌とのことです。男性歌手アブハイ・アミノフとのデュエットです。

<1 Obloim 3分52秒>
Obloim


2曲目はペルシアの大詩人ジャラールッディン・ルーミーの恋愛詩(ガザル)を基にした曲のようですが、ユダヤ人音楽家による演奏らしく、ユダヤ教の聖典トーラーの詩句も読み込んでいるようです。ヨシフ・アブラモフのタール弾き語りにドイラの伴奏が付いています。

<2 Ghairi Khudo Yar Nadoram (We Have No Friend But God) 2分31秒>
Ghairi Khudo Yar Nadoram (We Have No Friend But God)


この盤の中間部にはUshshaq-i SamarkandやTalqin-i Bayatなどの、これまでに取り上げたシャシュマカームの主要曲が出てきますが、30分という限られた時間ですので、フェイドアウトしたくない終わりの2曲から先にご紹介します。
2曲ともアゼルバイジャンの音楽なのですが、カスピ海の向こう側のアゼルバイジャン音楽というのはエキゾチックな音楽としてウズベクやタジクでポピュラーになっていて、結婚式の音楽としても演奏されるそうです。
2曲目で出てきたヨシフ・アブラモフが見事なアゼルバイジャン・スタイルのタール演奏を聞かせる舞踊曲Yalliからおかけします。本来はダブルリードのズルナと打楽器のダウルで演奏される曲を、タールとドイラで演奏しています。

<12 Yalli 3分28秒>
Yalli


次の13曲目Azerbaijani Segahがこの盤のラストですが、こちらはクラリネットとアコーディオン、ドイラによる演奏です。これがウズベクの音楽家による演奏だろうかと思ってしまう程、見事にアゼルバイジャン音楽になっています。

<13 Azerbaijani Segah 4分31秒>
Azerbaijani Segah


ウズベク音楽を演奏している方に戻りますが、Fatima Kuinovaとタールのヨシフ・アブラモフの素晴らしいデュエットから始まる一種の数え歌Biyo Yak (Come Once)という曲をおかけします。クラリネット、アコーディオン、ドイラも加わって華やかに演奏しています。

<6 Biyo Yak (Come Once) 3分12秒>
Biyo Yak (Come Once)


次の7曲目は結婚式のレパートリーのメドレーですので、この盤の中心と言える曲だと思います。賑やかな合奏が聞けますが、先ほどのアゼルバイジャン・スタイルではない、ブハラの伝統的な結婚式の光景が髣髴とされるような音楽です。

<7 Medley Of Songs From Wedding Repertory 5分40秒>
Medley of Songs from Wedding Repertory: Yar-Yar / Abru Kosh Dumi Mor / Shastu-Shastu Chor /...


では、最後にTalqin-i Bayatを聞きながら今回はお別れです。先ほどタールの妙技を聞かせたヨシフ・アブラモフが、変拍子のこのシャシュマカームのレパートリーを、往年の名手トゥルグン・アリマトフを思わせるようなタンブールで弾き語っています。Ushshaq-i Samarkandは、前にかけましたオコラの古い録音と並べて、また次回以降にかけられたらと思います。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<8 Talqin-i Bayat 5分11秒>
Talqin-i Bayat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

エチオピアのユダヤ教徒

エチオピアの宗教について見てみますと、ウィキペディアには「2007年の国勢調査では、キリスト教が62.8%と最も多く、続いてイスラームが33.9%、アニミズムが2.6%である。キリスト教では大多数がエチオピア正教会の信徒だが、資料によっては、ムスリムの方が、エチオピア正教会の信徒よりも多いとするものもある。また、ユダヤ教を信仰する人々(ベタ・イスラエル)もいるが、多くがイスラエルに移住した。」とありました。
エチオピア系ユダヤ人の音源と言うのも、Ineditから出ていました。音階などではキリスト教のエチオピア正教会の聖歌と似た面もありますが、やはり言葉はヘブライ語で、トーラー(モーセ五書)などが唱えられていました。彼らも紅海をはさんで対岸のイエメン系ユダヤと同じで、ミズラヒームの一派と言われています。youtubeは、なかなか宗教的なものは見当たらず、大衆音楽的な映像がほとんどのようでした。今思うと、あのIneditの音源は非常に貴重なものだったのかも知れません。
年内のブログは一応30日まで書く予定ですが、31日~3日まではHP同様でお休み致しますm(_ _)m

new ethiopian jewish music 2016-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

イラク系ユダヤ人の音楽

昨日のSumer Groupは、おそらくディアスポラ・イラキのウード奏者、歌手とヴァイオリン奏者が、移住先の北欧でスウェーデンとノルウェーの女性歌手と共演し、イラク音楽を見事に演奏した映像のようでした。今日はイラク系ユダヤ人と思われる楽士が演奏するイラクの伝統音楽で、イラキ・マカームの動画のリンクにありました。おそらくイスラエルかどこかにディアスポラしているパターンではないかと思われます。
聖書(タナフ)に次ぐユダヤ教の聖典であるバビロニア・タルムードが6世紀頃までにバビロニアで成立した事実や、マニ教がゾロアスター教をベースにユダヤ教と仏教、キリスト教、グノーシス主義が混合してバビロニアに生まれたことからも分るように、ササン朝ペルシアの頃のこの地で、ユダヤ文化の影響力はかなり大きかったと見ていいのでしょう。イラクの伝統音楽においても、ユダヤ人音楽家の役割は大きかったのではと思わせる映像です。聞き慣れたイラキ・マカームやパスタの断片が所々に確認できます。この映像では器楽ですが、ユダヤ人音楽家の演奏するアラブ・アンダルシア音楽の場合と同様に、歌になるとアラビア語だけでなく、ヘブライ語の歌詞も出てくるのではと思います。そちらも見てみたいものです。

Iraqi Jewish musicians play original instrumental music Iraqi of Iraq

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

ダリウス・ミヨーのアニ・マアミン

フランス6人組の一人、ダリウス・ミヨーのアニ・マアミンは、晩年の1972年に書かれたようです。あらためてバイオグラフィを見て、1974年に亡くなっているので、意外に最近までご存命だったことを知りました。この曲の作曲年も、割と最近のことです。彼のユダヤ教の宗教曲は「土曜朝(シャバト)の典礼」の録音がミヨー自身の指揮で1958年に(フランスのAccordからCD有り)、アニ・マアミン(「我は信ず」の意)はポール・メファノ指揮Ens.2e2mの演奏と、ノーベル賞作家のエリ・ヴィーゼルの朗読で録音されています(こちらはフランスのArionからCD有り)。今日のyoutubeは後者の抜粋。数々のフォーク・ソングやフォーク・ダンスにもなっているアニ・マアミンが、ミヨーらしい地中海的で明晰な叙情で表現されています。アシュケナジームのアニ・マアミンのような重苦しさは感じさせない音楽です。

Darius Milhaud et Elie Wiesel - Ani maamin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

開封のシナゴーグ

まだ中国系ユダヤ人の音楽らしき映像は見つかっていませんが、開封のユダヤ人街やシナゴーグ(ユダヤ教の会堂)跡の映像がありましたので、今日はこちらを。あちらこちらに中国語に混じってヘブライ語が見えるのは、何とも不思議な眺めです。バックで流れているのは、イスラエル国歌のハティクヴァ(希望)です。

Kaifeng Jews synagogue

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

Chinese Jewish

まだまだ他にも開封(かいほう)の中国系ユダヤ人関連の映像がありました。彼らは見た目は全くの中国人ですが、インド系、エチオピア系など、それぞれの国の風貌そのもののユダヤ人がいることを考えれば、不思議なことではないでしょう。おそらく日本人に近い風貌だから、そう思うのでしょう。
音楽的に何か中国系独自のものがあるのか気になりますが、この映像から聞こえてくるのは、アシュケナジームのハシディック・ニグンやカルリバッハのハシディック・ソング(「オッド・イシャマー」)などでした。インド系は聞いたことがありませんが、エチオピア系ユダヤ人が独自のユダヤ教の典礼歌(エチオピア風)を持っているのとは対照的です。この際もう少し探してみようとは思いますが、おそらく東欧系の影響が色濃いか、そのものではないかと思います。

A Chinese Jewish wedding in Jerusalem

Chinese Jews from Kaifeng arrive in Israel 2009 - a moving documentary

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

中国・開封のユダヤ人

しばらくブログをお休みしておりましたm(_ _)m
今夜はクリスマス・イヴ。クリスマスとは関係ない(イエス・キリストもユダヤ人なので関係なくはないでしょうか?)けれども、大変に興味深い映像です。インドのユダヤ人関連のリンクに、The Jewish Descendants of Kaifengなる動画がありました。Kaifengは漢字で開封と書きますが、この河南省の開封市にはユダヤ・コミュニティーがあったことで有名です。開封の町のユダヤ人コミュニティーは、何と宋代(960年-1279年)から19世紀末まで存続していたそうで、現在もその末裔と見られる人々が400人ほど居住しているようです。中国人との混血が進み、外見上は非ユダヤ人の住民との見分けが付かない彼らですが、現在もコーシェル(食物規定)などユダヤ的な習慣を守り続けている人が残っているそうです。
終わりの方で、イスラエルの国歌「ハティクヴァ」をヘブライ語と中国語で歌っています。開封のユダヤ人について映像で見るのは初。非常に驚きました。

The Jewish Descendants of Kaifeng.wmv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

ナイマン違いですが、もしや・・

ナイマンの名が出た所で、キリル文字でそれぞれどう綴るか見てみましたら、全く同じНайманでした。マイケル・ナイマンと言えば、イギリスの作曲家ですが、ユダヤ系であることもある程度知られていると思います。彼も家系としてはおそらく東欧系ユダヤではないかと思いますので、そこでまたハザールのことがふと脳裏に浮かびました。(昨日から浮かんでいましたが伏せていました(笑))
その類推経路は、突厥~ナイマン族~西遼(テュルク系?)~ウズベク、あるいはハザール~アシュケナジームという繋がりで、おそらく同じことをイメージした方もいらっしゃったのでは。~マンとつく名前にユダヤ系が多いのもよく知られたことですので多分偶然の一致だとは思いますが、もし言葉の表面上だけでも東方から来たものだったとしたら、非常に興味深いものがあるように思いました。
肝心のM.ナイマンのルーツについてよく分からないのと、現在のモンゴルにおいてナイマン族はどういうイメージで見られているのかが分からないのがもどかしいのですが、今日の所はyoutubeなどがもしあれば(できれば韃靼的な作品など)と、Найманで検索したところ、ロシアの音楽家と演奏しているものはありました。典型的な彼のミニマル調作品で、韃靼的ではありませんが、ノヴォシビルスクというのは良い線行ったかも(笑)
なおアシュケナジム・ハザール起源説を全面的に信用している訳ではありませんが、多少はハザール遺民がアシュケナジームに流入することもあったのでは位には思っています。

Майкл Лоуренс Найман "Взгляд на оптическую теорию"

"Markells Voices" choir ensemble. Conductor - Igor Tjuvayev. Andrey Turygin, saxophone, Novosibirsk String Quintet by Stanislav Ovchinnikov. Novosibirsk State Philharmonic society, 13.09.2010. Dedicated 100-years anniversary of mission by Hazrat Inayat Khan. Concert "Mysticism of Sound"

Sharav - Jargaliin naiman mori "Шарав - Жаргалын найман морь"

モンゴルのモリンホール(馬頭琴)中心の楽団が演奏しているのは、ナイマン族と関係があるように思いますが。
Б.Шарав - Жаргалын найман морь
Монгол Улсын Морин хуурын чуулга, Удирдаач АЖ Ц.Батчулуун

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

Дани Мирошенский

風光明媚なバイカルを後にして、この後もしばらくブリヤートに留まりチベット仏教~シャーマニズムとバイカル湖を回るか、西のハカスに行こうか、ビロビジャンのユダヤ音楽を探ってみようか、迷っていました。取り合えずビロビジャンで当たっていましたら、ヴィソーツキーやオクジャワのようなバルド(ロシアの吟遊詩人)系の歌手ダニ・ミロシェンスキーを見つけまして、これがなかなか良いので、バイカル湖畔のシャーマン~チベット仏教の映像と併せて上げておきます。(何とも脈絡がないですが(笑))
バルドのあのギターの掻き鳴らし方はこうやってるのか、と目から鱗でした(笑) チューニングの外れ具合までヴィソーツキーにそっくりです。バルドの歌の強烈なインパクトとメッセージ性をこの人は受け継いでるなと思いました。ビロビジャンに関係のある人かどうかは不明ですが、どうやらこの人ユダヤ系のようです。ダニは、ダニエルの略でしょうか?

Еврейская цыганочка

エヴレイスカヤ・ツィガノーチカというタイトルにまず惹かれました。ユダヤ~ジプシー風の、というような意味だと思います。しかし、ヴィソーツキーの歌い方にそっくりです(笑) ロシアン・ジプシーの歌「二つのギター」にも似ています。

Хаим Фишман

このハイーム・フィシュマンというタイトルはヘブライ語では。

Фаворит

EuroNews о Байкале

バイカル湖の絶景と、周辺に暮らすブリヤート人のシャーマニズム儀礼(哀れな羊には思わず目を背けました)、チベット仏教寺院の声明まで。イメージ的にかけ離れているように思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

Chad GadyaとDayenu

ペサハ(過ぎ越しの祭)に歌われる歌で特に有名なのが、ハド・ガドヤーとダイェーヌでしょう。ハド・ガドヤーは「一匹の仔ヤギ」という意味のアラム語で、アシュケナジム系の過ぎ越しの祭りのセデルの最後の締め括りとして歌われる歌ですが、セファルディー系の伝統にはないそうです(この一文の情報はWikipediaより)。メロディには何通りかあるようです。ユーモラスなイディッシュ・ソングのスタイル(今日の一本目のような)やクレズマーにもよく登場するので、聞き覚えのある方もいらっしゃるのでは。God is My Co-Pilotというジョン・ゾーン周辺のグループが90年代に面白いアレンジで歌っていたのを思い出します。
もう一曲のダイェーヌとは、「私たちには十分だった」という意味ですが、全訳すれば「もし私たちをエジプト(ミツライム)から引き出されただけでも、それで私たちには十分だったろう」とでもなりましょうか。モーセに率いられて出エジプトできたことへの感謝の歌です。

Chad Gadya by Moishe Oysher

Ofra Haza - 1979 - Chad Gadya

オフラ・ハザによるハド・ガドヤー。

Dayenu (דַּיֵּנוּ) Passover Song (Christian): Performed Live

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

J.S.バッハ | New Wave-Indies | アイヌ | アメリカ | アラブ | アラブ・マグレブ | アルゼンチン | イギリス | イスラエル | イスラム教 | イタリア | イディッシュ | イラン地方音楽 | インディアン、インディオ | インド | インドネシア | インド音楽 | ウイグル | ウラル・アルタイ | エジプト | エチオピア | オペラ | オーストラリア | オーストリア | キリスト教 | ギリシア | クルド | クレズマー | ケルト | コンサート情報 | コーカサス (カフカス) | サハラ | シベリア | シャンソン | ジャズ | スイス | スペイン | スポーツ | スーダン | セファルディー | ゼアミdeワールド | チェロ | トルコ音楽 | ドイツ | ナイル・サハラ | ナツメロ | ニュース | ハシディック | ハンガリー | バルカン | バルト語派 | バロック | パキスタン | ビザンツ音楽 | フランス | フランス近代 | ブラジル | ペルシア音楽 | ペルシア音楽 トンバク | ユダヤ | ユダヤ音楽 | ライブ情報 | ルーマニア | レビュー | ロシア | ロシア・マイナー | ロマン派 | ヴァイオリン | 中南米 | 中国 | 中央アジア | 仏教 | 仏教音楽 | 北コーカサス(カフカス) | 北欧 | 南アジア | 南インド古典音楽 | 古楽 | 地中海 | 室内楽 | 弦楽合奏 | 弦楽四重奏 | 後期ロマン派 | 文化・芸術 | 新ウィーン楽派 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 東アフリカ | 東南アジア | 東方教会 | 東欧 | 歌謡曲・演歌 | 民謡 | 独墺 | 猫・犬 | 現代音楽 | 童謡、わらべうた | 筝曲 | 純邦楽 | 西アフリカ | 西スラヴ | 韓国